中古やDIYよりお得!!オカメインコ「鳥かごアクリルケース」保温・防音のレビュー口コミ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
鳥かこアクリルケース 口コミ ライフ

中古品やDIYよりお得と感じたとりまるの「鳥かごアクリルケース」 を紹介しています。

実際に私が購入して、組み立てていてる様子、写真・動画で使い心地などの感想を解説しています

可愛い鳥ちゃんたちの為に「鳥かごアクリルケース」の購入を考えている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中古やDIYよりお得!!オカメインコ「鳥かごアクリルケース」保温・防音のレビュー口コミ

オカメインコのヒナ ふくちゃん

オカメインコの福丸(ふくまる)が我が家にやってきたのは、8月中旬、7月9日生まれの2か月目のヒナです。

鳥好きの友人の勧めで突然飼うことになり、指導を受けながら育てることになりました。

オカメインコのヒナは、寒さに弱いそうで、真夏でも夜になると気温が下がるので、ヒナにとっては致命傷との事。

え~30度近くあるのに?

と思ったのですが、気温を図ってみると朝は26~27度ぐらいまで下がり

ぶるぶる震えている福丸(ふくまる)を見て、急きょ「鳥かごアルミケース」の購入を決意したわけです。

「鳥かごアクリルケース」 は高額!!

「鳥かごアルミケース」 の値段を調べてみると、

5~6万円!!!

「鳥かごアクリルケースって高いのね!」

すでに、オカメインコの購入代金、健康診断、ゲージ、ヒナの餌や餌やり道具、ペレット、キッチンスケールなどですでに、6万円以上かかっています。

あと5万円だと・・・・合計10万円にも!!

オカメインコふくちゃん

中古の鳥かごアクリルケースを探してみた

という事で、メルカリやヤフオクで中古の「アクリルケース」を探しましたが、まるで出品されてない!!

もし、中古品があったとしても
前の家主の病気や菌が怖いし・・・
消毒してあっても不安だし・・・

と悩んだあげく、 中古の購入はやめにしました。

健康診断で、糞尿を顕微鏡でしっかり調べて
健康だと解ったヒナなので、
やっぱり新しいものが欲しいと考えました。

DIYを考えてみた

それでも、5万円超の出費は痛いので、いろいろ調べていると・・・

「鳥かごアクリルケース」を器用にDIYで自作で作っている人がいて
私も真似して作ろうと、長さを測ったり
仕組みを理解したり努力しましたが、渋々あきらめました。

というのも、

  • アクリル板が高すぎる!!
    ホームセンターに行ってみたが、新型コロナ感染症で、アクリル板がバカ高くなって採算が合わない
     
  • ちょうつがいやネジ、留め金など、どれを購入したらよいかわからない
    (後で購入した市販品には、アクリル板が破損しないよう、小さなワッシャ・ボルトやナットを使ったねじや、プラスチックの留め金、溝が彫られていたので、DIYをしなくて良かった~と後でマジ思った)
     
  • 安いものは使い勝手が悪い
    安価なポリカーボネート板とビニールテープで貼り合わせたケースを作っている人もいたが、透明でないので鳥の様子が見えない、ぐらぐらしそう、防音に弱い、熱に弱いという理由で却下

簡単に言えば、私に 「鳥かごアクリルケース」 をDIYする能力がなかったというわけですね(笑)

「とりまる」鳥かごアクリルケースの購入

とりまる 鳥かごアクリルゲージ 前面

結局、中古+DIYは諦めて購入するしかないと気づき、「とりまる」というブランドの「鳥かごアクリルケース」 を購入しました。

「とりまる」 の「鳥がごアクリルケース」の値段は19,800円で、オカメインコ用の大型ケースにしては破格に安かったからです。

↓こちらの商品



でも、正直なところ、商品が届くまで、様々な心配が頭をよぎりました。

値段が安くて、大丈夫かしら?

  • アクリル板は薄くないの?
  • 簡単に組み立てられるの?
  • 前の扉はどうなっているのか?
  • 防音、防寒は大丈夫か?
  • 使い勝手はよいの?
  • 鳥ちゃんは、気に入ってくれるのか?

何て心配をよそに、届いたらびっくり。

思ったよりしっかりしているし、かなりいい!!

そんなわけで、前置きは長くなりましたが、

私が購入した「とりまる」ブランドの 「鳥かごアクリルケース」 を紹介していきます。

もちろん、もう少し改良してもらいたい部分も正直に書いています。

決して、「とりまる」の回し者ではないですヨ。

鳥かごアクリルケースが届いた!!

郵送されたアクリルケースの段ボール

私の場合は楽天で購入。評価4なので安心して購入できました。

購入翌日には、綺麗に梱包されて届きました~早い!!(^^)/

鳥かごアクリルケース梱包の中身

アクリルケースの段ボールを開く

アクリル板とアクリル板の間は、何枚も段ボールが重ねられ丁寧に梱包されています。

梱包物

梱包は、写真の通り、こんな感じね。

アクリル板は傷つかないよう、すべて茶色の紙シール?が貼られています。

写真の左上は、緩衝用に沢山入っていた段ボールです。

アクリルケース組み立て取説

説明書です。
大小のドライバーさえあれば、簡単に組み立てられます。

ちなみに、材質・寸法はこちら↓

外寸:幅47.5×奥行48×高さ63(cm)
有効内寸:幅44×奥行44×60(cm)
※サイズは概寸です。
【重量】
4.4(kg)
【材質】
樹脂フレーム:ABS樹脂
シャフト:アルミ
パネル:アクリル
留め具:ポリカーポネート 底面クッション材:ポリエチレン

鳥かごアクリルケースの組み立て

組み立て アルミ支柱を立てる

取扱い説明書には「2人以上での組み立てを推奨」とありましたが、楽天の口コミでは「女性1人で30分くらいで組み立てられた」とあったので、私も1人で挑戦。

私は器用な方ではないのですが、普通に、1人で組み立てられました。

撮影しながらの組み立てだったので50分ほどだったかな。

上の写真は、滑り止め(緑の部分)付きの底部分に、4本のアルミ支柱をネジで取り付けたところ。

アルミ支柱4本装着

支柱を立てたら、4つの側面のアクリル板を入れます。

鳥かごアクリルケースの強度

アクリル板の強度 力いっぱいたゆませてみた 

この商品で気になったのは、アクリル板の強度です。

思いっきり両手でたゆませると、う~ん、かなり固い。

上の写真、めっちゃ手に力が入ってますw!!

アクリル板の厚みを測った

アクリル板の厚みを測ってみると、2~2.5mm

かなりしっかりしているようです。

アクリル板の保護シールを外す

アクリル板の保護シールを外して、3つの側面にアクリル板をはめ込みます。

側面のアクリル板をはめ込む

アルミ支柱と、底板には専用の溝があるので、簡単にストンと綺麗に入って感動!!

この精巧な作りを見て、安易にDIY自作しないで良かった~

と、改めて思った瞬間です。

天板をはめる

アクリル天板をはめる

側面3つのアクリル板に天板をはめます。

今回の製作で、いちばん大変だったのはここかな~

3つ同時にはめずに、1面ずつはめたらうまくいきました。

天板をはめてネジを回す

扉の取り付け・補強

扉の取り付け ワッシャー、ネジ類

前扉の扉の支えガイド部分です。

取り外しの際にアクリル板が傷つかないように補強する役割、私たちが切り口で怪我しない為のものです。

アクリル板の取り付けネジは、破損しないよう、

小さな、ボルト➡ワッシャ➡アクリル板➡ワッシャ➡ナット

の順に取り付けます。

とても小さなネジなので、なくした時の為の予備ネジまで入っていて、親切だな~とお店の思いやりを感じました。

う~ん、やっぱり DIY自作しないで良かった~

と思った2度目の瞬間でした。

アクリル板 補強・前扉

こちらは、扉フックと補強留め金です。

鳥かごアクリルケース 空気穴・電気コード穴

直径3cmほどの空気穴が、前扉2か所、側面1か所の合計5か所についているので、サーモやヒーターなどの電気コードが楽々出し入れできます。

鳥かごアクリルケース出来上がり

出来上がりです!!

扉の開き方や、鳥かごを入れた様子は動画で紹介しますね。

鳥かごアクリルケース 扉の開き方

購入前に一番気になったのは、扉の開き方でした。

高額なアクリルケースは、「観音開き」や「引き戸」が多く
このアクリルケースは取り外し式だったからです。

使ってみた結論から言うと、

これで良かった~。
とても使いやすく、逆に、扉は一番気に入った部分です!!


観音開きを使っている友人によると

観音開きは危ない!!
  • 扉を開けると場所を取るので邪魔になる
  • 透明なので、気づかずぶつかると、人間や鳥が怪我をする

とのこと。また「引き戸」や「上部だけ開くアクリルケース」は、開放部分が限られ狭くなるので、掃除が大変とのこと。

確かに、こちらの商品はフルオープンになるので、鳥かごはもちろん、掃除機も入れやすくとても便利です。

ゲージと鳥ちゃんを入れてみた

ゲージを入れてみました。

ヒーターは外付けでも余裕で入り、隙間も十分にあります。

防音は、「隣の部屋に鳥がいる感じ」の音量になります。
これなら、アパートなどでも、かなり静かになるのではないでしょうか。

鳥ちゃん(オカメインコ)も、気に入っているようです。

まとめ 中古やDIYよりお得!!オカメインコ「鳥かごアクリルケース」保温・防音のレビュー口コミ

今回、とりまる「鳥かごアクリルケース」を購入した結論は、かなり満足しています。

買ってよかった~

オカメインコのヒナって、羽毛が抜けるのて
白い大きなフケがすごいんです。

その点、扉がフルオープンになるので、お掃除楽々
鳥かごの出し入れも楽ちんです。

とりまる 鳥かごアクリルゲージ 右面


我が家では、冷房の入った居間にアクリルケースを置き、
普段は暖かいテラス(廊下)に鳥かごを置いて行き来しています 。

インコのしつけでは、触れ合いも大切ですが、
ダラダラ放し飼いにしてもいけないとの事。
人間との境界線を覚えさせる事が、大切なんだそうです。

とりまる 鳥かごアクリルゲージ 左面

その点、アクリルケースは、居間で私たちがくつろいでいるとき
同じ室内で一緒でも、境界が作れるし

冷房で冷え切った部屋でも、
ヒーターもinできるので、暖かいです。

テラスで1羽きりは可哀そうですからね~

実は、オカメインコを飼いだして2か月目、
ゲージのお掃除係の私が、急に鼻水くしゃみがひどくなって
多分、アレルギーを発症したんですよね。

鳥の皮脂の中には、アレルギーを起こすたんぱく質が多く含まれているそうで、ひどい人は鳥を手放す人もいるそうです。

鳥かごの掃除は外でマスクをして
部屋の中は、ゲージのまま置かず、必ずアクリルケースの中に入れるようにしたら
アレルギーも治まりました。

アクリルケースの中では、
鳥の餌が飛び散ったり、フケも飛び散らない。
防音もばっちりなので、
ちょっとアレルギー気味の人・神経質な人でも快適、清潔に過ごせるというわけです。

1つだけ不満点は、やはり口コミでもあったとおり、上面に重いものを載せられないこと。

ちょっとたゆむんですよね。上面だけ、厚いアクリル板を使う事はできないのかな?

まあ、重いものは載せないので許容範囲としています。

とりまるさんの商品はこちら↓
購入の参考になれば幸いです。
それでは、素敵な鳥ちゃんライフを送ってくださいね~(^^)/

観音開きの商品はこちら。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ライフ
シェアする
ワンダフルライフ
タイトルとURLをコピーしました