スポンサーリンク

お祝い膳★家庭で美味しい「祝鯛」の焼き方/作り方オーブンレシピ

焼きたてほくほくの新鮮「祝い鯛」は身も柔らかく、ほくほくとして最高に美味しいです。

注文したり買ってきた祝い鯛は、値段が張る上に冷たく堅く美味しくありません。

お正月やお祝いごとの日は、大切な人の為にぜひご家庭で「祝い鯛の塩焼き」に挑戦して一緒に召し上がってみてください。

祝い鯛

祝い鯛を作るおすすめ日
・お正月
・お食い初め
・初節句
・記念日
・合格
・出産祝い
・長寿祝い 還暦・古稀・喜寿・米寿など

今回のレシピは祖母の喜寿の祝い祝鯛を焼いた時のものです。作り方は意外と簡単です。

レシピの前に、鯛の購入方法などをお話しますね。

スポンサーリンク

鯛の購入方法

祝鯛に使われる鮮やかな赤い色をしている鯛は「真鯛」という種類のものです。

購入場所や季節、天然か養殖かによって価格は変わりますがおよその値段は以下の通りです。

真鯛1kg前後サイズ

都内のデパ地下などでは、4,000円前後
豊洲市場など 2,000円~2,500円
海のある地方スーパー 2,000円前後
ネット通販 3,000円前後
釣り ??

私は、小ぶりだったので1,800円くらいのものをスーパーで購入しました。

お盆の時期だったからか、意外とスーパーで簡単に見つかりました。

お近くのお店にない場合は、事前に注文するか、ネット通販などを利用すると良いです。

祝いの席に祝鯛を食べるのはなぜ?

ちょっとうんちくを・・

「めでたい」と言われ昔からお祝いの席には欠かせない鯛。大きなお頭と立派な姿は高級魚としても扱われています。

鮮やかな赤い色は邪気を払い神様の好む色で、貢物にもされてきました。鯛は成長速度も速く1年で15CMにもなります。

また20年から40年も生きる長寿の魚で、栄養価も高いことからお祝いの席にぴったりの魚です。

お正月や記念日、お食い初めや、初節句、長寿祝いなど、鯛にあやかって「健康で長生きできますように」と願いを込められて、祝い膳に鯛を添えると言われています。

祝鯛を、切り身ではなくて丸ごと一匹用意するのは、「頭から尻尾まで」は、最初から最後まで全うする長寿の願いが込められています。

お祝い膳★家庭で美味しい「祝鯛」の焼き方/作り方オーブンレシピ

お祝い膳/祝鯛の材料

 Today’s menu
祝鯛
材料 1匹分
1匹
あら塩 適宜
竹串またはステンレス串 鯛より少し大き目のもの
豪華な水引付き結婚式のご祝儀袋 2袋

お祝い膳/祝鯛の焼き方レシピ

recipe

1. 鯛はスプーンでうろこをこそげとります。尾びれ側から頭にむかうととりやすいです。

 

祝鯛 うろことり

2. 内臓をとります。 
・水をためて指をいれて腹やえらをを洗います。 
・内臓や血合いをきれいに除きます。 
 *血合いは臭みの原因にかなるので綺麗に流す。 

・水気をよくふきとり、塩少々で両面、腹の中に塩をこすります。

 

祝鯛さばく

3. 成形します。

・竹串を尾から目の脇に通して恰好よくうねらせます。

ここで、ステンレス串を指に刺してしまい流血!! 作られる方は気を付けて
・次に、化粧塩をつけます。 

・尾びれ、背びれ、胸ひれを広げ、 爪楊枝で縫って広げると、ひれが綺麗に広がります 。塩をつけ(白くなるように大量に) 焦げにくいようにアルミホイルで覆います。

 

祝鯛 串を刺す

4. 予熱をしたオーブン200℃で15分焼きます。 そのまま冷めるまで10分ほどフタをしめておきます 。

 

祝鯛 オーブンで焼く

5.取り出したら、形が落ち着いて整うように冷まします。

 

焼いた祝鯛

6. 冷めたら串や爪楊枝を抜きます。
ヒレが広がりぴんと立っていて まぁぁぁ~ かっこいい~!(^^)! 
すばらしい出来ばえに感動です(笑) 

 

冷ました祝鯛

7. 最後は、おめかしです。 結婚式の祝儀袋の、鶴に折られた 水引を鯛のしっぽに結び付け、おめかし ます。 

 

祝鯛 水引

8.袋は、のりしろをそっと広げて紅白の敷紙にして、 お皿の上に載せます。
寿の金文字の札を置き、鯛を載せたら 桐などの箱の上に載せて、出来上がりです!

 

祝い鯛 盛り付け

祝鯛の焼き方/オーブン 調理ポイントメモ

祖母の喜寿の祝い祝鯛を焼きました。 大型の魚をそのまま扱うのは慣れていないので大変でした。

鯛を刺す串で自分の指を刺すというハプニングもありましたが、見事に焼きあがり、感動的な素晴らしい出来栄えにとても喜んでいただけました。

祖母と祝鯛

祝鯛の焼き方/串にさす

今回、一番大変だったのは串にさす作業です。

鯛がうねって踊って飛び跳ねているようなおめでたい雰囲気を出すために串を刺して成形して焼くのですが、こんな大きな魚に串を刺すのは初めてで本当に大変でした。

竹串は折れそう、燃えそう・・・という不安があったので、ステンレス串を採用。生の魚はなかなか串が刺しにくくて、思いきり刺したら自分の手にぐさっ!!!!

ぎゃあああ~と流血騒ぎになりました(笑)皆様もお気を付けください。

焼いた祝鯛

祝鯛の焼き方/尾びれ、背びれ、胸ひれを焼くコツ

ひれはとても薄いし焦げやすいです。尾びれ、背びれ、胸ひれを焦げずに綺麗に焼くにはコツが必要です。

3つのひれは、そのままですと扇が閉じているような状態なので、綺麗に開いてた状態にして焼きます。

ひれを丁寧に開いて広げ、 ちくちくと爪楊枝で縫います。縫い目を指でそっとしごくと、ひれが綺麗に広がります 。

次に、ヒレが白くなるように大量に塩をつけます。塩は「あら塩」のほうが付きやすいですし、旨みもUPします。

祝鯛の焼き方/尾びれ、背びれ、胸ひれをアルミホイルで包む

祝鯛 串を刺す

広げて塩をつけた後は、焦げないようにアルミホイルでそっと包みます。

アルミホイルは大目に使うと成形しやすいです。アルミホイルで包んだ3つのヒレを写真のように立たせて焼くと、かっこよく焼き上がります。

祝鯛の焼き方/オーブンで焼く

祝鯛 オーブンで焼く

オーブンで焼くのに、アルミホイルを使って大丈夫なの?と心配される方も多いでしょうが、答えは大丈夫です。

「電子レンジ機能」の時にアルミホイルを入れると、火花が散ったりパチパチ音がしてびっくりしますが、オーブン機能の時は電磁波を使わないのでアルミホイルを入れて焼いても大丈夫です。

冷ました祝鯛

200度で15分焼いたら取り出します。

ここでアルミホイルや串をすぐに外してはいけません。まだ暖かく身が柔らかいうちに外すと、せっかくの成形が崩れて台無しになってしまいます。

完璧に冷えてから、串やアルミホイル、爪楊枝を外しましょう。

祝い鯛 ★手作りの飾りや水引で楽しもう

祝鯛 飾り付け

祝鯛の飾り付けですが、何をどうして良いか解らず色々探しまわったあげく、目についたのが結婚式のご祝儀袋でした。

広げてみたら、あら~半紙代わりにもなるじゃない・・と言う事で採用。

2種類くらい用意すれば、かなり豪華な飾り付けが出来ます。100均にもあるのかな?

最近は色々な種類の水引も売っているので、綺麗な和紙などと一緒に手作りの飾り付けを楽しんでも良いですね。

南天の葉は自宅の庭から摘んだものです。ぜひ、みなさんも挑戦してみてください。

祝鯛 祝儀袋 水引

祝鯛の焼き方レシピ/まとめ

祝鯛の焼き方ポイント

・うろこはスプーンで尾から頭へこそげとる
・血合いは臭みの原因なので残さずとる事
・竹串は恰好よくうねらせるように、怪我には気を付けて。
・ひれは爪楊枝で縫って広げ、アルミホイルで成形して立たせる
・冷めてから串を抜く

タイトルとURLをコピーしました