スポンサーリンク

豊洲観光おすすめルート 豊洲市場~チームラボ プラネッツ東京へ

このブログでは実際に行ってみてわかった豊洲の歩き方をご紹介しています。賢い駐車場の選び方や、豊洲市場/おすすめグルメ/ゆりかもめでのアクセス/周辺観光のチームラボ プラネッツ/東京オリンピック村についてもリポートしています。

スポンサーリンク

豊洲市場アクセス 車で行けるの?

行く前にまず気になったのは、車で行けるの?ということで、事前に駐車場を調べましたがかなり苦労しました。豊洲は、娘の住まいから電車で30分ほどでしたが、久々の家族集合で車を選びたかったからです。

行きたい場所は「1駅」だけで行き来できる「チームラボ プラネッツ」と「豊洲市場」に決めていましたが調べると、両者とも駐車場はありません。

そういえば、豊洲市場開場の時ニュースで「駐車場はありません」と呼び掛けていましたよね。

ロフトネットストア

しかも実際に行ってみると豊洲周辺は、オリンピック会場を建設しているためパーキングがほとんどないんです。

一番困ったのが、豊洲はスマホのグーグルナビに表示されない、できたばかりの道路ばかりで迷ったことです。車のナビが古くて道路がないって事はありますが、グーグルで「道なき道」を走るのは初めてだったのでとても驚きました。本当に、豊洲は開発途上の新天地なんだなぁと実感しました。

24時間駐車可能なホテルに泊まってお得に観光

今回私たちが重視したのは、駐車場の利便性があると言う事。コストパフォーマンスも良く、ゆりかもめを併用して移動が楽な駐車場を探すと言う事でした。

(日帰りの場合やお子様連れの場合は、キッザニア東京が入っている「ららぽーと豊洲」などの商業施設を利用して、ゆりかもめで移動という方法がお得のようです。)

どちらにしろ、一泊で行く予定でしたのでホテルの駐車料金を調べてみました。

ホテルサンルート有明

豊洲のホテルをあちこち調べて一番お得だったのは「ホテルサンルート有明」でした。

ホテルサンルート有明 駐車料金
宿泊者利用額 14:00~翌日14:00 24時間の駐車利用料金が1,600円

つまり、午前中にゆっくり家を出て14時ごろホテルにチェックインし車を停めて「チームラボ プラネッツ東京」をみます。翌日、豊洲市場は早朝がメインなので早起きしてせりや市場見学を楽しみ14時までに出庫すればよいので、ベストマッチな駐車方法ですよね。

これを利用しないなんてありえないと、すぐに楽天トラベルで予約しました(笑)
豊洲周辺のホテル宿泊料金を調べると、どこもほぼ同じ。でも、やはりサービスが良く綺麗なホテルに泊まりたいですよね。ホテルサンルート有明は新しくできたばかりのホテルなのか、とても綺麗なホテルで満足しました。

夕食はホテルレストラン/ビュッフェやtapビールバーもありましたし、外食ならお台場がすぐそこ。朝食は豊洲市場でいただくので食事には困りませんでした。サンルートの回し者ではございません(笑)

東京ベイ有明ワシントンホテル

ホテルサンルート有明が満室の場合は、東京ベイ有明ワシントンホテルもお勧めです。

東京ベイ有明ワシントンホテル 駐車料金
14:00〜翌10:00 1,500円(税込)※宿泊者限定料金、その他の時間帯30分毎に250円(税込)

東京ベイ有明ワシントンホテルは老舗ホテルです。もより駅の国際展示場駅やビッグサイトはすぐ目の前で「ホテルサンルート有明」より近くで便利です。

こちらは水族館レストランで有名なメヒコが入っていたので、前日のお昼にあの有名な「蟹チャーハン」をいただいてきました。

メヒコ水槽

水族館のような店内。お魚さんを見ながら食事が出来ます。

メヒコ蟹チャーハン

蟹がたっぷり入ったチャーハンは、ここの名物。美味しかったな~。また行きたい!!

移動はゆりかもめ/豊洲マップ

アクセスも、このとおり楽ちんでした。

ホテルサンルート有明から歩いて3分で国際展示場駅(片道金額)
国際展示場駅(ゆりかもめ)3駅➡新豊洲駅 駅前がチームラボ プラネッツ東京 185円 11分
国際展示場駅(ゆりかもめ)2駅➡市場前駅 駅前が豊洲市場 185円 9分

豊洲観光マップ

豊洲周辺観光/チームラボ プラネッツ東京へ

チームラボ

以前から、かなり行きたかったチームラボ プラネッツ東京

国際展示場駅から、ゆりかもめに乗車し3駅先の「新豊洲駅」でおります。新豊洲駅のホーム内から見えるので、絶対道に迷いようがありません。徒歩1分ほどで着きます。(となりの駅は豊洲市場前です)

入場券は、時間指定てネットで予約できたので1週間ほど前に予約。それでも、30分ぐらい並んだかな。思っていたよりスムーズには入れました。入り口前にフードコートがあり、オシャレな軽食を食べながら待機。トイレも近くにあります。チャイを頼んだけど、甘すぎて飲めなかった・・・

豊洲のチームラボ プラネッツ東京は水の中に入るアトラクションが多く、冬でももちろん利用できます。スマホが濡れないように首から下げるビニールのスマホケースを渡されます。撮影は全面OK。濡れないようにビニールケースの上から撮影してくださいとの事でした。

入場すると、すぐにロッカーに荷物を置き、靴下を脱ぎズボンの裾をまくる様に言われます。
水は温水になっているので暖かいです。うっかりするとびちょびちょに濡れてしまうので、ひざ上までまくれるズボンで行く事をお勧めします。

↓ これは温水の中。ひざ下まで温水がある広い空間を出口まで歩きます。光の演出で、足元を魚が泳いだように見えています。

チームラボ動画

夢のような時間でしたね。出口まで来たけど、名残惜しくて娘ともう一周してきました(笑)

豊洲市場

豊洲市場

翌日、早朝に豊洲市場に向かいました。国際展示場駅から、ゆりかもめで2駅先の「市場前駅」です。駅からは歩道橋のような連絡通路になっていて、左右に分かれているので、どちらに行けばよいか迷いました。

どちらに行っても食事はできますが沢山お店が入っているのは、向かって右の建物(水産仲卸売場棟)ですので、右の連絡通路(歩道橋)を選びましょう。

 

右通路(歩道橋)
水産仲卸売場棟   飲食店22店舗
魚河岸横丁がある➡物販がほとんど(テリー伊藤の卵屋さん・包丁など)
左通路(歩道橋)
管理棟3階    飲食店13店舗
マグロのモニュメントあり
市場ゆるキャラ イッチーノがいる
左通路(歩道橋) 手前
青果棟     飲食店4店舗
市場内見学通路あり
3か所すべて廻りましたが、食事時間を抜けば1時間くらいで見学できました。
すいていたからかな?混雑具合にも寄りますね。

水産仲卸売場棟 築地海鮮丼「大江戸」

この日は新年の市場開きの日で、早朝から小池知事も訪れていてニュースメディアもごった返していました。

築地海鮮丼大江戸

むかったのは、築地海鮮丼「大江戸」さん

先日に電話して「5時に開いてるよ~」と確認済みでしたが少し???朝寝坊をしてしまったので6時半ごろ。水産仲卸売場棟には飲食店が22店舗ありますが、どの店も長蛇の列です。

20人ぐらい並んでいたかな??1時間ほど並んで待ってやっとありついたのは、こちら。

まぐろ丼

けっこう量があって、ご飯を少し残しましたが、最高の朝食でした!!いや~最高!!
他の人の口コミ通り、5時ごろに行くとすいているんでしょうね。

水産仲卸売場棟 魚河岸横丁 包丁専門店

エスカレーターでおりると魚河岸横丁があります。こちらには飲食店がなく物販がほとんどです。魚屋さんや市場の専門用品を扱っているので、珍しいもの形沢山あります。購入目的のある方には宝の山でしょうね。

豊洲市場 包丁

包丁専門店が何軒もありました。見たこともないような包丁がずらりと並んでいて、職人さんが包丁を研いでいます。これぞ日本の技術のすごさ「メイドインジャパン」何でしょうね。外国からわざわざ買いに訪れるそうです。

豊洲市場 包丁研ぐ職人

水産仲卸売場棟 魚河岸横丁 テリー伊藤の卵焼き

開店したばかりで、テリー伊藤さんの祝花がありました。時間が早かったのか、開店の準備に忙しそうで購入出来ませんでした。

豊洲市場テリー伊藤卵店

魚河岸横丁はこんなかんじ。専門的な物販が多いので、掘り出し物が見つかるかも。

豊洲青果棟

水産仲卸売場棟 ターレ

豊洲市場の名物乗り物「ターレ」です。観光客用にターレがあちこちに展示してありました。最近ではターレの死亡事故もあるようなので気を付けて欲しいですね。

豊洲市場乗り物ターレ

管理棟3階 マグロのモニュメントゆるキャラ

豊洲市場まぐろモニュメント

TVなどで有名なまぐろのモニュメントです。水産仲卸売場棟の向かいの棟「管理棟3階」にあります。飲食店は13店舗入っていて市場ゆるキャラ イッチーノもいます。

豊洲市場ゆるキャライッチーノ

青果棟

青果棟の飲食は4店舗ですが、これは駅からの連絡通路か撮影しました。どこが入り口なのか不明でしたが、青果棟に入ってから下に行くのかもしれません。青果棟内はとても長い見学通路があり市場の様子を見学出来ます。こちらはあまり人気がないのか、誰もいなくてびっくりでした。

豊洲市場内

オリンピックに向けて建設ラッシュ

豊洲を訪れ「お得」に感じたのは、建設途中のオリンピック村や施設が見れたことです。

これは川向うなので選手村です。新豊洲駅のあたりから撮影しています。2020年開催のオリンピックにわくわくしちやいますね。いちはやく、オリンピックを感じる事が出来ました!!

オリンピック建設日本

ゆりかもめから、ほとんどの場所が一望できます。今回ゆりかもめに乗った区間は下の地図の①から⑦までなので、まさにオリンピック街道です。

地図を見ながら、「あっ・・・あそこに建てているのは体操競技場かな?有明コロシアムかな?」なんて、話したのも楽しかったです。

1年後に、家族全員でまたこの地に立つことが出来るかな?

オリンピック地図

オリンピックに向けて建設ラッシュ。これは有明コロシアムのあたりです。

まだ情報が少ない豊洲。オリンピック前の2019年度中に行けば、かなり穴場だと思います。私のリポートはここまで。最後までお読みいただいてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました