スポンサーリンク

消費者還元事業/登録店舗になる方法(paypay) キャッシュレス導入支援セミナー(経済産業省説明会)に行ってきた②

消費者還元事業 カードを持つ女性

前回は、キャッシュレス導入支援セミナー(経済産業省説明会)で学んだ、政府の消費者還元事業の概要についてお話してきました。

今回は10月から始まった「キャッシュレス消費者還元事業」に参加・登録したい方むけに、当社がどのように登録店舗になったか、「キャッシュレス消費者還元事業」への登録方法を具体的にお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

消費者還元事業/登録店舗になる方法(paypay) キャッシュレス導入支援セミナー(経済産業省説明会)に行ってきた②

軽自動車 一時抹消パソコンと コーヒー

10月を過ぎ、いよいよ「キャッシュレス消費者還元事業」が始まりました。まず結論から申し上げると、
◆私の店舗は、消費者還元事業に「登録できた店舗」と「なれなかった店舗」がありました。

当社は車検修理工場と、中古車展示場店舗を経営しています。両店舗で申し込みを行いましたが、「キャッシュレス消費者還元事業」の登録店になれたのは、車検修理工場のみでした。

理由は「自動車」が還元対象外の商品だからで、「中古車展示場店舗」は登録店になれず「車検修理工場」のみ登録店になれたようです。

「中古車展示場店舗」は、「車」の販売だけでなく修理や部品販売等もある為、納得できない点もありますが売り上げの大半が「車」という点で審査に通らなかったのでしょう。

補助対象外商品・参考PDF

キャッシュレス還元事業の登録/申し込み方法

スポンサーリンク

まずは、キャッシュレスが使えるお店になる

「キャッシュレス消費者還元事業」の登録店舗になるには、まず「キャッシュレスが使えるお店になる事」から始めます。当店では、ペイペイ・オリガミペイ・クレジットカード会社と提携を結び、まず8月までにキャッシュレス支払いが出来る店(ペイペイなどの加盟店)になりました。

ペイペイなどの業者はインターネットからも申し込みが可能です。注意点として、店舗が実在するかの証明として事務所内や外観の写真の提出が必須になるので事前に撮影しておくなどの準備が必要です。

しかし、これだけではペイペイなどの「キャッシュレスが使えるお店」になっただけです。政府からのキャッシュレス還元5%を受けるには次の手続きに進まなければなりません。

加盟店IDの発行

次に、自分の加盟したキャッシュレス決済事業者から「加盟店ID」をもらい、「キャッシュレス消費者還元事業」の参加登録を行います。

もし、ペイペイの加盟店になったのならペイペイで申請します。オリガミペイの加盟店になったのなら「オリガミペイ」に申請します。

複数社と契約している場合は、いずれか1社を選んで加盟店IDの発行をし、「キャッシュレス消費者還元事業」の参加依頼をしてください。

当店も複数社と加盟店契約をしていましたが、キャッシュレス導入支援セミナーで「ペイペイが1番登録が早い」と聞いたので「キャッシュレス消費者還元事業」の参加を依頼しました。

キャッシュレス還元事業の参加登録/ペイペイ

スマホ決済

ペイペイの加盟店になると、ペイペイから「キャッシュレス消費者還元事業への参加登録」をうながすメールが届きます。ペイペイの場合、届いたメールから「キャッシュレス消費者還元事業」の参加を登録できます。

メール内容は下記の通りです。

PayPay加盟店 各位

いつもPayPayをご利用いただき誠にありがとうございます。
本メールは、中小・小規模事業者を対象とした経済産業省主導の「キャッシュレス・消費者還元事業」に関するお知らせです。
本事業への参加ご希望の場合、ご自身が対象事業者にあてはまるかをご確認のうえ、お早めにご登録ください。

■キャッシュレス・消費者還元事業とは
2019年10月の消費税率引き上げに伴い、キャッシュレス支払いを行った消費者にポイントが還元される国の制度です。
一般の中小・小規模事業者は【消費者還元5%】を活用でき、購買促進にお役立ていただけます(要審査)。
(フランチャイズ等の場合、消費者還元2%となります)

詳しくは、下記をご確認ください。
===========================
【概要】キャッシュレス消費者還元事業、および加盟店登録受付について
https://paypay.ne.jp/notice-merchant/20190618/836/
※申請内容によっては本事業に参加できない場合もございます。予めご了承ください。
===========================

■本事業に参加するために
本事業に参加するためには、弊社指定の登録が必要です。
弊社と直接加盟店契約をしているPayPay加盟店様におかれましては、本メール下部の申請フォームからご登録ください。
また、本事業参加には審査がございます。
申請状況により事務局での登録に1ヶ月~2ヶ月ほどかかる可能性がございますので、お早めのご登録をおすすめします。
※本メールはPayPay加盟店ID単位で送付しており、申請フォームもPayPay加盟店ID単位の内容となっております。
複数PayPay加盟店IDを所有されている加盟店は各PayPay加盟店IDの申請フォームからご登録が必要となります。
※メールは順次お送りしております。ご案内の時期が異なる場合がございますが予めご了承ください。

①ご自身の事業が参加条件を満たしているかご確認ください。
https://paypay.ne.jp/help-merchant/cashless-meti/B0113/#001

②すでに他事業者を通じて、経済産業省の事業者登録がお済みの場合は、「加盟店事業者ID」「加盟店ID※」をお手元にご用意ください。
※「加盟店ID」は、PayPayが発行したIDではなく、経済産業省が発行したIDです。

③必要となる書類等をお手元にご準備ください。
https://paypay.ne.jp/help-merchant/cashless-meti/B0113/#002

④申請フォームからご登録ください。
※申請は「屋号+店名」単位で必要です。

■お申し込みはこちらから
===========================
 企業名:■■■■■■■ 屋号名:■■■■■■■ 

 識別番号:■■■■■■■ 

 専用登録フォーム
 https://business.paypay.ne.jp/metientry?mid=124732799558098944
===========================

⑤弊社にて申告内容確認、経済産業省への事業者登録を行います。
1ヶ月~2ヶ月ほどかかる可能性がございます。

⑥手続き完了後、弊社より「加盟店事業者ID」と「消費者還元開始日」をメールにてご案内します。
消費者還元方法の詳細は、後日弊社ホームページ等でご案内いたします。

⑦通知された消費者還元開始日より消費者還元をご利用いただけます。
消費者還元は、原則 2020年6月30日までとなります。

その他、キャッシュレス・消費者還元事業に関するご質問はこちらをご覧ください。
https://paypay.ne.jp/help-merchant/cashless-meti/

■ご注意事項
・お申し込み前にあらかじめ、ご自身が対象の事業者かどうか、参加条件をよくご確認ください。
・お申し込みに際して誓約事項がございます。誓約事項にご同意いただけない場合、本事業へ参加いただけません。
・申請内容によっては本事業にご参加いただけない場合がございます。
・本事業詳細についてはこちらhttps://paypay.ne.jp/store/cashless/をご確認ください。
・申込完了後、翌日までは修正可能ですが、翌日以降は申込完了した内容を修正・削除はいたしかねます。
 修正・削除をご希望の方は申込完了日の翌日までに下記窓口までお電話いただけますようお願いいたします。

スマホ決済サービス「PayPay」とあわせて「キャッシュレス・消費者還元事業」をご活用いただき、
お客様のビジネス拡大にお役立てください。

【本件に関するお問い合わせ先】
キャッシュレス・消費者還元事業専用
PayPay加盟店サポート窓口
0120-520-456
営業時間 24時間/365日(土日祝営業)

現在、弊社コールセンター(0120-520-456)が大変混み合っており、お電話がつながりにくい状況が続いております
誠に申し訳ございませんが、お電話がつながらない場。合、ホームページ内「加盟店様向け問い合わせフォーム」にてご用命くださいませ。

自身の事業が参加条件を満たしているか確認

メールが届いたら、まずは自分のお店が、補助の対象外の事業ではないかが確認しましょう。
補助されるお店は、個人事業者や中小企業などに限られ、公共団体や金融、宗教法人等は対象外になるなど細かい規定があります。

申請フォームから入力 

メール画面から指示された「申請フォーム」から入力を行っていきます。

注意・・・上記メール内の「申請フォーム」は当社専用のものなので、他の人が入力しても登録できません。ご自身の会社に送られたメール内の「申請フォーム」から登録してください。

まずは、代表者の氏名や生年月日等の記入し次のページに進み、質問事項などに答えて行きます。この質問事項を間違えると、最後の画面に勧めません。

質問事項は、店舗の形態や事業の総資産額や従業員の人数などです。これらも補助対象外になる事項があるので、気を付けて入力しましょう。

質問事項が理解できず、どうしても先に進めない場合は、質問事項の答えを変えて試してみるとうまくいきます

加盟店IDがない場合は?

この時点で、当店は加盟店IDを発行されていませんでした。加盟店IDは未記入でもOKとの事でしたので、未記入で申請フォームから登録をしたところうまくいきました。加盟店IDの発行がまだの方は、空欄で次に進んでみてください。

必要書類の添付

入力画面の質問事項がスムーズに進むと、最後に必要書類の添付になります。必要書類は、店舗の経営実態の証拠になる、以下のいずれかです。スマホで写真を撮って添付、またはコピー機でスキャンして添付しましょう。

この添付が終わると「キャッシュレス消費者還元事業加盟店の登録申請」は完了で、後は審査を待つだけです。

・開業届け
・確定申告書
・納税証明書
・業種に関わる許可証・免許証

確定申告書がない場合

当社の場合、2店舗を経営していて社名が「AとB」の2つありました。ところが確定申告をA社でまとめて申告していたので、B社の確定申告書がありませんでした。

業種に関わる許可証・免許証もすぐに取寄せられなかったので、社長の個人名での「納税証明書」を添付したところ、すんなり「キャッシュレス消費者還元事業」の加盟店になれました。

確定申告書がない方も、あきらめずに申請してみてください。

消費者還元事業の開始

本と花 消費者還元事業

当社の場合、早々にペイペイの加盟店になったのに「キャッシュレス消費者還元事業」の申し込みを勝手にペイペイがしてくれるものだと勘違いしてしまい、「キャッシュレス消費者還元事業への登録」が9月下旬と遅くなってしまいました。

何度もペイペイから「キャッシュレス消費者還元事業に登録してください」とメールが来ていたのに見過ごしてしまっていたのです。

あわてて、9月下旬に申し込みをしたところ、11月8日にやっと「11月29日からキャッシュレス消費者還元事業が開始できる」とメールが届きました。やった~

メール内容はこちら

 ご担当者様

いつもPayPayをご利用いただき誠にありがとうございます。

先般、貴店よりお申し込みをいただいた「キャッシュレス・消費者還元事業」について
消費者還元事業の還元率・有効日等の還元条件をお知らせいたします。

有効日とは、申請いただいたストアID単位(店舗・レジ等の単位)で設定される、
消費者還元の開始日です。

同じ申請日でも申請の状況により有効日が異なる場合がありますので、
本メールにて有効日と対象の加盟店IDおよびストアIDをご確認いただき、
消費者還元事業開始に向けたご準備をお願いいたします。

【対象の加盟店事業者ID】
加盟店事業者ID:■■■■■■■■
事業者名:■■■■■■■■

【対象の加盟店ID】
加盟店ID:■■■■■■■■
事業所名:■■■■■■■■

【対象のマーチャントIDおよびストアID】
マーチャントID:■■■■■■■■
ストアID:■■■■■■■■

【消費者還元率】
5%

【有効日】
2019-11-21
※消費者還元率の変更が伴う場合は変更前の還元率が適用開始となった日付となります。
※有効日が過去日付の場合は実際の適用開始日と異なる場合があります。
【無効日】
キャッシュレス・消費者還元事業の終了日まで
※無効日前日の23時59分までに発生した取引が消費者還元適用となり、
 無効日当日の00時00分で消費者還元終了となります。

【PayPayからのご案内日】
2019-11-08

<ご注意事項>
・本メールにて通知する情報は、「キャッシュレス・消費者還元事業」の期間中を通じて
 ご利用いただくものです。大切に保管してください。
・PayPay加盟店契約を複数ご契約の場合など、複数のストアIDをご登録の場合、
 ストアIDごと複数メールにわたり通知いたします。
・キャッシュレス消費者還元事務局より本事業専用の店頭販促品が送付されますので、
 お受け取りいただきました後、店頭への掲示をお願いいたします。
・キャッシュレス消費者還元事務局の店頭販促品の追加発注等については、当該同梱物に
 記載の手順に沿って貴店にてご手配ください。
・本通知は当該加盟店IDに紐づく「消費者還元率」「有効日」「無効日」のいずれかに
 変更がある場合、随時お送りいたします。常に最新の通知内容をご確認ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
キャッシュレス・消費者還元事業専用
PayPay加盟店サポート窓口
0120-520-456
営業時間 24時間/365日(土日祝営業)

「キャッシュレス消費者還元事業」開始にあたっての店頭販促品のポスターやシール等はまだ届いていません。届きましたら、写真を添付してご報告したいと思います。

➡届きました。

キャッシュレス消費者還元事業ポスター

開始前日ぎりぎりに届きました。ところが2つ折りになったA4のもの1枚だけで、ポスター製作が間に合わないので、とりあえず1枚だけ送るとありました。

当店が還元事業開始後2週間ほどして、上の写真のA4ポスター3枚・シールステッカー2枚・スイングポップ3枚が届きました。

以前TVで「沢山のポスターが届きすぎて税金の無駄遣いではないか」と放送されていましたが、ポスターサイズもA4と小さく枚数も少なかったので改善されたようですね。

まとめ 消費者還元事業/登録店舗になる方法(paypay) キャッシュレス導入支援セミナー(経済産業省説明会)に行ってきた②

当社が、「キャッシュレス消費者還元事業」の登録店舗になるまでにかかった期間は、2カ月ほどです。当社の場合は登録が集中している時期に加盟したので審査に時間がかかってしまいましたが、今から申し込むともっと早く登録できるはずです。

政府が「キャッシュレス消費者還元事業」を行うのは2019年10月~2020年6月までの9か月間ですが、お客様の中には、キャッシュレス消費者還元事業の登録店をわざわざ探してお仕事の依頼や受注をしてくださる方が沢山います。

特にペイペイなどの自社還元やイベントが多い決済事業者と組み合わせると10%~20%もの還元を受けられるのですから、お客様も「キャッシュレス消費者還元事業登録店」を探してやってくるというわけです。

まだ遅くはありません。「キャッシュレス消費者還元事業」をチャンスに需要を取り込み「売り上げUP・固定客の獲得」をぜひ図ってください。当社の記録が参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました