交通事故 物損か人身の判断方法/人身に切り替えたほうが良い実例を解説

物損事故ピンクレモネード

交通事故を起こしたとき「物損事故」か「人身事故」の判断に悩みますよね。

・「物損事故」か「人身事故」どちらになるの?
・「人身事故」なのに物損事故で届けていいの?
・「物損事故」から「人身事故」へ切り替え期限
・「人身事故」に切り替えた方が良い場合は?
・「物損事故」で届けても、治療費・通院費はでるの?

このような「物損事故」か「人身事故」かの判断の方法などを、実際にあったケースを例に解説しています。

案内するのは国土交通省/陸運局認証車検工場にて「自動車保険代理店」営むオートディラーの「長嶋」です。実際に起きたお客様の交通事故の体験談も紹介しています。

スポンサーリンク

交通事故 物損か人身の判断方法/人身に切り替えたほうが良い実例を解説

「物損事故」「人身事故」どっちらになる?

先日、交通事故を起こしたお客様から

「相手は軽いムチ打ちだったけれど「物損事故」か「人身事故」どちらになりますか? 

と、ご相談がありました。

信号のない交差点でお客様の前方不注意の為起きた衝突事故です。念のため双方病院に行ったところ、お互いに軽いむちうちと診断されたそうです。

基本的に交通事故で怪我した場合、病院の「診断書」を被害届として警察に出します。

この「診断書」を警察に提出した時点で「人身事故」扱いとなります。

お互いが怪我をして、どちらか一方が「診断書」を出して、もう一人が出さなかったとしても「人身事故」扱いとなるのです。

ところがこういった軽い怪我の場合、警察は「物損事故」で処理することがほとんどです。

「物損事故」つまり「物(車)だけ壊れた事故」扱いにするという事です。

スポンサーリンク

「人身事故」なのに物損事故で届けていいの?

交通事故2

お互いに怪我をしたのに、なぜ警察官は物損事故で扱ったのでしょうか?

そんなことをして保険はおりるのか?疑問に思いますよね。

物損事故で届けたほうが得をする場合

「人身事故」として扱われると、重い行政処分を受けなければなりません。

運転免許証が基本2点減点、相手の怪我の程度で減点が増えます。1カ月を超える診断、過去に減点がない方でも、1カ月以上の免停~・罰金20万円~50万円とかなり厳しい行政処分を受けることになるのです。

ですから、加害者の中には「人身事故」にしないでくれ~と何度も箱菓子を持って熱心に被害者にお願いに行く人もいます。

お互いにかすり傷程度であれば、双方ともに罰金や免停がある「人身事故」を避けたいですよね。つまり「物損」で処理してもらった方が双方ともに得になるのです。

ですから、警察でもそういう事情をよく解っていて、

「人身事故」であっても、むち打ちなどの軽傷の場合、
お互いに人身事故を望まないのであれば、物損事故で届けても何の問題もありません。

また、保険会社に「物損事故」で届けても、
◆医師の診断書
◆警察の「交通事故証明書」
があれば保険から治療費・通院費はおります。

◆怪我をしたのに物損事故になった例

私の話ですが、以前、高齢者の踏み間違いで追突をされ軽い「むち打ち」になったことがあります。

警察署に「診断書」を持って行ったところ

「相手の方に、重い罰を望みますか?」

と、警察官に聞かれました。

「いえいえ、高齢者で、反省されて何度も謝りに来られましたし、次から注意していただければよいです」

と答えると、それでは「物損事故」として処理しますね

と、警察官は「診断書」を受け取りませんでした。

各都道府県県警によっても対応は異なるようですが、検査通院や、軽い「むちうち」など数日で完治するような診断は、被害者が加害者へ厳しい罰を望まない限り「物損事故」として扱う事が多いようです。

「物損事故」か「人身事故」かはいつ決まるの?

任意保険

「物損事故」か「人身事故」かは、被害者が「診断書」を警察に出した時点で決まります。

診断書は「事故直後」に病院に行って診察を受け、書いてもらう必要があります。事故から数日たってからでは、交通事故と怪我との因果関係が立証されなくなってしまうので、当日もしくは翌日に「診断書」を書いてもららわなければなりません。

医師に書いてもらった「診断書」は、警察へなるべく早く届けなければなりません。「診断書」の提出期限は10日~2週間までに提出するのが望ましいと言われています。つまり、事故から2週間前後までには「物損事故」か「人身事故」かが、はっきり決まる事が多いです

相手が「診断書」を出して「人身事故」扱いになった場合、必ず警察署からあなたに連絡がきます。「人身事故」として調書を取り直したり、大きな事故の場合は再度現場検証をすることもあります。

不安な場合は警察署に直接電話をして「どちらになったか」、まだ決まらない場合は「どうしたいか」相手の意向もさりげなく聞いてみるとよいですね。

スポンサーリンク

「物損」から「人身」への切り替え期限

当初「物損事故」で届けていても、途中から「人身事故」に切り替える場合があります。

この場合、医師の診断書を警察に届けなければなりません。
医師の診断書の提出期限は10日~2週間までが望ましいようですが、県警や場合によって判断が異なるようで1カ月もかかったお客様もいました。

28歳 会社員男性 A様

県外で車×車の接触事故/打撲やむちうちで1カ月の怪我 双方5:5の事故

罰金や点数が引かれるのが嫌だったので、物損で届け出た。しかし相手が人身事故にすると警察官が連絡があり、どうしたらよいか迷っていると、こちらも人身事故にするように言われた。

事故現場が県外なのですぐに「診断書」を持って行けない言うと、調書の作り直しが1カ月後ぐらいになるから、その時ついでに「診断書」を持ってくればよいと言われた。

もし裁判などになった時、「診断書」の提出が遅いと不利になるようなことを聞いたが、大丈夫か?と警察官に確認したが、事前に警察官が「診断書」の内容を聞いている場合はまったく問題ないと言われた。

「物損事故」か「人身事故」かはっきり決められず不安な人は、担当警察官に相談してみましょう。

スポンサーリンク

「人身事故」にした方が良いケース

お客様の中には、軽いムチ打ちだったのにもかかわらず「人身事故」にしたお客様もいらっしゃいます。たとえ小さな怪我でも、後々の事を考え人身事故にしておいた方が良いと言う場合もあります。

私が対応したお客様で実際に「人身事故」にしたケースを紹介します。

実際に「人身事故」にした例 7つ

ース1◆高齢者の母/軽いムチ打ちでも、後々支障があるのではないか心配

念のために通院をしていて、ほとんど症状がなかったが、高齢者なので後々後遺症が現れるのではないかと心配し「人身事故」で処理してもらった。

ケース2◆加害者を適切に処分してほしい。重い罰を与えて欲しい。

飛び出しの接触事故。小さなお子様が怪我をされたようで、かなりお怒りになられていました。

ケース3◆相手に不安を感じた

借りた車だから、自分の保険は使わないなどと言われて不安を感じ「人身事故」で届けた。

「人身事故」で届け出る事で、事故を起こした当事者だけではなく「車の持ち主」にも「運行供用者責任」が発生します。その為、事故を起こした当事者が最悪、逃げてしまっても車の持ち主に賠償してもらえるので、「人身事故」で届けたほうが良い場合もあります。

車ボーダー

ケース5◆警察官に勧められたから

お互いに軽い怪我をしていたが、穏便に「物損事故」で済ませたいと申し出たところ、警察官から熱心に「人身事故」にするよう勧められた。訳を聞いても口を濁すのでおかしいと思っていたら、相手がその土地のヤクザ?不良?だった。

ケース6◆事故の相手の態度が怖い

お互いに過失があるのに、一方的にこちらが悪いと怒鳴られた。さらに夜遅く自宅に電話がかかってきて、事故時に警察に連絡したスマホの通話料金まで請求されたので怖くなって「人身事故」扱いにした。

ケース7◆ちょっと変な人? 模型を作って毎日警察に行く

事故の相手が自分は悪くないと言い張り、車と事故現場の「模型」を作って警察に出向き、過失がないと説得を毎日繰り返していると聞いて驚いた。たいした怪我ではなかったが、執拗さや異常さに恐怖を感じ「人身事故」にした。

まとめ 交通事故 物損か人身の判断方法/人身に切り替えたほうが良い実例を解説

事故処理が終わりほっとしたのもつかの間、怪我は大したことがない様子だけれど「物損事故」か「人身事故」のどちらになるのか心配になりますよね。

「人身事故」は、怪我をした被害者が「診断書」に出した時点で「物損事故」から「人身事故」に変わります。会社の事情・違反点数・経済的事情などがある人はなおさら困ってしまいますよね。

そんなお客様にご案内するのは、とにかく被害者の方にお見舞いのお電話を入れる事、元気そうなら箱菓子を持って自宅にお詫びに伺う事などをアドバイスしています。

葉っぱ ボーダー

怪我をした場合、本来は「人身事故」として処理するのが当たり前ですが、ほとんどの県警では、事故の程度や怪我の度合いを見て「物損事故」で穏便に処理してくれます。しかし重い罰を望む方もいらっしゃって「人身事故」になってしまう場合もあります。

大きな怪我の場合は無理ですが、1日の検査通院で済むような場合は穏便に済ませもらえるよう被害者に頼んでみても良いですね。

お互いに怪我をした場合、人身事故にする事により両者が行政処分を受けることになります。両者で話し合って「物損事故」として示談にした例もあります。

相談する人がいない場合は、保険会社や保険代理店に相談してみましょう。良いアドバイスをしてくれるはずです。良い方向に進むと良いですね。おだいじに。

タイトルとURLをコピーしました