ぶどうの病気3 「黒とう病」シャインマスカット秋冬/休眠期の防除対策法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブドウ園 シャインマスカット

シャインマスカットを育てて4年目、シャインマスカットに多い「黒とう病」との闘いを覚書しています。

ぶどうの病気NO.3になる今回は、秋冬の休眠期における「黒とう病」への防除の方法をシャインマスカット農家の専門的な知識を交えて解説。

NO.2に続く、その後のシャインマスカットの生育状況や収穫についてもお話ししています。

手ごわい「黒とう病」に悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。すでにNO.1とNO.2をお読みの方は記事の後半へお進みください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ぶどうの病気3 「黒とう病」シャインマスカット秋冬/休眠期の防除対策法

1年目~これまでの経過

我が家にシャインマスカットの苗がやってきたのは4年前の事。高級ブドウ「シャインマスカット」の苗だと大喜びしました。その頃はまだシャインマスカットが世の中にあまり出回ってなくて、果樹農家の叔母が仕入れた苗を1本分けてくれたのです。

1年目 順調
我が家の1坪菜園に植樹。
半日かげでしたが苗の成長は良く、🍇3房収獲。

2年目 順調
3mほど枝を張り程小ぶりですが🍇20房程見事な実を収穫できて大喜びしていました。秋には5~6mほど枝も伸びました。

3年目 黒とう病発生
去年より多く収穫できると期待を胸に、初夏の芽吹きを見守っていたのですが成長するにつれてなんだかおかしい・・・枝に何やら茶色い斑点があります。新しく出てきた新芽は成長できずに茶色く縮こまっていました。

シャインマスカット枝 病気 ぶどうの新芽 病気

さらによく見ると、葉茶色い斑点と穴がある葉や、くるくるっと丸まった葉もあります。

これはまずいとすぐに検索すると「黒とう病」でした。
果樹農家の叔母に相談、アドバイスを受けながらすぐに消毒。黒とう病との闘いが始まります。

当時の、消毒の仕方、農薬の選び方、希釈の仕方、果樹農家の専門的アドバイスなど、しつこい黒闘病との闘いの様子はこちらの記事に記載してあります。

スポンサーリンク

シャインマスカット「その後」の記録

「シャインマスカットその後の記録2」では、3年目に突然発生した「しつこい黒とう病」との闘いをお話しました。その後シャインマスカットはどうなったのか、近況をご報告します。

3年目のシャインマスカット

その後、数回消毒+病気の葉の剪定を数回繰り返し、ブドウの木自体は青々と元気を取り戻したのですが、肝心のブドウの実は大きくなるにつれ「黒い斑点」が大きくなってきました。

初期にかかった黒とう病の「黒い斑点」は、完全に取り除かないかぎり残ります。

シャインマスカット黒とう病 黒とう病 2

剪定ばさみで、黒い斑点のあるものは一粒ずつ取り除いたのですが(本当に細かくて大変な作業)、すべて排除できずに上の写真の通りです。

最初は小さな「黒点」でも、実が膨らむにつれて大きな黒い点になるので食べれません。

唯一、綺麗な房で助かったのが下の2房。後はまばら収穫できました。ぐすん涙

シャインマスカット1 シャインマスカット2

4年目のシャインのスカット

3年目の失敗から学んだこと生かし、冬から黒とう病の防除を始めました。

3年目の失敗から学んだこと

 黒とう病は、葉や茎の感染なら、早いうちに切除すれば消毒で回復できる
 実まで感染させないこと。実に感染すると、収穫は、ほぼできなくなるる

4年目のシヤインマスカットは、こまめな消毒と切除の甲斐あって、6月の時点で70房。とても綺麗です。

シャインマスカット 我が家のぶどう棚 晩腐病2

ところが、黒とう病対策は、ばっちりだったのに、思わぬ失敗で30房に減らしてしまうことになります。

それは、私の間違った思い込みで、傘かけ・袋掛けが遅れた為です。

この年はまれにみる長い梅雨で、「晩腐病(おそぐされびょう)」「べと病」が発生したんですね。

ぶどうの実が腐ってぼとぼと落ちてしまったんです。

なかなか、シャインマスカットの栽培は奥が深いです。

傘かけ・袋掛けの大切さを知った4年目の「晩腐病(おそぐされびょう)」「べと病」の記事も、ぜひお読みください。

5年目のシャインマスカット

3年目、4年目の失敗から学び、ついにやりました!!

昨日、収穫しました。105房です。

5年目にして、やっと叔母から糖度18度、形も合格点をもらえるシャインマスカットの収穫ができました。

ど~ん!!

5年目シャインマスカットの収穫1

5年目シャインマスカットの収穫2

5年目シャインマスカットの収穫3

と、自慢したところで(笑)
肝心の「黒とう病」の防ぎ方のコツ、3年間の集大成をお話ししていきますね。

シャインマスカット 黒とう病を防ぎ方のコツ

5年間、シャインマスカットを育ててきて痛感したことは、どんなにきちんと「防除」しても「黒とう病」は絶滅せず、毎年やってくるという事です。

ですから、黒とう病が発生するのは当たり前と考え、こまめに「消毒」と「患部の枝葉の切り落とし」をすることが重要なのです。

1つ目のコツ 消毒は雨の前

消毒のコツは、とにかく雨の前日に行うことです。

えっ?雨が降ると消毒が流れちゃう・・・と思われがちですが

黒とう病の消毒は、害虫駆除でなく、殺菌剤でという事をおもいだしてください。

雨を媒体にして広がる黒とう病、つまり、雨を待って潜んでいる「黒とう病の菌」を、雨が降る前に殺菌して、菌の数を減らしてしまおうというわけなのです。

2つ目のコツ

「患部の切り落とし」を簡単にする、コツがあります。

ある程度枝葉が伸びてくると、黒とう病は、しっか消毒がいきわたっている部分には、ほとんど発生しません。

つまり、新しく伸びてくる枝や葉が「黒とう病」にかかるんです。4月5月に育って大きくなっている濃いグリーンの古い葉にはほとんど発生しないのです。

だから、新しく伸びた枝だけチェックすると時間短縮になりますし、切除の目安にもなります。

梅雨の雨が続いた後に、ぶどう棚に行ってみると

雨の前にしっかり消毒していても、新しく伸びた枝の3割が黒とう病になってます。

葉が縮こまって茶色くなっているのですぐに解ります。

新しい枝の切除は、ぶどうの実を大きく成長させる「摘心」にもなりますから一石二鳥です。

ハサミを使わなくても、ぽきぽき折れる柔らかさです。

切除した枝は、しっかりゴミ袋に入れて処分しましょう。

「摘心」については別記事で詳しく解説しています。

それでは、実際に私がした季節ごとの防除の具体例を紹介していきますね。

秋から冬の対処法 葉や枝の処分

黒とう病の防除は、ブドウの収穫が終わった秋から始まります。

3年目の収穫後、念入りに

◆「葉が縮こまって丸くないか」
◆「枝がポッキーみたいな斑点は出ていないか」

チェックし、病気を見つけるとすぐにその部分を容赦なく切り落としました。

もちろん、切った枝や葉は菌の胞子が舞わないようにビニール袋に入れて捨てます。

3年目は特に、黒とう病がひどかったので、落ちたブドウの葉は念のために拾ってごみ袋に捨てました。

いつもは枯れ葉を集め、家庭菜園に穴を掘って埋めると良い腐葉土になるのですが、我慢して埋めます。

これで3年目のシャインマスカットの作業は終わり。

寒い冬になり、黒とう病の菌が死滅してくれることを祈りますが、「黒とう病」は冬の間もひっそり休眠していて春になるのを待っているので安心できません。

黒とう病は、それほどしつこく大変な病気なのです。

冬の防除対策法 剪定

ぶどう 剪定

新年を迎え、我が家のシャインマスカットは4年目に突入。

1月は果樹農家の叔父や叔母から教わった剪定を行う時期です。この剪定は余分な枝を切り、沢山の実をつける為の剪定でもありますが「しつこい黒とう病」をさらに消滅させる為のものでもあります。

剪定の仕方は別ページで記載してありますが、黒とう病を取り除くには、

・棚に残っている巻きひげなども綺麗に取り除く
・剪定したものをビニール袋に入れて捨てるか焼く

などが大切です。黒闘病の菌は暖かくなって芽吹くころ、まだ活動を開始します。

休眠期には棚に残った「巻きひげ」や、「節」の部分に菌が潜伏している可能性があるので徹底的に排除する事が大切なのです。

ビニール袋に捨てれない場合は、穴を掘って埋めたり、乾かして寒いうちに燃やすなどが良いそうです。

剪定を行ったのは1月下旬。叔父や叔母から沢山の実が付くような剪定の仕方やポイントを教わりながら2日がかりの大変な作業でした。剪定の仕方はこちら

春から初夏の防除対策法 消毒

1月の剪定の後、念のために1回目の消毒を行いました。樹の幹全体と、ぶどうの落ち葉があったエアコン外扇器の裏、ぶどう棚、ぶどう棚の下の土、塀、など菌が残らぬように徹底的に消毒しました。

2回目の消毒は4月です。

シャインマスカットは4月後半に芽吹くから、その直前に消毒をするように叔母から指導を受けました。

4月は何かと忙しい時期、娘の引っ越しやコロナ騒ぎで、やっと4月下旬、2回目の消毒が終わりました。少し遅かったのか、もう新芽が少し出ていました。

使った農薬は、1話で紹介したオンリーワンフロアブル(殺菌剤)です。

昨年はこれがよく効きました。オンリーワンチュアブルの消費期限は3年とありましたので、あと2年使えるようです。今回は、肩にかけれる新しい噴霧器も新調し念入りに行いました。

噴霧器 シャインマスカット1

噴霧器は主婦でも簡単に使えます。

農薬と水を入れて蓋をし、上の取っ手の部分を何度かプッシュして圧縮すれば、スプレーノズルから消毒液が噴射されます。電池等もいらないので簡単。肩から吊るせるでとても使いやすいです。4リットルですが、満タンに入れても重く感じません。

オンリーワンフロアブルは、黒とう病の「殺菌消毒」は実が熟すまで4回とありますが、昨年黒とう病にやられたので5~6回を目安に行うよう、シャインマスカット農家の叔母からアドバイス。

5月中旬

5月中旬、現在のブドウ棚の様子です。今のところ、枝も葉もとても綺麗で元気です。

シャインマスカット3

1つの枝に展葉9~10枚になる5月中旬に、「ベト病」と「黒とう病」の消毒をします。下旬にもう一度、「ベト病」の消毒をします。

詳しい消毒の方法は、ぶどうの病気4で解説しています。

6月~7月のブドウ棚

6月上旬、雨期に入ると怪しい葉がちらほら出てきます。見つけたらすぐに切除しましょう。

このじめじめした時期が一番気を付けなければいけません。

「黒とう病」は切除しても、切除した場所の近くに集中して発生します。

黒闘とう病にかかった枝に「良い房」が付いていても、大きくなるにつれて必ず黒い斑点が現れて育ちません。

早めに枝ごと切除しまったほうが、別の房に栄養がいきわたります。

また、梅雨のこの時期は、感染の元となる菌や胞子が、雨で飛び散り広がります。「黒とう病」の他に、、晩腐病(おそぐされびょう)、べと病が発生する時期です。

この病気の特徴は、6~7月に降雨が多い時期に発生、黒とう病と同じ菌糸感染することです。

我が家の4年目のシャインマスカットは、なんと、黒とう病に加えて・・・・晩腐病(おそぐされびょう)、べと病との戦いだったんですね。とほほ

シャインマスカット農家の叔母によると、これらの病気に打ち勝つには「房に雨をあてない」事が肝心。

☑ 摘粒(粒抜き)前に傘かけを行う事
☑ 袋かけの前、房を念入りに消毒する事
☑ 6月中旬に黒とう病の消毒を挟んで前後にベト病、晩腐病(おそぐされびょう)の消毒
を守りましょう。

4年目は、これを守らず、70房の収穫を30房に減らしてしまい大失敗しました。

この戦いは、ぶどうの病気4.シャインマスカットの「晩腐病」「べと病」の消毒と対処法/絶対にミイラ化させないぞ!!で紹介しています。

5年目は、きちんと教えを守り、見事に収穫できました。

手入れが少々大変なシャインマスカットですが、庭先の2~3坪のぶどう棚で6~7月だけぶどうの病気に注意すれば、かなり良い出来になると思います。美味しい収穫に向けて頑張ってくださいね(^^♪

秋から冬にかけてやられた、ブドウカシスバと、ブドウトラカミキリの記事をUPしました。よかったらご覧ください。

まとめ ぶどうの病気3 「黒とう病」シャインマスカット秋冬/休眠期の防除対策法

  • 秋から冬の防除
    ・黒とう病の兆候を見つけたら、すぐに切りおとす
    ・黒とう病がひどかった年は、落ち葉は埋めずにゴミ袋で処理
  • 1月の剪定時の防除
    ・棚に残っている巻きひげなども綺麗に取り除く
    ・剪定したものをビニール袋に入れて捨てるか焼く
    ・1回目の消毒を行う(棚、塀、壁なども)
  • 春~初夏の消毒
    ・3月 2回目の消毒 芽吹き前
    ・5月 3回目の消毒 天気を見ながら、10日ごとにべと病の消毒と交互に行う。
    ・6月 黒とう病の兆候を見つけたら、すぐに切りおとす
    4回目の消毒 天気を見ながら、10日ごとにべと病の消毒と交互に行う。
  • 袋かけ前の消毒
    ・べと病の農薬と混ぜて、袋掛け前は念入りに行う

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シャインマスカット家庭菜園
シェアする
ワンダフルライフ
タイトルとURLをコピーしました