自動車保険会社から継続を引受拒否された場合の対処法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アロマと花 car車情報

 

自動車保険会社より引受拒否の連絡を受けて驚かれ、不安になっている方の為に「解決方法」をご案内しています。

実際に引受拒否を受けた方の事例も参考にしてください。

案内するのは、保険代理店・運輸局認証車検工場を営むオートディラーの「長嶋」です。自動車損害保険募集人資格の他、傷害・火災・生命保険募集資格を持つ保険のエキスパートです。50年の経験をもとに実際に起こった事故トラブルの解決方法を解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険会社から継続を「引受拒否」された場合の対処法

スポンサーリンク

引受拒否の原因

自動車保険会社が引受拒否するには、それ相応の理由があります

1.法令違反の事故を起こした

引受拒否で一番多いのが、飲酒運転やひき逃げなど悪質な事故をおこしてしまった場合です。次期継続は引き受けてくれません。(契約満了までの保険は効いています)

たとえ保険会社を変えても情報が共有されるので、どこも受けてもらえない可能性があります。

2.1年に何度も事故を起こした

1年間に何度も事故をおした人は「運転に何らかの問題がある人」と判断され、これからも事故を起こす可能性が高い理由から、継続時に「引受を拒否」されるケースが多いです。

事故の度合いにも寄りますが、事故数2~3カウントで「引受を拒否」の連絡を受けます。

3.1等級になってしまった

1等級になると、すべての保険会社で「引受拒否」と言われます。

自動車保険の仕組みは、等級制になっています。

初めは6等級からスタートし、無事故なら等級は20等級まで上り保険料も安くなります。

しかし、1度事故をおこすと3等級下がり保険料もぐんとUPしてしまいます。

3等級以下になってしまうと引受拒否の対象、ブラックリスト入りとなるわけです。

4.ノーカウント事故を繰り返す人

ロードサービス/無料レンタカー/ファミリーバイクなど、事故にカウントされないサービスを繰り返し使った場合、継続時の「引受を拒否」されることがあります。

5.保険料の未払い

保険料を3カ月未払いにすると引受を拒否され、その日から解除される場合があります。

交渉次第で、引受け可能の場合もある

人身傷害保険

次の場合は交渉次第で引き受けてくれる可能性があります。

あきらめずに、代理店または保険担当者に相談してみましょう。

1.どれも軽微な事故だった場合

どれも軽微な事故だった場合は、引受拒否を撤回してくれる可能性があります。

2.1度目と、2度目の事故の運転者が異なる場合

契約者が何度も起こした事故でなく、1度目と、2度目の事故の運転者が異なる場合は、引受ける可能性があります。

例えば

 (例)母親が契約者
 ➡母親が1度目の事故をおこした
 ➡2度目の事故は同じ車で息子が起こした

上記の場合、運転者が別の人物なので、条件付きで引き受けてくれる可能性が高いです。

 保険会社が引受ける条件

・母親の本人限定をつける

・対人対物の保障額を下げる
・免責をつける

(ただし大きな賠償金事故だった場合、拒否されてしまうことがあります)

◆本人限定とは
契約者本人が事故を起こしたときしか保険が支払われないという契約条件

◆免責とは
例えば対物に免責10万円を付けた場合・・・事故でガードレールにぶつかって30万円の請求をされた時、保険会社は20万しか支払わず免責10万円は契約者本人が実費で払わなければならないという自己負担金。

実際に、引受拒否された場合の対処例

保険会社が「引受拒否」をする場合、

・直接契約者に引受拒否の電話をする
・代理店から連絡がくる
・継続拒否通知が送られてくる

のどれかです。継続の1~2カ月前に連絡があります。

電話の内容はこんな感じ。

「事故が多く来期のあなたの自動車保険を当社でお引受けする事は難しくなりました。他社を探してください」

という具合です。

このように保険会社から引受拒否の連絡があったら、すぐに加入した「代理店」に相談することが大切です。

では当社のお客様で、実際に自動車保険を拒否された3人の事例と対処例を紹介します。

Aさんの場合 軽微な事故×3

スマホを持つ女性

事故内容

◆契約者Aさん 18歳 女性 保険会社A 20等級
◆3度の物損事故

3つの事故は、どれも「人身事故」ではなく軽微な「物損事故」でした。

3回目の事故は、保険を使わない自損事故なので、実質2回保険しか使ってない事になります。

軽微な2カウントの事故での引受け拒否は、当社のお客様の中で前例がなく私も驚きました。

事故内容

Aさんの詳しい事故内容はこちら

 1度目の事故➡保険を使った

 対物事故 運転操作を誤り、他人の家のエアコンの外扇機を壊した。
 保険使用・・外扇機修理代 20万円
自分の車は実費で修理
 2度目の事故➡保険を使った

 対物事故 バックしたら停車中の車にぶつけた
 保険使用・・相手の車の修理代12万円
自分の車は実費で修理
 3度目の事故➡保険は使わず、報告だけ

 自損事故 自宅の石垣に車体をこすった
 保険は使わず直していない

対処内容

高校を卒業されて就職1年目の彼女。

慣れない運転と通勤で、1年に何度も事故を起こしてしまったようです。

Aさんは当分、仕事に自転車で通うと、運転の未熟さをかなり反省されていたので、代理店主の私は、保険会社Aに抗議をしてみる事にしました。

◆抗議のポイント

・事故は2回とも、人身事故でなく軽微な「物損事故」だった事
・3回目の事故は自宅の石垣での自損事故。保険は使ってない

などを、強調して抗議。

抗議の結果

抗議してから1週間後、無事「引受」できるお返事をいただきました

保険会社の引受けの決め手は、以下の通りです。

 引受の決め手

◆2回の事故が軽微だったこと。

◆3回目の事故日が継続日に近く、保険を使わないのに3回目の事故としてカウントされた

似たようなケースの方がいましたら、保険会社に抗議/交渉してみてください。代理店も相談に乗ってくれるはずです。

Bさんの場合 飲酒事故➡他社で引受

交通事故2

事故内容

◆契約者Bさん 25歳 女性 保険会社A 20等級
◆Bさんの夫が飲酒運転で人身+物損事故

自動車保険引受け拒否の原因は、Bさんの夫が起こした「飲酒運転」でした。

休暇中の旦那様が飲酒運転をしたうえBさんの車で、交差点で人身事故を起こしたそうです。

相手の車は女性が2人乗っていて大きな怪我はなかったものの車はかなり壊れたそうです。

 保険会社が支払った額

・車の損害58万円
・相手の治療費 40万円

対処内容

Bさんはアパレル店舗の店員指導係をされていて、車でよく県外出張に行く為、車は必需品です。

どうにか継続にできないかと相談され、保険会社に思いきって交渉してみる事にしました。

自動車保険の引受けを断られた場合、他社を当たっても引き受ける保険会社はまずないので、交渉をする事が一番の解決策だと思ったからです。

 ◆交渉のポイント

・保険契約者のBさん自身が、おこした事故ではない
・事故を起こしたのは、旦那さん。
・Bさんは飲酒運転をしていない。
Bさんの「本人限定」をつける

交渉の結果

契約者のBさんが起こした事故でないのにもかかわらず、残念ながら引受は拒否されました。

Bさんの「本人限定」をつけるという条件もダメ。

それほど「飲酒運転」を起こした車の引受けは厳しいと解りました。

その後、あちこちの損保会社に問い合わせましたが、やはり飲酒運転の事故物件を引き受けてくれる自動車保険会社はありませんでした

ベージュの車 キャンプ

引受け会社を探す

あきらめかけたころ、唯一、引き受けてくれる保険会社が現れました。「J○自動車共済」です。

Bさんのご両親は農家をされていて「J○自動車共済」の組合員です。

大きな声では言えないそうですが「J○自動車共済」は組合員に限り、継続拒否された事故物件を引き受けるとの事でした。

組合員以外は、事故から1年以上経たないと引き受けないそうです。

また、Bさんの場合「20等級」と等級が高かった事も引き受けの要因になったようです。

地域によって異なると思いますが、困っている方はぜひ「J○自動車共済」に問い合わせてみましょう、

ちなみに農家以外の方が組合員になるには、「J○自動車共済」に口座を作り1,000円入金するだけですぐに組合員になれるようです。

Cさんの場合 居眠り運転×3

車の事故

事故内容

◆契約者 Cさん 20代男性 保険会社F 10等級
◆家族事故1 本人居眠り事故×2

この方は当社のお客様ではありませんが、1年間に3回目の事故をおこし相談にいらした方です。

引受け拒否」を免れる「裏ワザ」がないか?と、しつこく聞かれましたので、よく覚えています。

「今回の事故で保険を使うと1等級になり保険を引き受けられなくなる」と言われたとの事

 1年間の事故内容
◆1回目 奥様 対物 40万円
◆2回目 Cさん いねむり 対物 20万円
◆3回目 Cさん いねむり 対物 60万円/自分の車の損害40万

大切なお客様なのでひどく言いたくないのですが、何度も居眠り事故を起こす人は運転をするべきではないですよね。

ご自身に怪我がなくて幸いでしたし、人身事故にならなくて本当に良かったです。

対処内容

さすがに1等級では、どこの保険会社も引き受けません。JA共済でも無理でしょう。

結局、Cさんは保険は使わずに実費で車を修理したので4等級どまりになり継続可能となりました。

保険料

しかし、
◆対物金額が高額で自分で支払えない場合や
◆相手に重度の障害を負わせた場合

などは、どうしても保険を使わなければならず、1等級になってしまいます。

営業マンバツ

1等級になると、

◆今加入している保険会社から継続の引受拒否
◆他社でも引受拒否

となりますので「無保険」で車に乗ることになりかねません。

それだけは、どうしても阻止したいもの。

では、1等級で引受拒否になった場合、とうすれば自動車保険に加入することが出来るのでしょうか。

Cさんとのやり取りを、書き留めますので参考にしてくださいね。

引受拒否を免れる裏ワザはある?

裏ワザ

Cさんは、3回目の事故を実費で支払うと100万円もかかるので、どうしても保険を使いたい。

でも保険を使うと1等級になり、次回の継続を拒否されてしまいます。そこで・・・引受拒否を免れる裏ワザを知りたいと泣きついてきたのです。

CさんとのQ&Aを書いておきます。

1.車の登録ナンバーを変えたら、他の保険会社で新規で加入できますか?

全国の損保会社および共済は連携して等級を「車体番号」で管理しているので無理です。事故を起こしたことがすぐにバレて引き受けてくれません。
2.今の車を廃車にして、新しい車を購入すれば新規の6等級で入れますよねえ。

いいえ、1等級の車を廃車にして保険を解約しても「1等級の保険履歴」が残ります。他社で事故を隠して偽って入ってもすぐにバレます。解約日から「13か月間」は1等級が引き継がれます。新しく購入した車は1級の保険に加入しなければなりません。「13カ月」を過ぎれば、新しい車は6等級新規で引き受けてくれます。ちなみに、同居のご家族が新しい車を購入しても1等級になってしまいます。

同居の息子さんが免許を取って新しく車を購入したから保険に加入する際は1等級から入る事になるので注意が必要です。

3.廃車にせず、2台目の新しい車を「増車」して2台目の保険に加入すれば6等級から入れますか?

はい。もちろんそれなら正当の方法なのでどこの保険会社も引き受けてくれます。
4.「嫁の実家名義」にして新規で入り直すことはできますか?

奥さまの実家の方が乗られるのなら、奥さまの実家名義で6等級新規で保険加入はできます。しかし、その車にあなたが乗られても保険はおりないですよ。大きな事故がおきると調査が入りますから、あなたがその車のオーナーだったことは解ってしまいますからね。悪いことはできません。

1等級でも引き受けてもらうには

黄色いスポーツカー

Cさんとの会話で解るように、1等級になると、どこの保険会社でもよほどの事がない限り引受拒否となります。引き受けてもらうには、

1.まずは、交渉をする

・事故を起こした人が乗れないように限定特約を付ける
・対人対物の保障金額を下げる
・免責を付ける

などの、条件付で引き受けてくれる場合もあるので、現在加入されている自動車損害保険会社にお願いしてみましょう。

2.ダメなら2台目を購入

もしダメな場合は、すぐに2台目の車を購入して新規で保険に加入するしかないようです。

この場合、1台目の車が満期になる前に加入しなければ、同じ1等級になってしまい意味がありません。

自転車や徒歩に切り替えよう

とはいうものの、1等級になるほどの事故を起こされる方は、運転にむいてないのかもしれません。これ以上他人に迷惑をかけてもいけません。

反省の意味も込めて、車に乗らないほうが良いかもしれませんね。

1等級の自動車保険料は軽自動車でも1カ月2万円以上します。

節約の為にも思い切って、13カ月間は「自転車や徒歩」に切り替えてみたらいかがですか?ご自身の健康の為にも良いと思います。

まとめ 自動車保険会社から継続を「引受拒否」された場合の対処法

後日談ですが、結局Cさんは当社で「2台目の車」を購入し、新規6等級で自動車保険に加入しました。

つまり1か月間、2台分の保険料を支払っていたという事です。

翌月、1台目(事故車)を買取業者に売って、1等級になるはずの保険を解約したそうです。

「なんだかな~」という感じですが、これも合法なので仕方ありません。2台目の車購入にもお金がかかりましたし、きっとこれに懲りて、安全運転を心がけるでしょう。

これを読んでくださっている皆様も、安全運転で素敵なカーライフを取り戻してください。お役に立ちそうなサイトを貼っておきます。

新規自動車保険見積もりは★一番安い自動車保険がわかるインズウェイブ
事故車高額買取は、★どんな車も高価買取!カーネクスト

自動車保険会社より継続を引受拒否された場合の対処法
・まずは、代理店に相談しよう
・保険を使わなかった事故回数もカウントされてないかチェック
・飲酒運転の事故は1発アウト
・等級が高ければ引き受けてくれる保険会社もある
・すぐにバレて保険がおりないので小細工/不正はやめよう
・1等級・・・条件付きで引き受けてくれる場合もある
・2台目を購入する
タイトルとURLをコピーしました