ぶどうの病気4.シャインマスカットの「晩腐病」「べと病」対処の記録/絶対にミイラ化させないぞ!!

シャインマスカット  シャインマスカット

「ぶどうの病気 4回目」になる今日は、長雨により我が家のシャインマスカットに発生しした「晩腐病(おそぐされびょう)」「べと病」を防除した記録です。

プロのシャインマスカット農家三軒のアドバイスをもとに、実際に行った対処法、消毒方法、防除方法を解説しています。

前回の、「ぶどうの病気3」のその後の様子、収穫量などもお話ししています。

スポンサーリンク

ぶどうの病気4.シャインマスカットの「晩腐病」「べと病」対処の記録/絶対にミイラ化させないぞ!!

4年目のシャインマスカット 収穫量

まずは、「晩腐病(おそぐされびょう)」「べと病」になっても、収穫ができたのか?の報告です。

我が家のぶどう棚の大きさは2~3坪ですが、今回の収穫量は30房

6月の時点では、大きな房が70あったのですが、病変した房を切除したため、最終的に収穫したのは30房でした。

シャインマスカット 我が家のぶどう棚

でも、味は抜群。

収穫量が少なくなったためか?プロの親戚三軒のシャインマスカットより甘くて美味しくできました。

今になってみると対処次第で、収穫量をもっと増やせたと反省しています。

スポンサーリンク

「晩腐病」「べと病」の対処法、消毒・防除の記録

晩腐病(おそぐされびょう)発生

私が「晩腐病(おそぐされびょう)」に気づいたのは7月初旬。

粒抜き作業が終わり、ぶどうの粒がビー玉ほどに膨らんできた頃です。

せっかく膨らんだぶどうの粒が、ところどころ薄い茶褐色に変わり、ボトボトと下に落ち始めたのです。

晩腐病1

あわてて、叔母に電話で確認。(叔母はプロのシャインマスカット農家)

叔母によると、「晩腐病」か「べと病」とのこと。長雨を警戒し、叔母の農園でも消毒を強化しているとのことでした。

「晩腐病(おそぐされびょう)」の特徴

「晩腐病(おそぐされびょう)」の特徴を調べてみると、

晩腐病(おそぐされびょう)の特徴
  • 6~7月、降雨が多い時期に感染する。
  • 病原菌は結果母枝や巻きひげの組織内に菌糸の形で潜在
  • 葉が、褐れた色になり形がいびつになる。
  • ぶどうの実が、はじめは淡褐色になり落下、落ちずに残った実は次第に果粒全体をミイラ化して腐敗する。
晩腐病(おそぐされびょう)
参照 Syngenta Japan

あわわ、ミイラ化するの?

たしかに、その年はまれにみる長雨

梅雨前線の停滞により全国的に長雨が続き、各地で災害が起き、野菜も高騰していました。

「晩腐病」「べと病」対処法、消毒

叔母によると、病変を切り落として、消毒、すぐに「かさかけ」「袋かけ」をするように言われました。

消毒薬は、黒とう病で使ったオンリーワンフロアブルでok。確かに、薬の裏を見ると病名が書かれています。

オンリーワンフロアブル 適用病害名
オンリーワンフロアブル

雨が止んだのを見計らって、ぶどう棚全体と、房を念入りに消毒。

薄い茶褐色になった粒を、ひとつひとつハサミで切り落とします。

粒抜きした後だったので、さらに粒数が少なくなって、房が寂しい状態に。

でも、シャインマスカットの粒は巨大に膨らむので、このくらいなら大丈夫と言い聞かせながら、病変した粒をせっせとハサミで切り落としました。数百粒です。

切った粒は菜園に捨てずに、菌が広がらないようビニール袋にいれてゴミ箱へ

翌日の雨を考慮し、消毒はいつもの2倍の濃度で行いました。

雨続きで、チェックがおろそかになっていた黒とう病の枝葉も2~3発見。でもよく見ると、なんだか変。

葉の裏が真っ白になっています。これは・・・・?

べと病の特徴と農薬

べと病1

そういえば、叔母が「べと病」かも。と言っていたのを思い出し、調べてみると・・・

べと病の特徴
  • 葉裏に真っ白いかびが生える
  • 幼果で水浸状で褐色の病斑を形成。その後、鉛色になってミイラ化、固まって落ちる。
  • 梅雨の頃が最も盛んで、病原菌が降雨や水滴によって葉や幼果、新梢に感染する。

葉裏が白くなってる!!!
カビです。

べと病2

この病気も「晩腐病(おそぐされびょう)」と同じで、ミイラ化するのが特徴です。

もう一度叔母に電話で症状を話すと、やはり「べと病」

「べと病」には、ジャストフィットフロアブルや「ベトファイター顆粒」が効くとの事。

すでにオンリーワンチュアブルを散布した後だったので、病変した枝を切って様子を見るように言われました。

べと病の農薬は3,000円以上とお値段が張ります。

ここは、叔母の言う通り、少し様子を見ることにしました。

切除作業

晩腐病2

翌日から、すぐに病変した枝をすべて切除。

薄く茶褐色になったぶどうの粒も1粒ずつ切り取り、ビニール袋にいれて捨てるを繰り返します。

これで、安心。

ところが、翌朝ぶどう棚にいってると、また病変が!

あれだけ切り落としたのに、一晩で薄い茶褐色の粒が大量発生

これをほおっておくと、ミイラ化してしまいます。

ここから、3~4日、私はムキになって切除→発生→切除→発生を繰り返します。

1粒残らず、許しません!! みたいな感じで。

でも、毎日の切除。粒どころかの切除も増えてきました。

実際、70あった房が30まで減りました。

そこで、やっと気づきました。

「袋かけ、かさかけ」は?

「袋かけ」「かさかけ」は重要な作業

袋掛け
叔母のシャインマスカット畑

叔母が、「袋かけ」「かさかけ」を早くしろと言ったのは理由があって、

袋かけをすることで、空気中にただよう菌の付着や発生をふせぐのです。

でも、当時の私は焦るばかり。袋かけにも疑問を感じていました。

密閉したら袋の中で、ますます菌が繁殖するのでは?と感じたからです。

心配した叔母に、はやく袋をかけるように言われ、もう一度房によく消毒した後、やっと袋と傘をかけました。

叔母の言う通り、「袋かけ」「かさかけ」を早くしておけば、もっと沢山のぶどうを救えたのに残念です。

「かさかけ」「袋掛け」の正しい時期

シャインマスカット かさかけの方法

叔母による、「かさかけ」「袋掛け」の正しい時期をメモしておきます。

「かさかけ」「袋掛け」の正しい時期
  • 感染の元となる菌や胞子は、雨で飛び散り広がるので、梅雨に入る前に早めに「かさかけ」を行う。
  • 「かさかけ」の状態で、摘粒(粒抜き)を行うとよい
  • 摘粒(粒抜き)が済んだら「袋掛け」を行い、房全体を包めば菌や胞子が入り込まずきれいなぶどうが収穫できる

収穫までの道のり

袋掛けが終わり、それでも心配で、毎日、袋のわずかな隙間からのぞいたり、袋の上から房の感触を確かめたり。

腐った粒が、いっぱい袋の中に落ちるんだろうな~

ミイラ化するんだろうな~

と、本気で思ってました。あんなに楽しみだった収穫も諦めモードです。

「黒とう病対策」も、どうでもよくなってきました。

こんなに、手がかかるシャインマスカットなら斬り倒してしまおうとさえ考えました。

ところが、何日たっても、袋の底に腐った粒が落ちてくる気配がありません。

長い梅雨が終わり。1か月後そっと袋をあけてみると。なんと立派なシャインマスカットが育っています。茶色い病変は1粒もありません。

あんなに粒を落としたのに、ジベレリンのおかげで、ほどよい大きさの房に育っています。

袋と傘が、菌から守ってくれたのですね。

このときは嬉しかったですね~

来年は、安くて、使いやすい顆粒の「ベトファイター」を購入し、梅雨の時期に防除しなくてはと思いました。

消毒の回数や毒性

その後、気になったのは消毒の回数と毒性です。

オンリーワンチュアブルを調べてみると「テブコナゾール」という殺菌効果がある水和剤のようで、人間への毒性はないとの事。

ただ、このような長雨が続いたり、黒とう病と併用して使用すると、どうしても決められた回数(規定は3回)や濃度を上回ってしまいます

別のシャインマスカット農家の叔父に聞いてみると、農家では当たり前に規定回数を越えて消毒を行っているそうです。

そうしなければ、収穫できず、収入が得られないとのこと。専業農家さんは仕方がないのかもしれませんが、市販の果物って怖いんですね。

消毒で真白なぶどうの葉

特に今年は、長雨による晩腐病・べと病・灰色かび病の感染が、県内外のぶどう農家が被害を受け大きく報道されました。

どこのブドウ農園でも、ぶどう棚の葉が消毒薬で真っ白。

ぶどうの房自体は、袋がかかっているので消毒液をあびる回数は少ないとは思いますが、

絵の具の白を薄めてふりかけたくらいに真っ白な葉を見ると、恐ろしくなりました

消毒を中止

そこで、我が家のシャインマスカットは、ぶどうの袋かけが終わった時点で、一切の消毒をやめました。

殺菌剤といっても、口に入れるのですから怖いですよね。

その後、快晴の日が続き、べと病、黒とう病は発生したり収まったり。

そのたびに、病気にかかった枝葉はすべて切除。けっこうの枝葉をおとしましたが、仕方ありません。

害虫は、つかまえて駆除。こんな虫さんたちです↓

シャインマスカット害虫

これって、かなり暇でなければできない作業です。私は暇でもないんですけどね(笑)

消毒は、簡単でありがたいけど、我慢

収穫

我が家のシャインマスカット 収穫1
我が家のシャインマスカット

そして9月、無事収穫を迎えました。

どうです?小ぶりだけどおいしそうでしょう。

県外で暮らす娘たちにも送ることができました。

我が家のシャインマスカット 収穫2

晩腐病の被害がこのくらいで済んだのは、昨年の冬から黒とう病の防除と消毒をきちんと行ってきたからだと叔母に言われました。

確かに、薬剤は同じですものね。

収穫以降の手入れ・消毒予定表

収穫以降は、木を休ませ、手入れは放置。そのため、ブドウカシスバや、トラカミキリにやられました。とほほ。

駆除方法はこちら、しぶしぶ農薬を使いました。

になり、枯れ葉は拾ってすべてごみ袋に処分。翌年1月、剪定時に念のため、オンリーワンフロアブルで殺菌消毒。

ぶどう棚の柱や、壁、隣接する壁、土、エアコン外扇機の裏側も念入りに消毒をふりかけました。

今後の消毒予定をメモします。

シヤインマスカット消毒予定表

まとめ ぶどうの病気4.シャインマスカットの「晩腐病」「べと病」対処の記録/絶対にミイラ化させないぞ!!

晩腐病/べと病 対処方法
  • 梅雨時や長雨の年の6~7月、実が膨らむ時期は特に注意
  • 病変はすかさず切り取り、殺菌消毒後、すみやかに袋がけをすることで感染防止となり、多くの房を残せる
  • 梅雨時や長雨の年の6~7月、実が膨らむ時期は特に注意
  • 病変はすかさず切り取り、殺菌消毒後、すみやかに袋がけをすることで感染防止となり、多くの房を残せる
  • 殺菌剤は、黒とう病と同じオンリーワンチュアブル
  • 黒とう病防除をすることで、晩腐病、べと病対処も同時に行える

4年目のシャインマスカット栽培、我が家は、たった2~3坪のぶどう棚なのに、ぶどう農家って、ほんと大変なんだなぁと痛感した1年でした。

今年も、シャインマスカットの新芽がすくすく育っています。


手入れは大変だけど、皆さんも頑張って美味しいシャインマスカットを収穫してくださいね。それではまた。

タイトルとURLをコピーしました