スポンサーリンク

消費者還元事業/キャッシュレス導入支援セミナー(経済産業省説明会)に行ってきた①

消費税の看板を持つ男性

2019年10月の消費税引き上げにあわせ、消費者向けに「キャッシュレス決済におけるポイント還元」が行われる事になりました。

そこで、今後増加するであろう「キャッシュレス決済導入」についてのセミナー(経済産業省)に参加してきました。

セミナー内容は、お店の立場からの視点で次の通りです。

・政府の消費者還元事業って何?
・キャッシュレスって、具体的にどんな手段のこと?
・どんなふうにお得なの?
・国が負担してくれる金額はどのくらい?
・無料でキャッシュレス決済を導入できるの?
・うちの店は還元事業の対象店舗になれるの?
・補助対象外の商品
・どのように還元されるの?
・消費者還元事業IDって何?
・登録の仕方

今回はセミナー内容はもちろん、私がどのようにキャッシュレス決済を導入したか数回に分けてお話していきます。

スポンサーリンク

消費者還元事業/キャッシュレス導入支援セミナー(経済産業省説明会)に行ってきた①

キャッシュレス決済の時代到来

私は小規模店舗を経営しておりますが、政府の「消費者還元事業」についてはニュースで小耳にはさんだくらいで、ほとんど知りませんでした。

政府の「消費者還元事業」について知ったのは、「スマホのQRコード決済」を導入しようか悩んでいた時です。

連日、ペイペイ~♪ ペイペイ♪
10億円キャッシュバック!!

と、お得感満載のCMが流れ、うちの小さなお店にもQRコード決済が必要な時代になったな・・・と実感。

加盟店になる方法をインターネットで検索していた時でした。

町の信用金庫さんが「Origami Pay(オリガミペイ)の加盟店になりせんか?」とやってきたのです。

Origami Pay(オリガミペイ)はスマホの「QRコード決済」をしている会社の1つで、「ペイペイ」や、「ラインペイ」「楽天ペイ」などのライバル会社です。

消費者還元事業とは

そこで話を聞くと、10月の消費税引き上げにあわせて行われる「消費者還元事業」にこの「QRコード決済」も関わっているとのこと。

消費税還元事業ポップ

「消費者還元事業」を解りやすく言うと・・・

10月から消費税が10%になって消費者は大変!!

でも大丈夫。
キャッシュレスで支払えば「国が5%還元」して
消費者を助けてあげるよ~

ただし6か月間だけだよ!

という制度の事です。
ざっくりしすぎましたね。詳しくはこちらをどうぞ。↓

政府事業概要 経済産業省HPより

・実施期間
2019年10月~2020年6月(6カ月)

・キャッシュレス・消費者還元事業とは
2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策としてキャッシュレス対応による生産性向上の観点も含め、消費税率引き上げの9か月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。・還元内容
一般の中小・小規模事業者からキャッシュレスで購入した場合➡消費者還元は5%
フランチャイズ等の場合➡消費者還元 は2%


2019年 10月~翌6月まで
キャッシュレスで支払うと5%還元しますよ

消費者
10,000円の商品だと
500円が補助されて戻るのね。
うれしい~

なるほど~
10月から「キャッシュレス」で支払うと、国から5%の補助がもらえてお得という事らしいです。(フランチャイズだと2%です)

前から気になっていたQRコード決済だったので、すぐに加盟店契約をしました。

これで、うちもQRコード決済が使えるお店になった~♪

と喜んでいましたが、まだまだ疑問点が沢山。

・そもそも、キャッシュレスの手段って何?
・うちの店の商品は還元の対象になるの??
・金額の上限は決まっているの?
・実際はどのように還元されるの?

などなと、解らないところが沢山。

そこで、ちょうど商工会で開催していた経済産業省の「消費者還元事業/キャッシュレス導入支援セミナー」に参加することにしたのです。

(行ってみると、参加者は街の商店街の人達ばかり。パン屋さん、レストラン、写真屋さん、美容院、修理工場など顔見知りばかり。みなさん、やっぱり気にしてらっしゃるんですね。)

キッシュレス決済とは

どうやって支払うの?記載の黒板

キャッシュレス決済サービス一覧

では、そもそも国が言う「キャッシュレス」ってどういう手段なのでしょう?
クレジットカードや、スマホ決済だけしか思いつかないけれど・・・

今回、政府が言っている「キャッシュレス」とは次に当てはまります。

電子マネー 電子財布
流通系/交通系
ワオン/ナナコなどの
チャージ可能なもの
デビットカード 銀行即時引落し ブランドデビット/デビット
クレジットカード 後払い カード会社
モバイルウォレット スマホ/携帯電話リアルタイム引落 プリペイド・ポストペイ可
QRコード決済 店舗/消費者提示型 ペイペイ、楽天ペイ、ラインペイ他

あら、色々ありましたね。ちなみに、「図書カード」「テレホンカード」などの、チャージできない使い捨てタイプはキャッシュレス還元の対象外との事でした。

つまり、上記のキャッシュレス決済手段を使って支払えば、消費者はポイント還元されるというと言う事なんです。

実際のポイント還元方法

そこで、気になるのが実際の還元方法です。
私も消費者の一人ですからこれはとても気になります!!

経済産業省の人が言うには・・・

例えば、1万円の買い物をキャッシュレス決済で支払うと、

「後日」5%分(500円分)のポイントを還元する。

という事が基本らしいです。

クレジットカードで10,000円の「キャッシュレス決済」をした場合、本来のクレジットカードのポイントだけでなく、後日、商品代金の5%(500円分)のポイントが付加されると言う事ですね。

でもまてよ。。。

キャッシュレス決済サービスは、ポイント制のものだけではないですよね。一部のデビットカードのようにポイント還元が付いてないものもあります

その場合は、

「特例」としてポイントではなくキャッシュ返金

になる予定との事です。

では、「後日」となっていますが、いつ還元されるのでしょう?

還元予定日が「後日」というのは、「キャッシュレス決済サービス業者ごとに、ポイント付与する日付が違う」ので一概に言えないとの事でした。

私達のような店舗は、補助金を後で国に請求するような面倒な作業は一切なく、キャッシュレス決済サービス業者に任せればよいと言う事らしいです。

キャッシュレス消費者還元事業加盟店のメリット

スポンサーリンク

キャッシュレス決済の手数料を国が負担

でも、まてよ。キャッシュレス決済は、手数料がかかったはず・・・

以前は、こんな感じだったよ~

消費者
クレジットカードで10,000円の商品を買いました

売ったお店
10,000の商品を売ったら
カード会社に800円手数料を引かれて、9,200円の売上です

以前、わが社でもクレジットカード決済を導入しようとしたことがあります。

しかし、手数料が7~8%とかなり高額。さらにクレジットカードを読み取る「端末機器」も自費で購入しなければなりませんでした。

ところが、今回のセミナーで解ったのはなんと、その手数料を国が引下げ/一部負担してくれるというのです。

・「決算事業者」は手数料を3.25%以下に引き下げること
・そのうち国が1/3を補助する
端末機器はお店の負担ゼロでできる(1/3は決済事業者 2/3は国が補助する)

これにより、加盟店の手数料が平均2%以下になり、キャッシュレス決済導入のハードルが下がったのです。

クレジットカード会社の手数料は0円には届きませんが、「QRコード決済」事業者の多くは、「すべての手数料が無料!!」合戦を繰り広げていて、これは私達商店にとってはチャンス!!

加盟店になっても採算がとれそうです。

この5%還元目当てで、キャッシュレス購入をするお客様が増えるでしょうから、

「QRコード決済」
「クレジットカード決済」

を導入して集客力UPにもつなげましょう!!
と、国が推奨しているセミナーだったんですね。

また、消費者にとってのメリットは

・手ぶらで簡単に買い物が可能(釣銭などの不便さが解消)
・データの利活用で会計簿や消費履歴情報などの管理が楽
・カード紛失時・盗難の被害リスクが低く、条件次第で全額保証される
などが挙げられます。

まとめ

スマホ決済の絵

ここまでの記載で消費者還元事業の概要が見えてきたと思います。

実際、キャッシュレスの決済導入するにあたって気になるのは、

自分の店が補助の対象になるのか?

と言う事です。

せっかく、キャッシュレス決済を導入したのに対象外の職種だったり、除外商品のみを扱っている場合、この事業に参加できません。

うちの店舗は一般的な商品やサービスも扱いますが、消費税を含まない保険商品や、印紙なども扱っている複合店です。

そういった店舗の場合、この事業に参加できるのかも気になります。

次回は、

・補助の対象となる中小・小規模事業者の確認方法
・補助の対象外となる「商品」
・キャッシュレス・消費者還元事業への参加方法
・実際のキャッシュレス決済導入方法

など、セミナーでの解説の続きを掲載していきたいと思います。

このブログは2019年7月での情報を記載しています。経済産業省担当者によると、まだ具体的に決まっていない事柄があるようで、質問しても「はっきり解らない/予想では・・・」という内容もありました。消費税開始の10月までに、新たに解った事、変更、訂正部分がありましたらその都度更新していく予定です。

(消費者還元事業/キャッシュレス導入支援セミナーに行ってきた②・・筆記中です)

 

タイトルとURLをコピーしました