スポンサーリンク

ぶどうの剪定方法/剪定時期/芽かき/摘心/誘引など1.2.3年目ごとに図で解説

シャインマスカットの剪定方法

今日は、家庭菜園でのぶどうの剪定方法についてお話します。専業農家から直伝されたシャインマスカットの剪定方法を図で解り易く解説しています(シャインマスカット以外でもOK)。基本やコツを守れば素人でも失敗することはまずありません。沢山の実を育てるためにもぜひ、剪定にチャレンジしてください。

ぶどうの剪定方法/剪定時期/芽かき/摘心/誘引など1.2.3年目ごとに図で解説

スポンサーリンク

当初、私はぶどうの剪定は絶対難しいと思っていて、なんと!!1年目2年目はほとんど剪定を行わなかったのです。

3年目の夏、ついににブドウの葉が入り乱れ「もじゃもじゃ」になってしまい、どこから手を付けてよいか解らなくなってしまいました。そこで、シャインマスカット果樹農家の叔父や叔母に来てもらいやっと剪定の仕方を教わる事にしたのです。

シャインマスカット1

実は我が家の親戚には「3軒」も果樹農家を営んでいてシャインマスカットなどを育てています。

困っていた私を見て、祖母が3軒に片っ端から声をかけたらしく、次々と叔父・叔母・いとこがやってきて剪定方法を教えてくれました。

ところが地域差がある為か、それぞれの家のやり方が違ってたいへん~ww
このブログでは、その中で家庭菜園にあった方法を「良いとこどりチョイス」して書き残していますので参考にして下さい。

初めに、素人の剪定の心構えとして言えるのは、

◆まずは、とにかくやってみる
◆基本さえ守れば、大丈夫
◆出荷するわけではないので、細かいことは気にしない。少しは木に負担をかけても大丈夫
◆失敗を恐れず、楽しむ

という事です。これは、果樹農園の「いとこ」に言われたこと。なるほどな~と、重い腰を上げて剪定をやってみる事にしたのです。

スポンサーリンク

始めの1歩 剪定の用語

剪定には、よく使われる用語があります。様々なサイトを見ても専門用語が使われていてさっぱり解らないと諦めないでください。よく使われる剪定用語を2つ紹介します。

摘心

新しく伸びてくる茎・枝を途中で摘み取ると、脇芽の成長を促し、実も大きくなると言われています。この摘み取り・切り取り作業を「摘心」といいます。「芯止」めともいいます。

芽かき

「芽かき」を行います。1つの場所に沢山芽が出ている時、副芽(ふくが)を取り除くことにより、梢の勢力をそろえてよい枝や実にすることができます。これを「芽かき」といいます。

この2つの用語は、後に具体的に出てきますので、とりあえず頭にとめておくほどで大丈夫です。それでは1年目から紹介しますね。

シャインマスカット1年目の剪定

スポンサーリンク

どんなぶどう棚にするのかイメージする

1年目のシャインマスカットの苗は、それほど大きな枝にはなりません。ですから剪定の出番はあまりありません。でも、将来どのような棚にするのかイメージして植える事は大切です。

シャインマスカット1年目

何も考えず我が家のように、ウジャウジャ伸ばしてしまうと後から大変なことになりますよね。自分の庭広さや畑の形状を考え、まずはどんな形のブドウ棚を作るか想定してみましょう。​

植えた1年目は、とにかく枝を伸ばしてみます。(剪定は翌年の1月に行うので、のばしたままでOK です)苗木にも寄りますが初年度は1~2mほどしか伸びません。

剪定後の3つの型

下の図は、主なブドウ棚の3つの型です。家庭菜園であれば「I型」「V型」がお勧めで狭い土地や細長い土地でもOKです。

I型H型V型
剪定の型

下の写真は叔父の果樹農園で「H型」を広くした「HW型」です。

WH型

最初に主枝を2股に分け、そこからさらに2股に90度に伸ばし綺麗なH型になっています。この整列された枝にブドウが房を付けるので、叔父いわく、うじゃうじゃ伸ばすより作業がしやすくなるそうです。

でも、叔母から言わせると「H型は余計なものをカットし整頓しなければならないので収穫量が減ってしまう」とのこと。

どっちがいいんだ~?(笑)

でも、H型は広い土地向けで主枝が8~9m、横幅が5~9mも必要。家庭菜園には不向きですね。広い土地がある場合はH型が良いですが、家庭菜園には基本的に「I型」「V型」が良いそうです。

シャインマスカット2年目の剪定

シャインマスカット2年目は、ぐんと主枝が伸びるので理想の型になるよう「芽かき」を中心に行います。

ぶどうの芽かき

4月中旬になると、萌芽が枝の節に沢山出てきます。1つの場所に沢山芽が出ている場合、梢の勢力をそろえてよい枝や実にする為に「芽かき」を行います。

芽かき1芽かき2
基本的に、勢いの良い芽を2つを残す芽の向きが上下のものは、枝が上下に伸びてしまう為、横むきのものや、伸ばしたい方向に生えたものをできるだけ残す。

芽かきを行う事で、育てたい枝に栄養を集中させます。

V型にしたい場合は、勢いの良い大きな枝が2本だけ残して剪定し、「芽かき」していきます。枝が多すぎると栄養が分散されてしまいます。

芽かきのコツ

「芽かき」で特に重要なのが、芽の向きです。上向きや下向きのものを生かしたし場合、伸びてから上下に勢いよく伸び、思ってもいない方向に伸びてしまい誘引に苦労します。

できるだけ、伸ばしたい方向(横方向)の芽を残すことが良いブドウ棚づくりのコツです。残す優先順位は、伸ばしたい方向に生えてきた横の芽>下の芽>上の芽です。

我が家の場合、限られた長方形の細長い土地なので、自然と「I型」となりました。「I型」どころかくねくね曲がった「へび型」といった方がいいかも(笑)

下の写真は、2年目、3年目の我が家のブドウ棚です。

2年目3年目
ブドウ棚2年目ブドウ棚3年目

シャインマスカット3年目の剪定

スポンサーリンク

ぶどうの剪定時期

3年目に入るといよいよ本格的な剪定「冬の剪定」を行います。春からは、2年目と同様の「芽かき」+「摘心」を行います。

家庭菜園の場合、次の3つの時期に行います。

1.冬の剪定・・・・1月末
2.春の剪定・・・・4月末「芽かき」
3.初夏の剪定・・・5月~「摘心」

冬の剪定方法 1月

ぶどう 剪定剪定後

冬の剪定は夏の間に長く伸びた枝をきり詰めます。農家では、すべてのブドウの葉が落ち寒い冬を迎えた1月末に「冬の剪定」がはじまります。

上の写真は親戚の農家が今年の1月30日に行った剪定の様子です。家庭菜園もこの時期に行いましょう。

ぶどう剪定/図解でコツを知る

剪定のコツを図解で紹介します。

枝には2年目の細い枝や3年目の古い枝があります。2年目の細い枝は図のように主枝から出ている「基定芽」を残して切ります。

3年目の太い枝は1芽目のしっかりとた芽を残して剪定するのが基本です。2年目のように基定芽で切ってしまうと、花穂(ブドウの実)が少なくなる傾向があるので注意が必要です。

2年目の若い枝3年目の太い枝
剪定の方法 2年目剪定の方法 3年目

私が初めて剪定した時は「こんなに切ってしまって大丈夫?」と、とても不安でした。

4月を迎え、自分が剪定した枝の部分から次々と萌芽が出た時は、自分のやり仕方が間違ってない事が再認識でき、とってもうれしかったです。

何年目の枝か解らない時は、念の為1芽目を残して切るとよいです。

春の剪定 芽かき

春になり芽が出たら2年目で説明した「芽かき」を行います。3年目なので脇枝もぐんぐん伸びるのでさらに「摘心」も必要です。

初夏の剪定 摘心

初夏になり葉が勢いよく伸びてきたら、先端の伸びを切って抑える「摘心」をします。「摘心」をする事で、脇芽の成長を促し頑丈な枝になり、実も大きく育ちます。

その頃には、1枝に1房ぶどうの房が実っているはずです。2房あった場合は、栄養を集中させるため1房切り落とします。

次に「摘心」

「摘心」の方法は、まず12枚目の葉の先端を切り落とします

次に下の図のように葉を6枚だけ残し剪定します。風通しがよくなりすべての葉が日に当たり、これで、葉と実に栄養がいきわたります。

摘心1摘心2

ブドウ棚が狭い場合は、もっと短く剪定しても大丈夫です。

◆実際に「摘心」をした後・・・

実際に摘心して感じたことですが・・・

摘心後、1カ月もすると切った場所や、他の葉の付け根から若い枝がどんどん出てきます。

これがまたうじゃうじゃと(笑)
初夏は枝の勢いが良い時期なんですね。

そこで、叔父に電話をして聞くと、
「葉を一枚残して切ってしまうと良いよ。」

との事で、切断。

最終的にやっはり、1枝に12枚の葉が残るということになります。
その後にもどんどん枝が生えてきますが、あまり勢いがないものはそのまま残しても良いそうです。

まとめ ぶどうの剪定方法/剪定時期/芽かき/摘心/誘引など1.2.3年目ごとに図で解説

我が家のぶどうの剪定は3年目から本格的に行いましたが、なんとか間に合った状態。1年目から型を決め計画的に行えば理想的な棚になったはずと反省しています。

特に、家庭菜園では「型決め」「芽かき」「摘心」の3つのコツを守れば、しっかりとしたブドウ棚になり、美味しい実がたくさん実ります。

4年目の我が家のブドウ棚はこちら。沢山房を付け、けっこういい感じです。

4年目ブドウ棚

最近ではちょっとした小さな庭でもブドウを育てている家庭を見かけます。夏の日避けにもなりますし、特にシャインマスカットは病気さえ気を付ければ育てやすく家庭菜園にはお勧めです。ぜひ皆さんもチャレンジしてみてくださいね。

摘粒(つぶ抜き)の仕方
ジベレリン処理(種なしぶどう)はこちらをご覧ください。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました