ぶどうの消毒時期★シャインマスカット家庭栽培 消毒カレンダー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぶどうの消毒時期シャインマスカット

シャインマスカットを育てて6年目の筆者が、3軒のプロのぶどう農家のアドバイスをもとに「シャインマスカットの消毒時期」の貴重な知識や体験をまとめています。

ぶどうの消毒時期に特化した「家庭栽培用 消毒カレンダー」も作成。ぜひ参考にしてください。

シャインマスカットの育て方 年間カレンダーはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シャインマスカットの消毒時期★家庭栽培 消毒カレンダー

5年目シャインマスカットの収穫2
我が家のシャインマスカット 5年目

ぶどう栽培において、ぶどうの消毒時期はとても重要です。

消毒時期が少しでも遅れると、ぶどう棚全体に病気が感染し、その年の収穫が全滅することもあるからです。

シャインマスカットは「黒とう病」や「べと病」にかかりやすい品種です。特に「黒とう病」は非常に感染力が強く、かかってしまってからの特効薬はほとんどありません。

というのも、シャインマスカットの農薬は、予防薬として使うものばかりなので、治療薬として使うと効き目が弱いからです。

ですから、1年間のぶどうの消毒時期をきちんと把握し、病気にかかる前に、しっかり消毒・殺菌する必要があります。

でも、消毒したからといって、安心できません。

どんなに消毒していても、かならず、毎年、病変は見つかります。

病気にかかってしまった枝葉は、こまめに切りおとして、菌が舞わないよう必ずビニール袋に密閉して処分しましょう。

今からでもきっと間に合います。頑張って見事な房を収穫してくださいね。

我が家のシャインマスカット 黒とう病×奮闘記まとめ・消毒のコツはこちら↓

スポンサーリンク

シャインマスカット 年間消毒カレンダー

こちらは、シャインマスカットの消毒時期ごとの年間カレンダーです。

知りたい消毒時期、月をタップすると、詳しい消毒内容がわかります。

シャインマスカット年間消毒カレンダー
消毒時期消毒回数農薬
1月中旬~下旬の消毒◆殺菌消毒×1
(前年ひどかった場合)
◆オンリーワンフロアブル+
ベトファイター混合 
(黒とう病・べと病・さび病・晩腐病など)
3月下旬の消毒◆殺菌消毒×1
(前年ひどかった場合)
◆オンリーワンフロアブル+
ベトファイター混合 
(黒とう病・べと病・さび病・晩腐病など)
4月中旬の消毒
芽が出てきたころ
◆殺菌消毒×1◆オンリーワンフロアブル+
ベトファイター混合 
(黒とう病・べと病・さび病・晩腐病など)
5月の消毒
展葉9~10枚
開花直前
◆殺菌消毒×3◆オンリーワンフロアブル+
ベトファイター混合 
(黒とう病・べと病・さび病・晩腐病など)
6月の消毒
ジベレリンの合間に
袋掛け直前は念入りに
6月の消毒
◆殺菌消毒×3~4回
◆害虫駆除
(必要に応じて)
◆オンリーワンフロアブル+
ベトファイター混合 
(黒とう病・べと病・さび病・晩腐病など)
◆カメムシ駆除 
7月~8月の消毒7月~8月の消毒
●害虫駆除消毒1~2回
◆殺菌消毒×2~3回
(必要に応じて)
◆オンリーワンフロアブル+
ベトファイター混合 
(黒とう病・べと病・さび病・晩腐病など)
●カネマイトフロアブル(葉ダニ)
9月の消毒
収穫後
9月の消毒
◆殺菌消毒×1~2回
●害虫駆除消毒
(必要に応じて)
◆オンリーワンフロアブル+
ベトファイター混合 
(黒とう病・べと病・さび病・晩腐病など)
10月の消毒●害虫駆除消毒1~2回
(必要に応じて)
●スミチオン
(ブドウカシスバや、ぶどうトラカミキリ)

1月の消毒 (前年度にひどかった場合・皮削り後)

ぶどう 剪定
  • 前年度にぶどうの病気の感染がひどかった場合
    消毒時期 1月上旬~下旬
    殺菌消毒 1回
     使う農薬 混合 オンリーワンフロアブル+ベトファイタ
    →黒とう病・べと病・晩腐病・さび病などに
  • 皮削りをした後
    消毒時期 1月 皮削り後
    害虫駆除消毒1回
     使う農薬スミチオン
     →ドウガネブイブイ・コガネムシ系の幼虫卵に

前年度にぶどうの病気の感染がひどかった場合

前年度にぶどうの病気の感染がひどかった場合は、冬の剪定後すぐに消毒を行います。

寒い時期なので、菌はまだ眠っている時期ですが、枝やつるを綺麗に取り除いた後、念の為に、「オンリーワンフロアブル+ベトファイター」の混合で殺菌消毒を行います。

シャインマスカットの剪定方法は別ページで、1・2・3年目ごとに解り易く図で解説しています。

農薬の混合について

シャインマスカットの農薬は病気ごとに数種類ありますが、いちいち分けて消毒するのは面倒なので、農薬販売員の指導のもと、現在は農薬を混ぜて使用しています。

混ぜる農薬、実際に混ぜて使用している例は↓別ページで紹介しているので、参考にしてください。

粗皮削りをした後

シャインマスカット木の皮削り
ぶどうの粗皮削り

5~6年目のぶどうの場合、皮と皮の間に、害虫が卵を産んだり病原菌がはいこむので、粗皮削りを行います。削った後は、念のためスミチオンで消毒しましょう。

ぶどうの粗皮削りの方法は別ページで詳しく紹介しています。

3月の消毒

  • 消毒時期 3月下旬
  • 殺菌消毒 1回
    使う農薬 混合 オンリーワンフロアブル+ベトファイタ
    →黒とう病・べと病・晩腐病・さび病・晩腐病などに

3月下旬は少し暖かくなり、冬眠していたが目を覚ます時期です。

新芽が出る4月になる前に、黒とう病・晩腐病・べと病・さび病などの消毒を1回行います。

よく効いた消毒薬は「オンリーワンフロアブル」で、専門店に紹介されたものです。

我が家のシャインマスカットは、3年目の夏にひどい黒とう病にやられ、収穫量が半分以下に落ちました。

黒とう病は新芽を枯らすだけでなく、下の写真のような黒い斑点がついたブドウになって食べれません。

前年、黒とう病にかかった場合、怪しかった場合でも、ぶどう棚全体はもちろん、エアコンの外扇機の裏や、塀まで念入りに消毒しましょう。

黒とう病 2
黒とう病になったブドウの房

黒とう病・晩腐病の症状、消毒薬、希釈方法については別ページで詳しく解説しています。

黒とう病・べと病・晩腐病・さび病・晩腐病などの農薬

4月の消毒

  • 消毒時期 4月
  • 殺菌消毒 1回
    使う農薬 混合 オンリーワンフロアブル+ベトファイタ
    →黒とう病・べと病・晩腐病・さび病・晩腐病などに

4月になると、いよいよ萌芽が枝の節に沢山出てきます。芽が生えそろったら、予防のための消毒を1回行いましょう。

5月の消毒

ベトファイター 混合液
ベトファイターの散布
  • 消毒時期 5月
  • 殺菌消毒 3回
    使う農薬 混合 オンリーワンフロアブル+ベトファイタ
    →黒とう病・べと病・晩腐病・さび病・晩腐病などに

5月は「合計3回」の消毒を行います

JA農業組合防除カレンダーでは、「5月はべと病防除にもっとも重要な時期、散布開始が遅れないようにしましょう」と明記されています。

シャインマスカットにとって梅雨前は病気防除の大切な季節、消毒遅れは命取りになります。しっかり消毒を行いましょう。

下の写真は、我が家のシャインマスカットがベト病になった時のものです。べと病は長雨の多い年に多く発生します。

葉裏に真っ白いかびが生え、褐色の病斑を形成します。

べと病
べと病になった葉

ぶどうの粒も晩腐病と同じく、鉛色になってミイラ化し、せっかく大きく育たぶどうの粒も、腐ってぼとぼと落ちてしまいました。

晩腐病2
べと病・晩腐病になった実

5月になったら、しっかり散布を行いましょう。

こちらも「ベトファイター」と「オンリーワンフロアブル」の2薬を混ぜて散布しています。

べと病の農薬はこちら

べと病・晩腐病の防除対策、農薬の希釈方法、消毒の回数や毒性についてはこちらのページで詳しく解説しています。

6月の消毒

  • 消毒時期 6月 
  • 殺菌消毒 3回~4回 袋掛け直前
    使う農薬 混合 オンリーワンフロアブル+ベトファイター
    →黒とう病・べと病・晩腐病・さび病・晩腐病などに
  • 害虫駆除消毒 必要に応じて
    6月はカメムシの産卵時期です。

ジベレリンの合間に、天気予報を見ながらこまめに消毒

シャインマスカットは、6月は初旬から下旬にかけて「3~4回」の消毒を行います

ジベレリンの合間に行う消毒ですから、この時期は大忙しになります。

6月の梅雨時期は病原菌が広がりやすいので、消毒をうっかりしてしまうと命取りです。病気がひどいときは、必要に応じて薬剤散布を増やします。

プロのシャインマスカットの叔父には、1週間おきを目安に散布をするよう言われました。

でも、そんなに消毒をして大丈夫なのか。
農薬に記載してある「使用回数」を超えてしまっているけど?

という質問をしてみると、

梅雨時期は月の半分雨が降るため、農薬は雨に流され殺菌効果が薄れてしまうので心配いらないとの事。

6月の消毒時期の目安
  • 2~3日雨が降った後は、必ず消毒をする。
    (雨によって繁殖した菌を殺すため)
  • または、長雨が降る前に消毒をする
    (雨による菌の増殖を減らすため)

などを守ると、5月~6月はだいたい、週1回の消毒になるそうです。

天気予報と、ぶどうの葉の健康状態を見ながら、消毒の回数を調節すると良いですね。

シャインマスカット袋掛け
我が家のシャインマスカット 袋掛け

6月はカメムシの産卵時期

クサギカメムシ
クサギカメムシの幼虫

6月はカメムシの産卵時期です。

ぶどうの葉の裏に、卵を見つけたらすぐに切り取り、駆除しましょう。前年、カメムシが大量発生していた場合は、スミチオンで消毒すると効果的です。

シャインマスカットの害虫「クサギカメムシ」については別ページで詳しく紹介しています。

袋掛け直前の消毒は必須!!

袋掛け直前は念入りの消毒が必須です。

これを怠ると、袋の中に菌や胞子が入り込み、病気だらけの腐った房になってしまうからです。

収穫時に、袋を開けてがっかり・・・という事になりかねません。

今年の我が家の袋掛けは、消毒後すぐに雨が降ったので心配でした。

大失敗の経験から、この時期、ほんとうに神経を使います。

そこで、初めての試みとしてハンドスプレーボトルに消毒液をつくり、房だけを消毒殺菌

少しでも怪しく変色している粒や副穂は切除。

数時間後、乾いてから袋掛けをしました。

こうしておけば消毒回数が減りますし、袋の中も収穫まで安心です。

ぶどうの傘かけ・袋掛けの時期
は単純そうに見えて、非常に重要で、ぶどうの収穫量を左右します。詳しくは、別ページで紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

7月~8月の消毒

ドウガネブイブイの食害されたぶどうの葉
ドウガネブイブイに食害された葉
  • 消毒時期 7月~8月 
  • 害虫駆除消毒1~2回 必要に応じて
    ◆使う農薬 スミチオン
     →7月~8月はドウガネブイブイ・コガネムシの発生時期です
    ◆使う農薬 カネマイトフロアブル
     →7月~8月はハダニの発生時期です。
  • 殺菌消毒 2~3回 必要に応じて
    使う農薬 混合 オンリーワンフロアブル+ベトファイター
    →黒とう病・べと病・晩腐病・さび病・晩腐病などに

7月~8月は、害虫発生が多い月なので、害虫駆除の農薬散布を行います。

袋掛けが終われば、さほど神経質にならなくて良いですが、べと病・黒とう病などの病気が発生した場合などは、必要に応じて殺菌消毒をしましょう。

ドウガネブイブイ・コガネムシの駆除

コガネムシ トラップにかかったコガネムシ
トラップにかかったコガネムシ

7月になり暑くなるとドウガネブイブイ(カナブンにそっくり)や、コガネムシなどにぶどうの葉を食い荒らされます。見かけたら捕まえて駆除、スミチオンで消毒を行います。

消毒を抑えたい場合は、トラップを作って捕獲すると良いです。

ドウガネブイブイや、コガネムシのトラップの作り方や、捕獲方法は別ページで詳しく解説しています。

ハダニの駆除消毒

ブドウハモグリダニの被害 葉の表
ブドウハモグリダニの被害

暑くなると「ハダニ」が発生します。

ブドウハモグリダニは、上の写真のように、葉がぶつぶつしてくるのですぐに解ります。

被害が多くなると、ハダニに栄養をとられ、葉が枯れて落ち、果粒の肥大や着色も不良となり糖度があがらなくなります。

ぶどうサビダニの被害
ぶどうサビダニの被害

ぶどうの葉につく「ハダニ」に効く農薬は「カネマイトフロアブル」です。

前年度に発生した場合は、防除のため、梅雨が終わったらすぐに「ハダニ」駆除消毒を行いましょう。

「ハダニ の防除方法は、ぶどうの葉の病気?葉が枯れる・ぶつぶつするのは「ハダニ」の仕業だった!!で解説しています。

9月の消毒

  • 消毒時期 9月
  • 殺菌消毒 必要に応じて
    使う農薬 混合 オンリーワンフロアブル+ベトファイター
    →黒とう病・べと病・晩腐病・さび病・晩腐病などに
  • 害虫駆除消毒 必要に応じて

9月から10月は、さび病に注意です。

我が家のシャインマスカットは、5年目にしてはじめてやられました。

さび病消毒後の葉裏
さび病

ぶどうの葉に、黄色いサビた鉄粉のような「糸状菌(しじょうきん)」がいっぱい。

さび病は、直接ぶどうの実に被害を及ぼすことはありませんが、葉から葉へ伝染し早期に落葉してしまう、ぶどうの病気です。

落葉してしまうと栄養を蓄えられず、ブドウの果実の品質が落ちることはもちろん、枝ぶりも悪くなり、来年の収穫に影響するのですぐに消毒をしなければなりません。

この時期、収穫が終わったらすぐに、予防のために消毒を行うと良いですね。害虫消毒も必要に応じて行いましょう。

さび病に効くのは、黒とう病と同じ、オンリーワンフロアブルです。

詳しくは、ぶどうの病気「さび病」の薬剤と防除法で解説しています。

10月の消毒 

  • 消毒時期 9月~10月 
  • 害虫駆除消毒1~2回 
    使う農薬スミチオン
    →ブドウカシスバや、ぶどうトラカミキリ系に

秋にかけて暑くなると、チャノキイロアザミウマやカメムシなどの害虫が発生します。

こんなのがいたよ↓

シャインマスカット害虫

こちらは、8月にいた虫さんですが、消毒ではなくつまんで駆除しました。すきまなく袋掛けをしておけば、房への被害はほとんどありません。

ブドウトラカミキリの幼虫
ブドウトラカミキリの幼虫

10月以降に発生するブドウカシスバや、ぶどうトラカミキリは、柔らかい枝の中を食べ進んでしまうので、スミチオンでの消毒散布が必要です。

トップジンMを被害枝に塗る
トップジンペーストを塗る様子


太い枝まで食害された場合は、枝をほじって害虫を取り出し、傷ついた枝はトップジンペーストで補修作業をしなければなりません。

様子を見ながら、9月~10月は害虫駆除消毒を1~2回行うと良いですね。

我が家のシャインマスカットの害虫駆除・駆除のコツ・消毒の様子・枝の補修作業・動画等はこちらで紹介しています。

以上で、1年間のシャインマスカットの消毒時期の紹介は終了です。

このページで紹介した「シャインマスカットの農薬」について

プロのシャインマスカット3軒と、JAアグリの農薬担当に相談したところ、家庭菜園ではとりあえず、このページで紹介した5点でOKとの事。

プロが使う農薬はアール計算で容量も大きいので、家庭菜園用に容量が少ないものをチョイスしてもらいました。

今のところ下の5点で病害虫防除に十分に効き目があり、しっかり収穫もできています。

晩腐病・黒とう病・さび病・灰色かび病・うどんこ病などの消毒

農薬ぶどうの病気消毒効果
オンリーワンフロアブル
オンリーワンフロアブル
ぶどうの新芽 病気
ぶどうの病気 さび病
★殺菌・消毒効果があります
晩腐病・黒とう病・さび病・灰色かび病・うどんこ病
すす点病・褐斑病・白腐病

べと病・晩腐病の消毒

農薬ぶどうの病気消毒効果
べと病農薬 ベトファイター顆粒
ベトファイター
べと病1
晩腐病2
★殺菌・消毒効果があります
べと病・晩腐病

ハダニ類の消毒

農薬ぶどうの病気消毒効果
カネマイトフロアブル
カネマイトフロアブル
ぶどうの葉にぶつぶつ★病害虫類駆除
ハダニ類

害虫類駆除の消毒・殺菌剤

農薬ぶどうの病気消毒効果
スミチオン農薬とスポイト
スミチオン
ブドウトラカミキリの幼虫
ドウガネブイブイの食害されたぶどうの葉
クサギカメムシ 成虫
★害虫類駆除
ブドウスカシバ
ブドウトラカミキリ
カナブン・コガネムシ類
カメムシ
トップジンMとハケ
トップジンペースト
トップジンMを被害枝に塗る★病患部を削り取った後の傷口の殺菌保護被膜
スポンサーリンク

まとめ ぶどうの消毒時期★シャインマスカット家庭栽培 消毒カレンダー

シャインマスカット年間消毒カレンダー
消毒時期消毒回数農薬
1月中旬~下旬の消毒◆殺菌消毒×1
(前年ひどかった場合)
◆オンリーワンフロアブル+
ベトファイター混合 
(黒とう病・べと病・さび病・晩腐病など)
3月下旬の消毒◆殺菌消毒×1
(前年ひどかった場合)
◆オンリーワンフロアブル+
ベトファイター混合 
(黒とう病・べと病・さび病・晩腐病など)
4月中旬の消毒
芽が出てきたころ
◆殺菌消毒×1◆オンリーワンフロアブル+
ベトファイター混合 
(黒とう病・べと病・さび病・晩腐病など)
5月の消毒
展葉9~10枚
開花直前
◆殺菌消毒×3◆オンリーワンフロアブル+
ベトファイター混合 
(黒とう病・べと病・さび病・晩腐病など)
6月の消毒
ジベレリンの合間に
袋掛け直前は念入りに
6月の消毒
◆殺菌消毒×3~4回
◆害虫駆除
(必要に応じて)
◆オンリーワンフロアブル+
ベトファイター混合 
(黒とう病・べと病・さび病・晩腐病など)
◆カメムシ駆除 
7月~8月の消毒7月~8月の消毒
●害虫駆除消毒1~2回
◆殺菌消毒×2~3回
(必要に応じて)
◆オンリーワンフロアブル+
ベトファイター混合 
(黒とう病・べと病・さび病・晩腐病など)
●カネマイトフロアブル(葉ダニ)
9月の消毒
収穫後
9月の消毒
◆殺菌消毒×1~2回
●害虫駆除消毒
(必要に応じて)
◆オンリーワンフロアブル+
ベトファイター混合 
(黒とう病・べと病・さび病・晩腐病など)
10月の消毒●害虫駆除消毒1~2回
(必要に応じて)
●スミチオン
(ブドウカシスバや、ぶどうトラカミキリ)

参考文献 山梨県農研機構果樹研究所 住友化学園芸 神奈川農業技術センター JA農業組合防除カレンダー

タイトルとURLをコピーしました