軽自動車の車庫証明を出し忘れたら?「いらない」と言われる理由・適用地域・罰則などを解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
軽自動車 森の光 car車情報

軽自動車の購入時や転入時、「車庫証明」について多くの質問を受けることがあります。

  • 軽自動車の車庫証明、出し忘れたらどうなるの?
  • 軽自動車は車庫証明は本当に必要?
  • いつから必要になったの?
  • 軽自動車は車庫証明がいらないといわれる理由
  • 車庫証明がいる地域でも出さなくていいの?
  • どんな時に必要なの?車庫証明がいる地域は?
  • 車庫証明を出さずにバレたら罰則があるの?
  • いつまでに届けを出すの?
  • 自分で出すものなの?

今回はこういった疑問にお答えし、軽自動車の「車庫証明」の正しい知識について解説していきます。

案内するのは、新車中古車販売・国土交通省/陸運局認証車検工場を営むオートディラーの「長嶋」が50年の経験をもとに、ご案内いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

軽自動車の車庫証明を出し忘れたら?「いらない」と言われる理由・適用地域・罰則などを解説

平成3年より「自動車の保管場所の確保等に関する法律」が変わり、軽自動車も地域によって車庫証明が必要となりました。

しかし実際には、義務地域であっても「軽自動車の車庫証明」を出していない方や、出し忘れている方が多いです。

私達業者も、車庫証明の必要な地域であっても軽自動車の車庫証明を出さない事が多々あります。

では、なぜ車庫証明を出さなくてよいのでしょう?
いらないと言われる理由は何でしょう?
出し忘れたら、どうなるのでしょうか?

軽自動車の車庫証明、出し忘れた場合は?

義務地域と知らずにうっかり「車庫証明」を出していない、出し忘れている場合であっても10万円以下の罰金が科せられるので注意が必要です。

軽自動車だからといって同一場所に8時間以上路上駐車をすると20万円以下の罰金に科せられます。必ず駐車場を確保して「車庫証明」を出し、出し忘れに気を付けましょう。

駐車場が見つからないからと虚偽の届け出をした場合でも、10万円以下の罰金に処せられます。

スポンサーリンク

軽自動車の車庫証明/法律/罰則

「自動車の保管場所の確保等に関する法律」で は以下のように記載されています。

自動車の保管場所の確保等に関する法律」

第五条 軽自動車である自動車を新規に運行の用に供しようとするときは、当該自動車の保有者は、当該自動車の保管場所の位置を管轄する警察署長に、当該自動車の使用の本拠の位置、保管場所の位置その他政令で定める事項を届け出なければならない。

やはり、法的には車庫証明が必要なようですね。また以下のように罰則も、しっかりあるようです。

罰則

軽自動車の車庫証明に置いて、新規届出・変更届出をしない場合、又は虚偽の届出をした場合は、10万円以下の罰金が科せられます。

どんな時に車庫証明が必要?

では、どんな時に車庫証明が必要なのでしょうか?

軽自動車には、以下の時に「車庫証明」が必要になります。

  • 軽自動車(新車、中古車)を購入した時
  • 軽自動車の車庫を変更した時
  • 引っ越しや転勤などで、軽自動車を持って県外や管轄外から転入してきた時

軽自動車の保管場所届出義務/適用地域

軽自動車には車庫証明を出さなければならない地域が定められています。

保管場所届出を義務付けられている地域は、人口10万人以上の都市や、県庁所在地がある地域がほとんどで、保管場所を管轄警察署に届出しなくてはなりません。(それ以外の地域は必要ありません)

詳しい地域はこちらからご確認ください。平成23年から施行されている最新のものです。
全国軽自動車協会連合会HP

軽自動車の車庫証明「いらない」と言われる理由

軽自動車の車庫証明は、とらずにバレたら罰則があるにも関わらず、「軽自動車は車庫証明はいらない」と勘違いされ、義務地域なのに実際に「不要」と信じている人もいます。

これは、普通車と軽自動車の「車庫証明」の違いを理解することで、軽自動車が「車庫証明がいらない」と言われる理由が納得できます。

では、解説していきますね。

普通車の場合と比較

普通車は軽自動車と違って「車庫証明」がなければ登録できません(除外地域を除く)。

その為、登録前に、必ず「車庫証明」を取らなければなりません

車庫証明の申請用紙

車庫証明をとる為には「自動車保管場所証明申請書」に

  • 停めたい車の詳細 車体番号や車の寸法
  • 車を停める場所(車庫)の配置図・寸法
  • 車庫になる土地の寸法や侵入道路の幅など
  • 使用者住所から車庫までの距離
  • 借地であれば、持ち主の承諾書

などの細かな情報を書き、地図を添えて管轄の警察署に提出します。

すると、警察官が実際に現地を訪れて調査し問題がなければ「車庫証明書」を発行します。これでやっと登録➡納車となるのです。

しかし、軽自動車の場合は違います。

軽自動車の場合は「届け出」だけ

自動車保管場所届出書

軽自動車の場合、普通車と違って「届け出」だけなのでとても簡単です。

上は、軽自動車の車庫証明の「届出書」です。これを見ると解るように、「軽自動車の「車庫証明」は、単なる「届出書」で普通車のような「証明申請書」ではありません。

つまり、軽自動車の車庫証明では「この場所に車を停めますよ~」と届けを出すだけで、警察署は受領するだけなのです。

普通車のように「現地調査」を行い証明書を発行することはありません。

車庫証明 ひまわり

さらに、普通車と大きく違う点は、軽自動車は「車庫証明」がなくても登録ができるという点です。

ここが、「軽自動車は車庫証明はいらない」と勘違いされる理由になっているのです。

×勘違いされる

 車庫証明がなくても登録できる

× 軽自動車は「車庫証明」がいらない

普通車軽自動車

北海道県警HPより
軽自動車 名義変更手続きのながれ

出し忘れに注意/届け出期限

じゃあ軽自動車は車庫証明はいらないってこと?・・・ではありません。

車庫証明は出さなければなりません。登録時だけではなく納車後に出してもOKと言う意味です。

ただし、届け出には期限があります。車庫証明の出し忘れには気を付けましょう。

こちらは2021年度現在の最新情報で、自動車保管場所届出書にも明記されています。

自動車保管場所届出書 15日以内と明記
  • 軽自動車〔新車、中古車〕を購入された方は直ちに行う
  • 軽自動車の車庫を変更された方は15日以内に車庫の変更届出
  • 軽自動車を持って、転入された方は15日以内に車庫の新規届出又は変更届出
  • 届出先は車庫の所在地を管轄する警察署です。

(以前の情報では「3カ月以内」とありますが、「直ちに出す事」または「15日以内」です。出し忘れにご注意ください。)

業者が出さない/出し忘れてしまう理由

車庫証明が必要な地域であれば、もちろん業者は車庫証明を出します。しかし様々な理由で車庫証明を省略、結果的に出し忘れになる場合もあります。

お客様が車庫証明を自分で出す場合

お客様の中には、車庫証明を自分で出すとおっしゃるお客様もいます。業者に車庫証明を頼むと「車庫証明届け出代行手数料」がかかるからです。

「車庫証明届け出代行手数料」の相場は1万円~2万円です。自分で届け出すると標章交付手数料(印紙代)が、たった500円~580円だけで済みますものね。(県により異なる)

業者に払う「車庫証明取得代行手数料」1万円~2万円が節約できるわけです。

ですから、お客様から申し出があった場合、車庫証明の手続きはいたしません。私達業者は売り上げが減ってがっかりですけどね。

その後、お客様が本当に車庫証明を出されたかどうかは解りません。出し忘れてしまったり、時間が取れないなどの理由で出していない方も当然いるでしょう

後で出し忘れがバレたら、節約より高い罰金になるので注意しましょう。

軽自動車の車庫証明を出さずに「バレるケース」は、こちらのページで詳しく解説しています。

車庫証明はとらずに値引き/即納

軽自動車 机の上

また、最初から車庫証明をとらずに値引きをする業者もいます。「車庫証明は自分でとってね、その分安くするから車買ってね」という感じです。

また、車庫証明をとらないほうが、手続きを省略するためスピーディに納車ができます。

当店でも、事情があり急いでいるお客様には「車庫証明ナシ」「自己責任で出してね」の対応をする事もあります。

納車後お客様が、うっかり車庫証明を出し忘れてしまうというパターンです。これを読んで思い当たる人は、すぐに車庫証明を出しましょう。

空きスペース、空き駐車場を利用して副収入!!

空いている駐車場があるなら、スマホアプリで貸し出しませんか?

「特P」は、いま月に100万人以上が利用している予約できる駐車場サービスです。

自宅駐車場の写真をスマホで登録するだけ!コスト0円で駐車場が貸し出せます!

自宅のカースペースで月5万円、空いている月極駐車場で月25万円を稼ぐ方もいます。

フリマアプリ感覚で駐車場オーナーを始められ、お小遣い稼ぎや副業に最適です。

駐車料金や時間は自由に設定OK。ふだん使っている駐車場でも、通勤などで使わない時間だけ、特定の曜日だけなど、都合に合わせて貸し出せます。

駐車場登録はノーコスト。初期費用やランニングコストも完全無料。たくさんの方が駐車場シェアを始めています!

詳しくはサイトでチェック!

空きスペース、空き駐車場が副収入になる「特P」

ベージュの車 キャンプ

まとめ 軽自動車の車庫証明を出し忘れたら?なぜ不要? 「いらない」と言われる理由・適用地域・罰則などを解説

軽自動車の車庫証明は届け出の義務があり、これを怠ると10万円の罰金を科せられます。しかし、適用地域なのに出し忘れてしまっている人が多いです。

というのも、軽自動車の車庫証明は、普通車の車庫証明のように警察が現地調査にくることはありませんし、車庫証明がなくても登録が簡単に出来るからです。

これが車庫証明が「不要」と言われてしまう原因になっているようです。

しかし、実際に出し忘れて10万円の罰金を支払ったという話は聞いたことがありません。

届けを出さなかった車が盗難等の犯罪に使われたとか、駐車違反を繰り返したなどの場合は違ってくるのだと思いますが、よほどの事がない限り罰金を払う事はないでしょう。

また、車庫証明には・・・

「新車」だから業者にたのむ
「中古車」だから自分でしなければならない・・・などの区別はありません。

車を少しでも安く買いたい/警察署に行く時間がある/書類を書くのが面倒でない/という方は節約の為にもぜひ、車庫証明にチャレンジしてみてください。

ただし、「出し忘れ」にはお気を付けくださいね。自信がない場合は業者に頼みましょう。

タイトルとURLをコピーしました