車検切れてない?車検シールの見方と意味★丸シールの秘密とは

車検ステッカーの見方と意味 丸ステッカーの秘密

フロントガラスに貼り付けてある車検シールには、丸いタイプと四角いタイプがあり車検日や点検日を知ることができます。

点検や車検が切れてないか不安になって見たけど、どちらのシールを見ればよいのか、数字の見方がよくわからないなんてことありますよね。

このページは、2種類の車検シールの意味や見方のほかに、意外に知らない丸シールの秘密なども詳しく解説しています。

案内するのは、新車中古車販売・国土交通省/陸運局認証車検工場を営むオートディラーの「長嶋」です。50年の経験をもと実際に起こったトラブルや解決方法を解説します。

スポンサーリンク

車検切れてない?車検シールの見方と意味★丸シールの秘密とは

スポンサーリンク

車検シールの正式名称

フロントガラスに貼り付けてある車検シールには丸シール四角シールの2種類あります。

点検整備済みステッカー
丸シール
検査標章
四角シール
丸シール 点検整備済みステッカー車検シール(検査標章)
フロントガラス左端フロントガラス中央

◆丸い車検シールの正式名称は「点検整備済みステッカー」、車内から見てフロントガラスの左側に貼り付けられています。

◆四角い車検シールの正式名称は「検査標章」、ほとんどの車でフロントガラスの中央に貼り付けらています。

それでは、2つの車検シールの見方と意味を解説していきますね。

スポンサーリンク

点検整備済みステッカー (丸い車検シール)

丸い車検シールの意味

点検整備済みステッカー (丸シール)は、自動車業界では「点検ステッカー」「ダイヤル式ステッカー」とも呼ばれています。

この丸シールが貼ってある車は「※定期点検整備済みの車」という意味で、定期点検をした証拠となるステッカーです。

定期点検整備とは、自家用乗用車で1年ごとにすると定められていて、12カ月点検(1年点検) 24か月点検(車検)のことをいいます。

私の丸シールは青だけど?

点検整備済みステッカー (車検丸シール)は点検すると、毎回新しいものに張り替えられます。

丸シールの色は4色(青、赤、グリーン、オレンジ)で、1年ごとに貼るシールの色は異なります。

車検丸シール 各年度ごとの色

おいらは2年おきの車検だけ。
1年点検うけてないけど、いいのかな・・・

1年点検は、車検と違って罰則がないので受けない人もいます。

でも、1年点検を受けずに故障や不具合があった場合、メーカー保証が受けられないことがあるので、しっかり毎年受けて、シールの色を変えたいですね

丸い車検シールの見方

丸シールには、「定期点検済み」という意味のほかに、次の定期点検の「時期」を表す数字が書かれています。

そのため、シールを見るだけで一目で次の定期点検時期が解ります。

点検丸シールの数字の見方

中央の数字

丸シールの中央に大きく書かれた数字は次回の定期点検を表す年度です。

周りの数字

ぐるっと囲んでいる数字は、1月~12月までを表し、白抜きの部分が次回点検するを表しています。

つまり、上の図の丸シールの次回点検年月は令和4年9月だと解ります。では、裏側(車内側)はどうなっているのでしょうか。

裏側

丸ステッカー裏

丸シールの裏側には、上から

  • 点検を実施した年月日
  • 実施した認証工場名
  • 実施した認証工場の認証番号

が書かれています。真ん中の枠の中の大きな数字は、

  • 次回の定期点検をする年月日

が書かれているので、ここでは次の定期点検日時まで解ります➡令和4年9月24日

意外に知らない「丸い車検シール」の秘密

車検をとったのに、
私の車には丸いシールが貼ってない。
どうして?

車検をとったのに、点検整備済みステッカー (丸シール)が貼ってない車もあります。

貼らなくても法律違反ではないので安心してください。

でも、ここからが意外に知らない丸シールの秘密です。

丸シールがない理由は、国土交通省や運輸局に認証された工場で車検をとらなかったからです。

ユーザー車検だな

丸シールを貼る事ができるのは

  • 国土交通省や運輸局に認証された工場のみ

で、車屋さんならどこでも貼ってもらえるわけではないのです。

え~、車屋さんに車検をお願いしたのだけどユーザー車検だったのね。

認証工場以外でとった車検は、法的に分解整備を行えません。

ですから、未認証工場ではこの丸シールは貼ることはできないのです。

例えば、未認証工場ではブレーキ周り等の分解整備ができません。

もし未認可で分解整備を行っていたら違法です。通報されたら逮捕されます。

丸い車検シールは品質の証

従業員

丸い車検シールを貼れるのは、国土交通省や運輸局に認証された工場で

  • 2級以上の自動車整備士の資格を持つ整備主任者がいる事
  • 国の基準を満たした修理工場と機材が揃っていること

などがあげられます。

整備主任者は、整備技術や法令の講習などを毎年受けています。

高度な技術と専門的な知識があるプロの整備士なのです。

このプロの整備主任者がいる認証整備工場で、しっかり定期点検を受けた車のみが、丸シール(点検整備済みステッカー)を貼ることができるのです。

注意:認証工場で車検を取ったのに丸シールが貼られていない場合は、貼り忘れの可能性があるので、修理工場に問い合わせてみましょう。

認証工場

認証工場で車検をとるメリット

認証された工場で車検をとるメリットは、しっかり分解整備を行うので大きな故障にらないことです。

分解整備を行わない車検は価格も安いですが、結果的に車を傷め「大きな故障の引き金」になります。

エンジンが故障し車を買いかえる事になったり、修理代や部品代がかさむことになり、トータルで損をすることになります。

ですから、車検、点検は国の認証工場で受けることを強くお勧めします。

認証車検工場を探すなら、郵便番号の入力だけで自宅の近くの「認証工場」が探せる【楽天車検】 が便利です。

予約~車検で、楽天スーパーポイントもたまり「代車OK・土日祝OK・一級整備士がいる」など様々な条件で車検のお店を探せます。

また、コスモ石油の「コスモのコミっと車検 」なら、ふつうなら後で請求される部品代なども含めたコミコミの見積もり価格を提示してくれるから安心ですね。

車検証を用意して、走行距離の入力等、簡単にWEBで見積もりが取れます。

ぜひ、安心価格で品質の良い車検を受けてくださいね。

検査標章(四角い車検シール)

四角い車検シールの意味

軽自動車と普通車の車検シール

車検標章 (四角い車検シール)は、自動車業界では「車検ステッカー」と呼ばれ、国の保安基準に適合し車検に通ったことを証明するシールです。

新規検査・継続検査等で車検に合格すると、普通車は陸運局、軽自動車は軽自動車協会で自動車検査証とともに、車検標章 (四角い車検シール)が交付されます。

車検標章 (四角い車検シール)は貼らないと法律違反?

車検標章 (四角い車検シール)は、道路運送車両法第66条により、道路を運行する場合は表示することを義務付けられています。

もし貼らずに走行した場合は、道路運送車両法第109条8項により50万円の罰金に処せられます。

四角い車検シールの見方

シール表の数字の見方

車検シール表

車の外側から見るとシールの表には、自動車車検証(車検)の有効期間の満了する年月が書かれています。

上の図の車検は、左上が年度、大きな字が月なので、29年1月までとなります。

ただし、「年度表示」は毎右回りに配置位置を変えます。

  • 令和2年は左下
  • 令和3年は左上
  • 令和4年は右上
  • 令和5年は右下

の順で繰り返して表示されます。

シールの裏の見方

車検シール裏

車内から見たシールの裏面には、車検の有効期間が満了する年月日がプリントされています。

四角い車検シールの貼り方はこちらの記事に詳しく解説しています。

四角い車検シールをなくした、破損した場合はこちら

まとめ 車検切れてない?車検シールの見方と意味★丸シールの秘密とは

車検シールには、丸(点検整備済ステッカー)と四角(車検標章)の2種類あり、それぞれ意味が違います。

◆丸い車検シールは、点検整備済みを証明すると同時に、1年ごとの点検日時ををチェックできます。

見方は、大きな字は年度、ダイヤル部分は月、詳しい点検日時は裏に書かれています。

◆四角い車検シールは、車検の有効期間が満了する年月日を示しているので、車検の満了日をチェックできます。

タイトルとURLをコピーしました