事故時の解約金も安心!!「任意保険込み」のカーリースを紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク
任意保険込みのカーリースを紹介 car車情報

リース車で事故を起こした場合、一般的な「任意保険」だけでは十分な補償が受けられないのをご存じですか?

このページでは、万が一事故で全損した場合でも中途解約料が保障される「任意保険料込みのカーリース」を紹介しています。

万が一の時も自己負担なしで安心できる「任意保険込カーリース」に加入し、安心安全なカーライフを送りましょう。

案内するのは、保険代理店・運輸局認証車検工場を営むオートディラーの「長嶋」です。50年の経験をもとに実際に起こった事故トラブルの解決方法を解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事故時の解約金も安心!!「任意保険込み」のカーリースを紹介

カーリースに、任意保険はついているの?

カーリースには、「任意保険込み」のタイプと、自分で加入するタイプがあります。

ただし、任意保険を「自賠責保険」と勘違いする人がいるので、ちょっとおさらいしておきましょう。

自動車保険には、「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があります。

「自賠責保険」は、国の強制保険「車検時」に必ず加入する決まりがあります。

対して「任意保険」は任意で加入する自動車保険です。

つまり「車検」込みのカーリースであれば「自賠責保険」が付いていますが、「任意保険」はついているとは限りません

「任意保険料込のカーリース」を扱うのは一部のリース会社だけで、ほとんどのリース車は自分で任意保険に加入しなければなりません。

スポンサーリンク

リース車に任意保険をつけるメリットと注意点

車と女性

では、リース車に任意保険は必要なのでしょうか。

自分で任意保険を契約する場合のメリットと注意点も併せてお話ししていきます。

1.「自賠責保険」の不足分を補える

任意保険は「自賠責保険」の不足分を補うために、任意で加入する自動車保険です。

「自賠責保険」は対人賠償に限られ、補償額も低く最低限の補償しか補償されません。

対して「任意保険」は対人・対物・人身傷害・車両といった幅広い補償が受けられるので、リース車に限らず、公道を走る車のほとんどが「任意保険」に加入しています。

万が一の事故に備えて、きちんと任意保険に加入する事で、自分自身の財産も守る事になるのです。

「任意保険」と「自賠責保険」の違いは別ページで詳しく紹介しています。参考にしてください。

2.ぶつけたら「車両保険」で原状回復できる

リース車はあくまでも借りている車なので、リース終了後、契約者が原状回復してリース会社に返却しなければなりません。

リース車をぶつけて凹ませてしまった場合、任意保険に「車両保険」を付帯させることで修理代を賄うことができます。

3.リースカー特約を付けよう

ただし、全損になってやむを得ずリース契約を中途解約する場合、残りのリース料、残価などの解約金を一括でリース会社に清算せねばなりません。

しかし「車両保険」では、中途解約金までは保障されない為、差額を実費で支払うことになり、契約者の経済的負担が大きくなってしまいます。

リース車の場合、「車両保険」の補償だけでは、十分でないという事ですね。

このようなリース車のリスクを補うため、任意保険には「リースカー特約」をつけることができます。

任意保険に付帯できる「リースカー特約」は、次の2つです。

  • 1.「リースカー車両費用特約」
  • 2.「リースカー修理費優先支払い特約」

1.「リースカー車両費用特約」

「リースカー車両費用特約」は、事故により契約しているリース車が、全損、盗難などになったとき、損害額や中途解約費用を全額保障する特約です。

2.「リースカー修理費優先支払い特約」

「リースカー修理費優先支払い特約」は、事故をおこし、リース車の修理費が中途解約費用を上回ってしまう場合、20万円を限度に修理費を優先してが支払われる特約です。

このようにリースカー特約は、リース車特有のリスクに対応できますが、一般的な任意保険より保険料が高額になる難点があります。

「任意保険料込カーリース」なら安心

車と女性

月々支払う保険料に無駄がない

一部のリース会社には、リース契約と任意保険がセットになってお得な「任意保険料込カーリース」を用意しているところがあります。

リース社が扱う「任意保険料込リース」は、月々支払う保険料に無駄がないことが特徴です。

「中途解約金」は、リース契約期間が経過すると減額していきます。

「任意保険料込リース」は、この減額する中途解約金にあわせて、車両保険金額や全損時の支払い限度額を設定するので、月々支払う保険料に無駄がなくリーズナブルに利用できるのです。

中途解約金や盗難解約金も補償

自動車保険

この「任意保険料込リース」は車両費用保険特約付きなので、一般的な任意保険の補償に加えて、キズや凹みはもちろん、全損時の中途解約金や、盗難時の解約金も補償されます。

契約時に、任意保険料込みで毎月のリース料を設定できるので、後で任意保険に加入した場合と比べて計画的に毎月のリース価格設定ができます

リース後に自分で「任意保険」に入ったら、高い保険料で驚いた!!なんてお客様もいます。

「任意保険料込カーリース」なら最初からセットで簡単、毎月の予定支払額をオーバーして家計を圧迫する心配はありません。

中途解約金等の、リース車ならではのリスクを熟知し対応してくれるので安心して契約できますね。

「任意保険料込カーリース」を扱うリース会社は?

任意保険込みのカーリース

現在のところ、「任意保険料込カーリース」を扱っているのは、次の3社だけです。

3社とも、大手損保会社と提携した、独自の「リースカー専用任意保険」を提供しています。

車両費用保険特約を付帯、全損事故時および盗難時の中途解約金は任意保険から支払われ、自己負担で弁償する必要はありません

トヨタKINTO 


KINTOの場合、年齢・等級に関係ない固定料金の為、万が一事故で保険を使用しても、月額利用料は変わらないメリットもあります。

誰でも、いつでも同じ金額でリーズナブルにカーライフを楽しむことができる為、任意保険料が高額で車離れしている若年齢層、保険料が高くなる60代からの高齢者、運転に自信がない方には特にお得に設計されています。

カーリース名KINTO
リースの特徴・トヨタディーラー
・トヨタの新車に頭金なし+定額で乗れる
・残価設定なし
・任意保険込リース(事故を起こしてもリース料金は変わらない)
引受自動車保険会社提携 東京海上日動火災保険
補償内容中途解約金保障付 カーリース専用任意保険
◆対人 無制限
◆対物 無制限
◆人身傷害 5,000万
◆車両保険 契約時規定額
免責5万円(付加税)2回目事故以降も同じ
◆リースカー車両費用保険特約付き
全損時の中途解約金リースカー車両費用保険特約を付帯しているため、全損事故時および盗難時のリース規定損害金は任意保険でカバーします(=自己負担なし)
等級の引継ぎ不可
保険料リース料込み
公式HPKINTO公式ホームページ

全損事故または盗難の場合、リースカー車両費用保険特約を付帯しているため、リース規定損害金はKINTO付帯の自動車保険(任意保険)にてカバーされますのでお客様の負担は発生しません。KINTOのご契約は中途解約となりますが中途解約金は発生しません。事故、盗難に伴いKINTO付帯の保険にてご手配いただいたレンタカー(代車)は、中途解約後であっても事故後最長30日はご利用いただけますのでご安心ください。

KINTO公式HP より

ニコニコカーリース

ニコニコカーリースは、契約者の希望でカーリース専用任意保険(ニコノリ専用自動車保険)を付けることができます。

ニコノリ専用自動車保険は、リース期間中の「長期一括払の保険」になるので1年単位の任意保険より価格を抑えることができます。

現在の任意保険から等級引継ぎは可能、リース期間中は年度が替わっても等級は据え置きされ、事故を起こしてもリース料は変わりません。

「車両費用特約」を付帯する事で、全損事故時の中途解約金に充当することができます。

カーリースニコニコカーリース(ニコノリ)
リースの特徴・契約ガソリンスタンドでガソリン5円/ℓ引き
・低距離設定でさらに値引き
引受自動車保険会社提携 損保ジャパン
ニコノリ専用自動車保険
補償内容カーリース専用任意保険
(中途解約金保障は特約で付帯)
◆対人 無制限
◆対物 無制限
◆人身傷害 任意
◆車両 
免責あり
全損時の中途解約金リースカーの車両費用特約は、車両全損事故時の支払保険金をリース契約の中途解約金と同額とする特約です。
等級の引継ぎ
保険料リース料に組込み可能
公式HPニコニコカーリース

長期一括払のため、1年ごとのご契約よりも保険料水準が低く設定されています。事故があった場合でも、リース期間中の保険料は変わりません。
保険料もリース契約に含まれているのでお支払いも安心です。
リースカーの車両費用特約は、車両全損事故時の支払保険金をリース契約の中途解約金と同額とする特約です。車両全損時の車両保険金はリース中途解約金の一部に充当されます。
現在ご加入の自動車保険の割増引を継承し、そのままリース期間中適用できます。

ニコニコカーリース 公式HPより

もろこみカーコンカーリース

カーリースもろコミ カーコンカーリース
リースの特徴・壇蜜のCMで有名 カーコンカーリース
・7年・9年「モロコミ中古車プラン」は車がもらえる
引受自動車保険会社提携 三井住友海上
リースカー車両費用特約付き 自動車保険
補償内容中途解約金保障付 カーリース専用任意保険
◆対人 無制限
◆対物 無制限
◆人身傷害 任意
◆車両 
保険 任意で組み込み可能
免責あり
全損時の中途解約金リースカー車両費用保険特約を別途付けることで、衝突、接触等の事故で全損の場合は、リース契約中途解約費用の額を任意保険で支払います。
等級の引継ぎ
保険料リース料に組込み可能
公式HPカーコンビニ倶楽部

“リースカー車両費用特約”をセットにした場合、全損事故に伴って必要となる解約金は全額補償されます。つまり、お客様のご負担は免責費用だけというわけです。一般的な車両保険では賄いきれず、自己負担となっていた費用も全て補償されます。

「たとえ全損事故を起こしてしまっても、中途解約費用を心配しなくていい」という安心感に加えて、「お客様個別のケースに合わせて最適な保険料の設定が可能」という経済性と効率性、そのいずれも兼ね備えた保険が、「リースカー車両費用特約付き 自動車保険」なのです。

カーコンカーリース公式HPより
スポンサーリンク

まとめ 事故時の解約金も安心!!「任意保険込み」のカーリースを紹介

リース車で事故を起こした場合、一般的な「任意保険」「車両保険」だけでは「中途解約金」等の十分な補償が受けられないため注意する必要があります。

対処法として、任意保険に「車両保険」や「リースカー特約」をつける方法もありますが、リース社が扱う「任意保険料込のカーリース」がお得です。

今回紹介した以外のリース会社も調査して一覧表にまとめたので参考にしてください。

リース会社任意保険付帯任意保険
KINTO カーリース専用任意保険
・「自動車保険料」込みの利用料金
・リースカー車両費用保険特約で違約金にも対応
もろこみカーコンカーリースカーリース専用任意保険
・希望で組み込み可
・リースカー車両費用保険特約で違約金にも対応
コスモMyカーリース ・基本的に、リース契約には含まれてないので、別途自己加入
・ただし、コスモMyカーリース取扱店舗によってはリース料金に含めることができる場合がある
MOTA カーリース・基本的に、リース契約には含まれてない。別途自己加入
・希望で保険の紹介、等級の引継ぎは可能
カルモくん×・リース契約には含まれてない。別途加入
・サポートデスクでおすすめの保険は紹介できるが、別途自己加入
SOMPOで乗ーる×・月額リース料には、自動車保険(任意保険)料は含まれない
リースナブル ×・リース契約には含まれてない。各保険会社との契約

自分でリスカーの任意保険を付けるなら、一番安い自動車保険が解る!! 保険スクエアbang!が便利です。

タイトルとURLをコピーしました