スポンサーリンク

自動車保険会社より継続を拒否された場合の解決方法

自動車保険会社より継続拒否の連絡を受けて驚かれ、不安になっている方の為に解決方法をご案内しています。実際に継続拒否を受けた方の事例も参考にしてください。

スポンサーリンク

自動車保険会社より継続を拒否された場合の原因

法令違反

自動車保険会社が継続拒否するには、それ相応の理由があります。特に飲酒運転やひき逃げなど悪質な事故をおこしてしまった場合は次期継続は引き受けてくれません。(契約満了までの保険は効いています)

たとえ保険会社を変えても情報が共有され、どこも受けてもらえない可能性があります。

引き受け可能になった特殊な事例解決策Bさんをご覧ください。

1年に2度以上事故を起こした

1年間に何度も事故をおこす人は継続を拒否される場合が多いです。運転に何らかの問題があると考えられ、これからも事故を起こす可能性が高いというのが理由です。

しかし次の方は交渉次第で引き受けてくれる可能性がありますので、代理店または保険担当者に相談してみましょう。

◆どれも軽微な事故だった場合 (事例)解決策Aさん
◆事故を起こした運転者が異なる人物
母親が契約
➡母親が1度目の事故をおこした
➡2度目の事故は同じ車で息子が起こした

上記の場合、運転者が別なので

母親の「本人限定をつける」
「対人対物の保障額を下げる」
「免責をつける」

など、条件付きで引き受けてくれる可能性が高いです。

ただし大きな補償金が発生した事故の場合、引き受けを拒否されてしまう可能性が高いです。

◆本人限定とは
契約者本人が事故を起こしたときしか保険が支払われないという契約条件
◆免責とは
例えば対物に免責10万円を付けた場合・・・事故でガードレールにぶつかって30万円の請求をされた時、保険会社は20万しか支払わず免責10万円は契約者本人が実費で払わなければならないという自己負担金。

3等級以下になってしまった

自動車保険は6等級からスタートし無事故なら等級は年々上がっていきますが、1度事故をおこすと3等級下がってしまいます。

この等級が3等級以下になってしまうと、事故をおこしやすい人として継続を拒否される場合が多いです。

こうなった場合、やはり上記と同じく免責をつけて引き受けてもらう交渉をするしかありません。代理店または保険担当者に相談してみましょう。

詳しい等級の仕組みはこちらをご覧ください。

ノーカウント事故を繰り返しおこした

ロードサービス/無料レンタカー/ファミリーバイクなど、事故にカウントされないサービスを繰り返し使っても継続を拒否される場合があります。

保険料の未払い

保険料を3カ月未払いにすると継続を拒否され、その日から解除される場合があります。

では実際に自動車保険を拒否された3人の方の事例と対処法を紹介します。保険会社から拒否通知を受けた方はぜひ参考にしてください。

自動車保険会社より継続を拒否された場合の解決方法

解決方法 Aさんの場合

スマホを持つ女性

◆Aさん 18歳 女性 保険会社A 20等級
保険会社よりAさんに直接「継続拒否/断り」の電話がかかってきたのは、継続時期の二カ月前。

「事故が多く来期のあなたの自動車保険を当社で引き受けをする事は難しい。他社を探してください」という内容だったそうです。

事故カウント数を確認しよう

調べたところ、Aさんはどの事故も人身事故ではなく軽微な対物事故でした。3回目の事故は、保険を使わず実費でなおしていたので、実質2回保険を使ったという事になります。

軽微な2カウントの事故での引き受け拒否は初めてで、前例のないことでした。

1度目
対物事故 細い道で運転操作を誤り、他人の家のエアコンの外扇機を壊してしまった。
(外扇機修理代 20万円ほど 自分の車は実費で直した)

2度目
対物事故 バックしたら停車中の車にぶつけた
(相手の車の修理代 12万円ほど 自分の車は実費で直した)

3度目
自損事故 自宅の石垣に車体をこすった
(保険は使わず実費で直した)

抗議・交渉してみる

高校を卒業されて就職1年目の彼女。慣れない運転と通勤で、1年に何度も事故を起こしてしまったようです。若くて真面目な彼女は、3回目の事故は保険を使わないのに、律儀に保険会社に報告をしたので、事故としてカウントされてしまったのかもしれません。

Aさんは、運転の未熟さをかなり反省されていて車に乗るのは日曜日だけ。当分仕事は自転車で通うとの事でしたので、代理店主でもあった私は、保険会社Aに抗議をしてみる事にしました。

保険会社Aは、「3回目は使ってなかったのですね~。検討してみます」
との回答で1週間後、無事「継続」できるお返事をいただきました。

引き受けの要因は、2回の事故が軽微だったこと。3回目の事故日が継続日に近かったので、「保険を使わない」というAさんからの情報がうまく機械に反映されてなかった事もあったようです。

似たようなケースの方がいらっしゃいましたら、保険会社に抗議/交渉してみてください。代理店も相談に乗ってくれるはずです。

解決策 Bさんの場合

◆Bさん 25歳 女性 保険会社A 20等級

Bさんは「1回の事故」で完璧に拒否され、継続できなかったケースですが他社で引き受けてもらった例です。

この時は、代理店主の私に直接、保険会社から電話がかかってきました。「継続不可/拒否」のむねをお客様に伝えて欲しいとのこと、これは他人事ながら、かなりショックな出来事でした。

夫の飲酒運転が原因

自動車保険引受け拒否の原因は、Bさんの夫が起こした飲酒運転でした。休暇中の旦那様がBさんの車で飲酒運転をしたうえ、交差点で人身事故を起こしたそうです。相手の車は女性が2人乗っていて大きな怪我はなかったものの車はかなり壊れたそうです。

車の損害は58万円
相手の治療費 40万円

「契約者でない者」が起こした事故を強調

Bさんはアパレル店舗の店員指導係をされていて、車でよく県外出張に行く為、車は必需品です。

どうにか継続にならないかと相談され、保険会社に思いきって交渉してみる事にしました。

自動車保険の継続を断られた場合、他社を当たっても引き受ける保険会社はまずないので、交渉をする事が一番の解決策だと思ったからです。

・保険契約者のBさんが、おこした事故ではない
・事故を起こしたのは、旦那さん。
・Bさんは飲酒運転をしていない。

という事を強調しましたが、残念ながらだめでした。

飲酒運転をした旦那様が今後乗れないように、Bさんの「本人限定」をつけるという条件もダメで、結局、A社で保険継続することは叶いませんでした。

拒否物件を唯一引き受けてくれた保険会社

その後、あちこちの損保会社に問い合わせましたが、やはり飲酒運転の事故物件を引き受けてくれる自動車保険会社はありませんでした。

あきらめかけたころ、唯一、拒否物件を引き受けてくれ保険会社が現れました。「J○自動車共済」です。

Bさんのご両親は農家をされていて「J○自動車共済」の組合員です。大きな声では言えないと言っていましたが「J○自動車共済」は組合員に限り、継続拒否された事故物件を引き受けるとの事でした。組合員以外は、事故から1年以上経たないと引き受けないそうです。

また、Bさんの場合「20等級」と等級が高かった事も引き受けの要因になったようです。

地域によって異なると思いますが、困っている方はぜひ「J○自動車共済」に問い合わせてみましょう、

ちなみに農家以外の方が組合員になるには、「J○自動車共済」に口座を作り1,000円入金するだけで組合員になれるようです。

解決策 Cさんの場合

◆20代 男性 保険会社F 10等級

この方は1年に3回事故をおこし、当社にご相談にいらした方です。保険引き受け拒否を免れる様々な裏ワザがないかを聞かれましたので、よく覚えています。

あってはならない居眠り運転

1年以内の事故概要
1回目 奥様 対物 40万円
2回目 Cさん いねむり 対物 20万円
3回目 Cさん いねむり 対物 60万円/自分の車の損害40万

大切なお客様なのできつい言い方はしたくないのですが何度も居眠りをするなんて、ご自身はもとより人身事故にならなくて本当に良かったです。個人的見解で申し訳ありませんが、最近子供を巻き込む事故が多いです。いねむりで子供を引いてしまったらどうするの?と本当に腹が立ちました。

自動車保険「等級」の仕組みを知ろう

Cさんの事故ですが、1度目は奥様、2度目はご自身の居眠り運転ですでに2度保険を使っていました。その為、来期継続は4等級になると言われていたそうです。

ところが3度目の事故を起こしてしまったのです。

「今回の事故で保険を使うと1等級になり保険をお引き受けできません」と言われたとの事でした。

さすがに1等級では、どこの保険会社も引き受けません。JA共済でも無理でしょう。

等級の仕組み

自動車保険は、新規加入で6等級から始まります。
1年間事故がなく、保険を使わないと1等級UPして7等級になります。
等級が高いほど割引率が高くなり、最高60%割引まで保険料が安くなります。
逆に、事故をおこすと一気に3等級下がり、割増料金となります。

自動車保険の継続拒否を免れたい!!

Cさんは、3回目の事故を実費で支払うと100万円もかかるので、どうしても保険を使いたい。でも保険を使うと次回の継続を拒否されてしまいます。そこで・・・継続拒否を免れる裏ワザを知りたいCさんとのQ&Aを書いておきます。

◆車の登録ナンバーを変えたら、他の保険会社で新規ではいれますか?
全国の損保会社および共済は連携して等級を「車体番号」で管理しているので無理です。事故を起こしたことがすぐにバレて引き受けてくれません。

◆今の車を廃車にして、新しい車を購入すれば新規の6等級で入れますよねえ。
いいえ、1等級の車を廃車にして保険を解約しても「1等級の保険履歴」が残ります。他社で事故を隠して偽って入ってもすぐにバレます。解約日から「13か月間」は1等級が引き継がれます。新しく購入した車は1級の保険に加入しなければなりません。「13カ月」を過ぎれば、新しい車は6等級新規で引き受けてくれます。

ちなみに、同居のご家族が新しい車を購入しても1等級になってしまいます。同居の息子さんが免許を取って新しく車を購入したから保険に加入する際は1等級から入る事になるので注意が必要です。

◆廃車にせず、2台目の新しい車を増車して2台目の保険に加入すれば6等級から入れますか?
はい。もちろんそれなら正当の方法なのでどこの保険会社も引き受けてくれます。

◆「嫁の実家名義」にして新規で入り直すことはできますか?
奥さまの実家の方が乗られるのなら、奥さまの実家名義で6等級新規で保険加入はできます。しかし、その車にあなたが乗られても保険はおりないですよ。大きな事故がおきると調査が入りますから、あなたがその車のオーナーだったことは解ってしまいますからね。悪いことはできません。

1等級でも引き受けてもらうには

さすがに1等級で引き受ける自動車保険会社はほぼありません。結局、Cさんは保険は使わずに実費で車を修理したので4等級どまりになり継続可能となりました。

しかし、対物金額が高額だったり相手に重度の障害を負わせたなど、どうしても保険を使わなければならなかった場合、1等級になってしまいます。

1等級でどうしても保険を引き受けてもらいたい場合

・事故を起こした人以外の限定特約を付ける(事故を起こした人は保険がおりない/乗れない)
・対人対物の保障金額を下げる
・免責を付ける

など、条件付で引き受けてくれる場合もあるので、現在加入されている自動車損害保険会社にお願いしてみましょう。

とはいうものの、1等級になるほどの事故を起こされる方は、運転にむいてないのかもしれません。これ以上他人に迷惑をかけてもいけません。反省の意味も込めて、車に乗らないほうが良いかもしれませんね。

1等級の自動車保険料は軽自動車でも1カ月2万円以上します。節約の為にも思い切って、13カ月間は「自転車や徒歩」に切り替えてみたらいかがですか?ご自身の健康の為にも良いと思います。

まとめ

自動車保険会社より継続を拒否された場合の解決方法
・まずは、代理店に相談しよう
・保険を使わなかった事故回数もカウントされてないかチェック
・飲酒運転の事故は1発アウト
・等級が高ければ引き受けてくれる保険会社もある
・すぐにバレて保険がおりないので小細工/不正はやめよう
・1等級・・・条件付きで引き受けてくれる場合もある
タイトルとURLをコピーしました