車検費用はいくら?車種別「法定費用+点検費用」がわかる計算表2021年度版

車検費用

もうすぐ車検だと思うと、費用が心配ですね。

車検は高額だし、色々な費用があって良く解らないわ。

車検は様々な「法定費用」に加えて「点検整備代・代行代」など複雑な費用がかかります。

でも、あらかじめ概算が解っているとお金の準備がらくですね。

このページでは、車検にかかる費用の種類や、実際にかかる費用を計算し解り易く「車種別一覧表」にまとめました。

車検時の目安にしてください。

案内するのは、新車中古車販売・国土交通省/陸運局認証車検工場を営むオートディラーの「長嶋」です。50年の経験をもと実際に起こったトラブルや解決方法を解説します。

スポンサーリンク

車検費用はいくら?車種別「法定費用+点検費用」がわかる計算表2021年度版

車検にかかる費用とは

車検にかかる費用は、

重量税・自賠責保険・印紙代など、
国に納める「法定費用」

整備業者に支払う
「点検費用・継続検査代行費用」

整備や修理にかかった
部品代

合算したものです。​

車検
費用
法定費用

国に納める
国
・重量税
・自賠責保険
・印紙代
整備代

業者に支払う
修理工場
・点検整備代
・部品代金
・代行費用

安くて品質の良い車検をとるなら

車検の費用や、整備技術を考えると、どこに車検を出してよいか悩みますよね。

できれば「安くて品質の良い業者」に依頼したいですよね。

一般的にディーラーは車検代金が高額と言われれています。

しかし、ディーラーは、人件費や車両保管、整備等の経費が多く掛かかるので仕方ないんですよね。

安くて品質の良い車検工場を探すなら、郵便番号の入力だけで自宅の近くの「車検店舗」が探せる【楽天車検】 が便利です

車検費用の比較、口コミもあり、デーラーより平気で3万円以上安い場合もあります。

予約➡車検で、楽天スーパーポイントもたまり「代車OK・土日祝OK・一級整備士がいる」など様々な条件で車検のお店を探せます。

スポンサーリンク

法定費用の内訳

まずは、法定費用の内訳から見ていきましょう。

1.自動車重量税

自動車重量税は車の重量によってかけられる税金で、あの有名な政治家、田中角栄が作ったものです。

普通乗用車は0.5トン毎に税額が増加しますが、2021年4月までは「燃費が良い車」や「排ガスが少ない車」などの電気自動車やエコカーなどは減税されます。

参考元 国土交通省 継続検査における自動車重量税

重量税(円)エコカー一般13年超
軽自動車
5,0006,6008,200
小型車
~1000t
10,00016,40022,800
小型車
1000~1500t
15,000 24,60034,200
中型
1500t~2000t
20,000 32,80045,600
大型
2000~2500t
25,00041,00057,000

参考車種

小型車~1000tIQ・マーチ・デミオ・スイフト・ブーン他
小型車1000~1500tヴィッツ・パッソ・アクア・プリウス・フィット・ルーミー・タンク・ジャスティ・シエンタ・ポルテ・フリード・ヴェゼル・ウィッシュ他
中型1500t~2000tラブ4・ノア・VOXY・sai・レヴォーグ・フォレスター・ステップワゴン・エクストレイル・ハリアー他
大型2000~2500tヴェルファイアー ランドクルーザー他

正確な「重量税の金額」を調べたい場合は、国土交通省の自動車重量税額照会サービスが便利です。

車検証を見ながら車体番号、車検予定日を入力するだけで、簡単に金額が解ります。


自動車重量税額照会サービス

2.印紙代(検査手数料)

車検を受ける際に、陸運局や軽自動車検査協会で支払う検査手数料の事です。車検証に記載してある自動車の種別で金額が異なります。

種別印紙代(検査手数料)
軽自動車1,400円
小型自動車1,700円
普通自動車1,800円

3.自賠責保険料

自賠責証明書

自賠責保険は、交通事故被害者の救済を目的に国が定めた強制自動車保険です。車の所有者すべてに加入が義務付けられていて、任意の自動車保険とは異なるものです。

この国の自賠責保険は、自動車の種類や用途によって保険料が異なり、損保会社や農協などに委託されて運営されています。

下は2021年2月現在の金額です。2021年4月から料金改定になり値下がり予定です。

自賠責保険料12カ月24カ月
軽自動車21,140円
自家用乗用車21,550円
小型貨物15,050円
普通貨物 
最大積載2t超過
22,570円
普通貨物
最大積載2t以下
20,370円

業者別整備代 (定期点検費用+継続検査代行費用)

点検記録簿

上の写真は、車検の定期点検用整備記録簿です。この69項目を点検し、不具合を整備しなければ検査(車検)にパスできません。

この定期点検費用・継続検査代行費用は業者によって異なります。

定期点検費用

車検業者信頼度軽自動車小型車普通車
ディーラー17,000円前後
(税込)
24,000円前後
(税込)
32,000円前後
(税込)
民間
認証修理工場
15,000円前後
(税込)
20,000円前後
(税込)
20,000円前後
(税込)
低価格業者
ガソリスタンド等
15,000円前後
(代行込)
15,000円前後
(代行込)
15,000円前後
(代行込)
・ディーラーは価格は高額ですが、サービスや信頼度は厚いです。
・運輸省が認証している民間の修理工場は、技術力も高く金額も手ごろです。
・低価格業者やガソリンスタンドなどは、技術力等に不安がありますが、低価格が魅力です。

継続検査 代行費用

継続検査の代行費用は業者や車種・継続検査の受け方などによっても違います。

種別ディーラー民間/認証工場低価格業者
軽自動車6,000円前後3,000円前後点検代込
小型車7,000円前後4,000円前後点検代込
普通車10,000円前後4,000円前後点検代込

認証工場や、低価格業者など、陸運局に車を持ち込んで車検をとる場合は、工場からの距離に応じで料金が加算される場合があります。

山奥から1時間もかけて陸運局に車検に来る場合などの代行手数料はもっと高額になります。

ディーラーで車検を受ける際はこちらも参考にしてください。

車検費用の計算 

では、具体的に車検にかかる費用の計算を見てみましょう。
法定費用+ディーラーに支払う費用(整備費用+検査代行)から計算しています。

軽自動車

赤い車 ハスラー

2021年4月より自賠責保険料金が値下げとなります。

諸費用エコカー一般13年超
自賠責保険21,14021,14021,140
重量税5,0006,6008,200
印紙代1,4001,4001,400
法定費用小計27,54029,14030,740
点検+代行
(ディーラー)
23,00023,00023,000
合計50,540円52,140円53,740円

小型車/コンパクトカー

明るい緑色の車 アクア

該当車 ヴィッツ・パッソ・ヤリス・アクア・プリウス・フィット・ルーミー・タンク・ジャスティ・シエンタ・ポルテ・フリード・ヴェゼル・ウィッシュ等

2021年4月より自賠責保険料金が値下げとなります。

諸費用エコカー一般13年超
自賠責保険21,55021,55021,550
重量税15,00024,60034,200
印紙代1,7001,7001,700
法定費用小計38,25047,85057,450
点検+代行
(ディーラー)
28,00028,00028,000
合計66,25075,85085,450

普通車 3・5ナンバー

グレーの車 ラブ4

5ナンバー

車両重量1500~2000tの車検費用料金表です。このランクは、5ナンバーと3ナンバーで料金が異なりますのでご注意ください。
ラブ4・ノア・VOXY・sai・レヴォーグ・フォレスター・ステップワゴン・エクストレイル・ハリアー

2021年4月より自賠責保険料金が値下げとなります。

諸費用エコカー一般13年超
自賠責保険21,55021,55021,550
重量税20,00032,80045,600
印紙代1,7001,7001,700
法定費用小計 43,250 56,05068,850 
点検+代行
(ディーラー)
42,00042,00042,000
合計(一部税抜) 85,250 98,050 110,850

普通車 3ナンバー

ノア

2021年4月より自賠責保険料金が値下げとなります。

諸費用エコカー一般13年超
自賠責保険21,55021,55021,550
重量税20,00032,80045,600
印紙代1,8001,8001,800
法定費用小計43,35056,15068,950
点検+代行
(ディーラー)
42,00042,00042,000
合計85,35098,150110,950

大型車車 ヴェルファイアー ランドクルーザー他

ヴェルファイア

車両重量2000~2500tのお車の諸費用料金表です。ヴェルファイアー ランドクルーザー他

2021年4月より自賠責保険料金が値下げとなります。

諸費用エコカー一般13年超
自賠責保険21,55021,55021,550
重量税20,00032,80045,600
印紙代1,8001,8001,800
法定費用小計43,35056,15068,950
点検+代行
(ディーラー)
42,00042,00042,000
合計85,35098,150110,950

まとめ 車検費用はいくら?車種別「法定費用+点検費用」がわかる計算表2021年度版

車検費用は、法定費用(重量税+自賠責保険+印紙代)と、車検業者に払う点検費用(点検整備費用+車検代行+部品代)を合算したものです。

これに加え、部品代が加算されるので、耗部品や修理の多い後年式の車短期間で長距離を乗ってしまった車ほど車検費用がかさむと考えられます。

車の使用頻度や年式を考えて、事前に車検費用の準備をするとよいでしょう。

◆車検費用のめやす
 軽自動車 50,000円前後+部品代
 小型車  70,000円前後+部品代
 中型車  90,000円前後+部品代
 大型車  100,000円前後+部品代

タイトルとURLをコピーしました