スポンサーリンク

「急発進防止装置」の補助金★後付け装置の価格と申し込み方/条件を解説

急発進防止装置 イラスト

今や社会問題になっている高齢者の踏み間違いによる事故。東京都では2019年8月からも

「補助金制度」がある全国の行政機関・条件・金額はこちら

「急発進防止装置」の仕組みや機能が知りたい方はこちらをお読みください。

スポンサーリンク

「急発進防止装置」の補助金★後付け装置の価格と申し込み方/条件を解説

「急発進防止装置」後付け装置の価格一覧表

下の表は、後付けの「アクセル踏み間違い・急発進防止装置」の大手5社の価格一覧表です。

東京都の補助金は9割、10万円まで、他の行政での金額も1万円~10万円の所が多いです。

ご自身の予算、適合車種などもあわせて検討しましょう。適合車種はこちらから

アクセル踏み間違い・急発進防止装置

価格 価格の指標

◆「S-Drive 誤発進防止2システム」
アクセルの踏み具合を学習し、アクセルのセンサーを制し、踏み間違いによる急発進を抑止します。

S-DRIVE 誤発進防止システム スイッチSUN自動車様HPより

販売店/取付店
・S-drive提携店
・一般車検修理工場
・あいおいニッセイ同和損保代理店修理工場
・スクラリオン取扱い 全国修理工場

◆本体価格
30,000円(税別) 
◆工賃別/ハーネス別



◆「ペダルの見張り番2」
アクセルの踏み具合を5段階に調節して、強く踏み込んでもアクセル開度を制御し、急発進を抑制します。

ペダルの見張り番2オートバックスHPより

販売店/取付店
オートバックス専売
お近くのオートバックス

◆取付価格
40,000円(税別) 
工賃ハーネス込

◆内訳
・本体価格
 28,000円
・ハーネス2種
 7,000円
・工賃 5,000円
計 40,000円

 

◆ダイハツ「ツクツク防止」
前後4個の超音波ソナーが前後3m以内にある壁やコンビニなどの建物を検知し急発進を抑制します。

ダイハツHPより

お近くのダイハツディーラー工場

◆本体価格(税込み)
3万4560円
取付工賃別 

◆取付価格込み参考
59,508円

 

トヨタ サポトヨ+
前後4個の超音波センサーが前後3m以内にある壁を検知してて作動、警告音+文字表示でも警告します。

サポトヨ超音波センサートヨタHPより

お近くのトヨタディーラー工場

◆本体価格(税込み)
55,080円万円 
◆取付工賃価格別
◆ハーネス別
 

◆ワンペダル(ナルセぺダル)/ナルセ機材

ナルセ ワンペダルナルセ機材さまHPより

販売店/取付店
・ナルセ機材 熊本県玉名市岱明町野口603
・もよりの修理工場で取付できるか問い合わせ可

◆事前検査 車検証での型式確認や計測5400円(税込み)
◆本体価格170,000円 熊本県本社持ち込み
◆本体価格200,000円 他修理工場に依頼する場合

どの装置が良いか解らない、自分の車に付けられるか「適合車種」を知りたい方はこちらをご覧ください。

急発進防止装置の補助金

東京都をはじめ、全国で急発進防止装置・アクセル踏み間違い防止装置の「補助金」を出す行政が増えてきました。ここでは、補助が受けられる条件、補助金の申し込み方法、設置までの流れを解説していきます。

「補助金制度」がある「全国の行政機関」・条件・金額はこちら

スポンサーリンク

東京都◆高齢者安全運転支援装置設置促進事業補助金

高齢ドライバーによる交通事故の増加に伴い、東京都は緊急対策として、2019年7月31日より「東京都高齢者安全運転支援装置設置促進事業補助金」を開始しました。

東京都 補助金

 

小池知事が推奨する「後付けの自動ブレーキ」が、どんな装置か知りたい方はこちら↓

「アクセル踏み間違い・急発進防止装置」の仕組みや機能を解説しています。

🌿 概要

東京都は安全運転支援装置の販売・設置を行う事業者に対して東京都が費用の9割(1台につき10万円まで)を補助します。

これに伴い、東京都に在住の高齢ドライバーの方は、装置を1割の値段で購入・設置できます。

🌿 補助が受けられる条件

・都内在住で、令和元年度中に70歳以上となる方(昭和25年4月1日以前に生まれた方)
・都道府県が発行した有効免許証である事
・個人使用・自家用車種であること
・取り付け可能車種である事
・高齢者の免許証と車検証記載の氏名・住所が一致している事。
 氏名が同一でない場合は、住所が同じであればよい。
・税金の滞納がない事、暴力団員でない事
・転売しないこと

🌿 購入設置までの流れ

注意点

・必ず予約を取ってから行く事。
・必ず本人が行く事。免許証写真等で本人か確認をされます。本人でない場合は取り付けてもらえません。
・予約時にあらかじめ値段を聞いて、1割負担分を持っていきましょう。

受付店舗に予約電話を入れる(受付店舗は下記記載)

予約日

店舗に本人が行く
持ち物 免許証・車検証

本人確認

装置販売・取付
使い方・乗り方の説明

本人負担分を支払って帰る

受付店舗は以下の通りです。

東京都 ペダル踏み間違い取扱店舗一覧

机の上の筆記用具

豊島区◆安全装置負担金

豊島区では東京都が負担する9割(補助限度額は10万円/台)の、残る1割を豊島区が負担する補助を行っています。補助限度額は1万円/台です。

🌻 補助が受けられる条件

・ 豊島区内に住んでいる高齢者(住民表がある人)
・令和2年3月31日現在で70歳以上となる方
・すでに安全運転支援装置を購入及び設置していて、「東京都安全運転支援装置設置促進事業補助金」を受けた方

🌻手続きの流れ

注意点
・安全装置を付けたら必ず領収書をもらう事。(後に証拠として区に提出する)
・領収書には安全装置を取り付けた事を記載してもらう。(記載がなく、値段だけの場合は何の金額か解らないので補助金はおりません)

東京都の補助金を受けて、安全装置(アクセル踏み間違い・急発進防止装置)を設置

自己負担金を払い、領収書をもらう
(領収書には、安全装置を設置したという明細記入必要)

区役所に行く
持ち物
領収書・印鑑・銀行口座番号

補助金交付申請書を記入・捺印
交付金振込先銀行口座番号記入
領収書提出

後日区から振込まれる

全国の行政の補助金/価格

笑っている高齢者

全国でも続々と「急発進防止装置」の補助金が開始・検討されています。

茨城県◆急発進抑制へ補助制度

9月から、ブレーキとアクセルを踏み間違えた際に急発進を抑制する後付け装置の設置費用の一部を補助することになりました。

◆茨城県

年齢条件 満70歳以上
補助金 1人につき約1万円
期間 2019年9月1日より
参考HP 

群馬県◆大泉町 自動車誤発進防止装置設置費補助制度

令和元年7月8日以降に購入・設置した誤発進防止装置のみ。税を滞納していない満70歳以上の人が補助金制度を利用できます。

◆群馬県 大泉町

年齢条件 満70歳以上
補助金 補助対象経費の2分の1(上限20,000円)
期間 令和3年3月31日で補助を終了
参考HP 

愛知県◆豊橋市 急発進防止装置の購入に補助金

豊橋市は、70歳以上の高齢者がブレーキとアクセルの踏み間違いを防ぐ装置購入、設置の補助金制度を行う事が決定しています。

◆愛知県 豊橋市

年齢条件 満70歳以上 市民税が非課税などの条件
補助金 1台6万円を上限に購入費の3分の2
期間 2020年1月ころから受付開始
参考HP

福井県◆高齢運転者交通事故防止事業補助金

◆福井県 

年齢条件 満65歳以上 
補助金 後付け安全装置の購入および設置費の2分の1(限度額3万円)
期間 和元年8月19日~令和2年3月31日まで
参考HP 

福岡県◆うきは市「うきは市高齢者安全運転装置設置促進事業補助金」

高齢者に対する交通安全対策として、安全運転装置や、安全運転支援機能を有するドライブレコーダーの設置費用の補助金を支払います。ただし後3年以上使用すること・踏み間違い防止装置
・安全運転支援機能を有するドライブレコーダー

◆福岡県 うきは市 

年齢条件 満70歳以上 設置後3年以上使用すること
補助金 費用の半分を補助。ただし、上限を22,000円
踏み間違い防止装置+ドライブレコーダーを同時設置は、上限額に15,000円を加算
期間 予算に達したら終了
参考HP 

岡山県◆美作市 自動車急発進防止装置整備費補助金

高齢者による、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる事故を防止するため、非営利目的のオートマチック(AT)車に自動車急発進防止装置を整備する方を対象に、補助金を交付します

◆岡山県 美作市 

年齢条件 満65歳以上 
補助金 自動車急発進防止装置と取り付け費用の3分の2以内(上限10万円)
期間 令和3年3月31日まで
参考HP

宮崎県◆児湯郡新富町 高齢運転者の交通事故防止対補助金

ペダル踏み間違い時加速抑制装置の搭載された車両の購入経費やペダル踏み間違い時加速抑制装置の購入、及び装着に要する経費を補助します。

◆宮崎県 児湯郡新富町 

年齢条件 満65歳以上 
補助金 1機当り3万円 
期間 令和元年7月1日以降に取り付けた方
参考HP 

大分県◆速見郡日出町 日出町自動車急発進防止装置取付費補助金

日出町は、急発進防止装置の取付に要した費用の補助金を支払います。

◆大分県 速見郡日出町

年齢条件 満70歳以上 
補助金 取付に要した費用の2分の1に相当する額(その額に100円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)。ただし、20,000円を限度
期間 令和元年7月1日以降に取り付けた方
参考HP 

神奈川県◆鳥取県は補助金 検討開始

東京都に続いて、神奈川県横須賀市や鳥取県でも防止装置の取り付け費用の補助金支出の検討を始めています。https://www.kanaloco.jp/article/entry-177299.html

「急発進防止装置」補助金 全国の行政一覧表

後付けの「急発進防止装置」の補助を行っている全国の行政機関一覧です。まだまだ補助金を出す行政は少ないですが、検討している行政も多いので期待したいですね。(随時更新予定)

行政 日付 対象年齢 補助金 金額
東京都 2019年7月31日から 70歳以上 9割補助(10万円まで)
東京都豊島区 2019年7月31日から 70歳以上 東京都の残り1割を負担(1万円まで)
茨城県 2019年9月1日から 70歳以上  1万円
群馬県大泉市 2019年7月8日以降に設置した車 70歳以上  補助対象経費の2分の1(上限20,000円)
愛知県豊橋市 2020年1月ごろから 満70歳以上 市民税が非課税などの条件 1台6万円を上限に購入費の3分の2
福井県 2019年8月19日~2020年3月31日まで 65歳以上  後付け安全装置の購入および設置費の2分の1(限度額3万円)
福岡県 うきは市 予算に達したら終了 70歳以上  費用の半分を補助。ただし、上限を22,000円
踏み間違い防止装置+ドライブレコーダーを同時設置は、上限額に15,000円を加算設置後3年以上使用条件
岡山県 美作市 2021年3月31日まで 70歳以上  購入+取付費用の3分の2以内(上限10万円)
宮崎県 児湯郡新富町 2019年7月1日以降に設置した車 65歳以上  1機当り3万円 
大分県 速見郡日出町 2018年4月1日以降に設置した車 70歳以上 取付に要した費用の2分の12万円を限度
鳥取県  検討中     
神奈川県横須賀市  検討中    

まとめ「急発進防止装置」の補助金

新車 中古車

いよいよ東京都の「急発進防止装置」の補助金制度が開始しました。補助金制度は東京都に住んでいる70歳以上の高齢者のみ利用できます。

東京都の場合は、お近くの取付店に直接申し込み、本人が免許証と車検証を提示するだけで1割負担で装置を取り付けてくれます。

都への申請は取付工場がしてくれるので、高齢者でも簡単に補助を受ける事が出来て便利です。

また、豊島区にお住まいの方なら、残りの1割も区が負担してくれるので10万円以下の装置なら無料で取り付け可能となりました。ぜひ、この制度を利用して無料で「急発進防止装置」を付けて事故の抑制に役立てましょう。

東京都は、自動車がなくても交通網が発達しているので免許返納も視野に入れられるのですが、地方の方は車がないと不便ですよね。早く、地方でもこの補助金制度が充実されることを祈ります。

タイトルとURLをコピーしました