スポンサーリンク

軽自動車「名義変更」申請依頼書の書き方・省略法

軽自動車 赤い車

今回は、軽自動車の「申請依頼書」の省略法や、記入方法について解説します。法人/個人の場合の書き方の違いなど、初心者でも解るよう丁寧に具体例/注意点を挙げて紹介しています。

案内するのは、新車中古車販売・国土交通省/陸運局認証車検工場を営むオートディラーの「長嶋」が50年の経験をもとに、ご案内いたします。。

スポンサーリンク

軽自動車「名義変更」申請依頼書の書き方・省略法

軽自動車の売買や譲渡を行った場合には、「名義変更」を行います。この手続きにおいて必要な書類の1つが「申請依頼書」です。

申請依頼書は、いらない?

申請依頼書は、代理人が名義変更登録を行う場合に必要になります。しかし、「申請依頼書」は、いらない事が多く、ほとんど使いません。「軽第1号様式の用紙」に署名/捺印することで簡略され省く事が出来るからです。

軽第1号様式

軽自動車 申請依頼書 軽第1号様式

 

この「軽第1号様式の用紙」は名義変更登録に必須の書類の1つで、軽自動車協会で無料で手に入ります。この用紙が手元にない方は残念ながら「申請依頼書」を書く必要があります。

そこで初めに、「申請依頼書」の代わりに軽第1号様式の用紙」に署名/捺印する方法を解説しますが、この用紙が手に入らない方は、飛ばして「申請依頼書の書き方」までお進みください。

スポンサーリンク

「申請依頼書」の省略方法

法人・個人、どちらの名義変更の場合も、「軽第1号様式の用紙」に印または署名を押すことで「申請依頼書」の提出が省略可能となります。

様々なパターンを記載しておきますので参考にしてください。記載例は、「軽第1号様式」の下の部分だけ表示しています。

個人⇔個人の名義変更の場合

パターン1
「新旧/使用者と所有者」が同じ人物の場合
➡認印または署名
軽第1号様式 個人書き方パターン1
パターン2
「新/使用者と所有者が別人」の場合➡認印または署名(山田の印鑑は両者、同じものでもOKです)
(佐藤二郎は、2カ所書かずに同上でもOK)軽第1号様式 個人書き方パターン2
パターン3
「旧/使用者と所有者が別人」の場合➡認印または署名旧使用者の油屋坪八の印鑑は不要軽第1号様式 個人書き方パターン3

法人⇔個人の名義変更の場合

パターン1
「新/使用・所有者が個人、旧/使用・所有者が法人」の場合
➡法人は代表者印または署名
➡個人は認印または署名軽第1号様式 法人書き方パターン1
パターン2
「新使用が個人、新所有者が法人」の場合
ローン会社やリース会社、法人の所有権がつく場合の記入が多いです。➡法人は代表者印または署名
➡認印または署名軽第1号様式 法人書き方パターン2
パターン3
「新/使用・所有者が法人、旧/使用・所有者が個人」の場合
➡法人は代表者印または署名
➡認印または署名軽第1号様式 法人書き方パターン3

3種類の「軽第1号様式」

軽第1号様式は、現在3種類あります。
どれなんだろう????と戸惑う方もいますが、どれも使用可能です。

ちなみに、違いをメモしておきます。
3種類とも、文字や枠線の色が異なります

◆ピンク色のもの(OCR用紙) ピンク色は昔からあるもので、現在でも使えます。
◆朱色のもの(OCR用紙) 朱色のものは名義変更だけでなく、中古新規にも使えます。
◆黒色のもの(普通の紙) ダウンロードできます
軽第1号様式のダウンロード 

ダウンロードしたものを使う場合、印刷に濡れ、変色、異物混入、裁断した際のバリ等があると、読み取れませんので厳しい条件があります。印刷時の条件 

初めて名義変更を行う方は、軽自動車協会に置いてある無料のOCR用紙がお勧めです
軽第1号様式の上の部分の詳しい書き方はこちら

「申請依頼書」の書き方

「申請依頼書」の書き方をご説明します。「申請依頼書」は、一般的に「軽第1号様式」が手元にない場合に利用します。

私たち業者は、お客様にサインや捺印をいただく場合、用紙を持ち帰って家で捺印するお客様もいらっしゃいます。OCR用紙は濡れ、変色、折り曲げ等があると役に立たなくなりますので、こういう場合「申請依頼書」を活用します。

申請依頼書」は普通用紙にダウンロード/コピーも可能ですし、多少の汚れや折り曲げもOKだからです。

軽自動車申請依頼書ダウンロード

まずは、「申請依頼書」をダウンロードしましょう。
申請依頼書 ダウンロード 

基本的な書き方は、下の3パターンです。
3パターンとも「個人の名義変更」でのパターンですが、法人の場合は次の点に気を付けて変更してください。

◆個人は、認印または署名
◆法人は、代表者印または署名

軽自動車申請依頼書 3パターン

パターン1
購入者:山田太郎さん本人が、名義変更に行く場合
◆山田さんが、佐藤さんから軽自動車を購入
新使用者・新所有者が山田太郎さん
旧所有者は佐藤さん(旧使用者欄はないので、記載不要)
※山田さん本人が行くため、新使用者・新所有者に山田さんの記載は不要。
申請依頼書 書き方パターン1
パターン2
売り手の佐藤二郎さんが、名義変更に行く場合
◆佐藤さんが山田さんに軽自動車を販売
新使用者・新所有者が山田太郎さん
※旧所有者は佐藤さんだが、佐藤さん本人が行くため、旧所有者欄に佐藤さんの記載は不要。
申請依頼書 書き方パターン2
パターン3
第三者が、名義変更に行く場合
◆元の持ち主/佐藤さん・新しい持ち主/山田さん
申請依頼書 書き方パターン3

軽自動車「申請依頼書」記入の注意点

スポンサーリンク

◆新旧(使用者/所有者)欄は正確に記入する事

「申請依頼書」に記入する時の注意点をいくつお話します。
新使用者/新所有者欄は、正確に記入する必要があります。次の書類と異なる情報を書き込まないよう注意しましょう。

◆個人の場合・・・住民票または印鑑証明
◆法人の場合・・・商業登記簿謄(抄)本・登記事項証明書・印鑑(登録)証明書など

旧(使用者/所有者)欄は車検証どおりに記入

◆認め印とは

100均で売っているような三文判でOK。シャチハタより朱肉での捺印がよいとされています。

◆法人の、代表者印とは

代表者の名前が入っている印鑑であれば、何でも良い。会社名のみではないもの。

◆署名とは

署名とは、
個人の場合➡個人のフルネームをいいます。
法人の場合➡代表者のフルネームを言います。
本人に書いてもらうのが望ましいが、本人以外でも良いです。

◆車両番号欄

ナンバー変更する場合は記載不要です。
変更しない場合も、車体番号さえ書いてあれば記載しなくても問題ありません。

◆捨印

もし記載が間違ってしまった時、捨印があると訂正が出来るので登録がスムーズにいきます。申請依頼書の右側三カ所に捺印する場所がありますが、どこに押しても良いです。


名義変更の手順/必要書類/記入法については以下の記事をお読みください。

スポンサーリンク
「軽自動車の名義変更」代行業者の選び方/費用★業者別手数料金の比較/必要書類を解説
「軽自動車の名義変更」代行業者の選び方/費用★業者別手数料金の比較/必要書類を解説
代行業者料金の比較や必要書類、ナンバープレートの取扱方法なども解説。
軽自動車の名義変更に必要な「住民票」とは。本籍?謄本?抄本? マイナンバー?初心者むけに詳しく解説
軽自動車の名義変更に必要な「住民票」とは。本籍?謄本?抄本? マイナンバー?初心者むけに詳しく解説
自分で取りに行けない時の委任状の書き方見本あり。
軽自動車「名義変更」書類と手続きの流れを詳しく解説 ★費用  時間 税止め代行など2019年度版
軽自動車「名義変更」書類と手続きの流れを詳しく解説 ★費用 時間 税止め代行など2019年度版
これさえ読めば、自分で名義変更に行けちゃいます。
軽自動車「名義変更」申請依頼書の書き方・省略法
軽自動車「名義変更」申請依頼書の書き方・省略法
名義変更時の申請依頼書の書き方です。法人の場合もあり。
軽自動車「名義変更」書類の書き方/自動車検査証記入申請書「軽第1号様式」OCR
軽自動車「名義変更」書類の書き方/自動車検査証記入申請書「軽第1号様式」OCR
初心者むけに「軽第1号様式」の書き方を解説しています。
軽自動車「相続」★所有者が死亡した時の「名義変更」必要書類/期限/相続自動車の売却などを解説
軽自動車「相続」★所有者が死亡した時の「名義変更」必要書類/期限/相続自動車の売却などを解説
「所有者が死亡時」の名義変更の仕方を解説しています。
軽自動車の「車庫証明」は必要?なぜ不要と言われるの?正しい知識・適用地域・罰則などを解説
軽自動車の「車庫証明」は必要?なぜ不要と言われるの?正しい知識・適用地域・罰則などを解説
軽自動車の「車庫証明」について解説
軽自動車一時抹消 必要書類と書き方「軽第4号様式(OCRシート)/ 税申告書/申請依頼書」
軽自動車一時抹消 必要書類と書き方「軽第4号様式(OCRシート)/ 税申告書/申請依頼書」
タイトルとURLをコピーしました