軽自動車の名義変更の費用はどこが安い?ディーラー・車屋・行政書士料金を比較

軽自動車の名義変更に「かかる費用」や「仕上がる時間」をディーラー・車屋・行政書士ごとに比較、どこが安いのか、自分にむいているのはどの代行業者か解ります。

軽自動車の名義変更に必要な書類、ナンバープレートの取扱方法。名義変更を急ぐ重大な理由についても解説しています。

案内するのは、新車中古車販売・国土交通省/陸運局認証車検工場を営むオートディラーの「長嶋」が50年の経験をもとに、ご案内いたします。

スポンサーリンク

軽自動車の名義変更の費用はどこが安い?ディーラー・車屋・行政書士料金を比較

軽自動車の名義変更を自分でする人もいますが、軽自動車の名義変更は「軽自動車検査協会」で行う必要かあります。

しかし、軽自動車検査協会は「平日」のみ、午前は「9時~12時」、午後は「1時から4時」までしか開いていません。

勤務中に「名義変更」に出向く時間を作るのは難しい為、ディーラー・車屋・行政書士料金などの代行業者に頼む人がほとんどです。

どこに頼めばいいの?

なるべく安く敏速、確実に済ませるにはどこに頼めばよいのでしょうか。

そこで名義変更の代行を依頼できる、ディーラー・車屋・行政書士の「料金」や「仕上がる時間」を比較してみました。

スポンサーリンク

ディーラーの名義変更

スマホを持つ女性

ディーラーに依頼する場合の費用・かかる時間・信頼度です。

◆費用:高い
◆時間:半日~6日
◆信頼度:高

ディーラー かかる時間の目安 費用の目安
車庫証明なし 半日 15,000円~20,000円
車庫証明あり 5~6日 25,000円~30,000円

かかる費用/ディーラー

名義変更の費用は、業者の中ではディーラーがいちばん高額です。

ディーラーのブランド力や、サービスの良さ、人件費、広告宣伝費を考えれば仕方がないすよね。

また、※車庫証明が必要な地域の場合は、費用が1万円プラスされています。

※車庫証明とは、自動車の保管場所を証明するもので、普通自動車と同じように車庫証明を必要とする地域があります。軽自動車の場合、基本的に県庁所在地、人口10万人以上の市区町村、東京・大阪の中心から30km圏内の市区町村などが対象です。

仕上りまでの時間/ディーラー

ディーラーでは費用は高額ですが、仕上がりまでにかかる時間は最短でスピーディです。

ディーラーは顧客件数が多い為、1日に何度も陸運局や、軽自動車検査協会を往復しています。

車庫証明がいらない「名義変更」であれば、最速で半日あれば仕上がるので、急いで名義変更をしたい人には向いています。

車庫証明がいる場合は時間がかかる

車庫証明の必要な「名義変更」は時間がかかります。

車庫証明が出来上がるまで、警察署で3~4日かかるからです。

実際に警察官が保管場所を確認に行くんだよ。

 

 

管轄の警察によって仕上がる日数が異なります。ディーラーでの仕上がりは最短5日を目安にすると良いでしょう。

「車庫証明ナシでも名義変更を行える情報」や、「車庫証明の必要な地域」はこちらのページに詳しく記載してあります。

ディーラーに依頼したほうが良い人

名義変更をディーラーに依頼したほうが良い人はこんな人です。

◆雰囲気やサービスの良さを求める人
◆値段よりスピード重視する人
◆近所にディーラーがある人

ディーラーに行くと最新型車が展示され、接客態度も良く気分が上がりますよね。

「名義変更」の手数料は高額ですが、専門性が高い分、仕上がりのスピードが速く安心して依頼することが出来ます

また、自社「メーカー」にかかわらず、他社メーカーの「名義変更」も引き受けてくれるので、遠くの業者を探すより、近くのディーラーへ気軽に頼んでみましょう。

帰りに、新車のカタログをもらったり、試乗させてもらえる特典もあります。

車屋・修理工場の名義変更

車屋・修理工場に依頼する場合の費用・かかる時間・信頼度です。

◆費用:安い
◆時間:ディーラーより2~3日多い
◆信頼度:高

車屋/修理工場 かかる時間の目安 費用の目安
車庫証明なし 1~3日 10,000円~15,000円
車庫証明あり 1週間前後 15,000円~25,000円

かかる費用

車屋や修理工場は、ディーラーより人件費や広告費が抑えられている為、比較的低価格で、「名義変更」を依頼することが出来ます。

全国規模の大型店舗では「値引き」は期待できませんが、個人経営で、購入歴がある車屋や、車検を出している修理工場は、サービス価格で請け負ってくれる可能性があります。

修理工場では、車検のタイミングで名義変更するとさらに格安になる場合がほとんどで、リーズナブルに「名義変更」を依頼できます。

車検

仕上がりまでの時間

車屋や修理工場に依頼する「名義変更」は、ディーラーより少し時間を要します

「車検」や「売れた車」の登録時に、まとめて名義変更を行うからです。

軽自動車の名義変更は書類上の手続きで済むのですが、その為だけで軽自動車検査協会に出向くと仕事の効率が悪くなってしまいますからね。

1日に何度も登録に出向くディーラーより、時間がかかります。

車屋・修理工場に依頼したほうが良い人

修理工場に代行してもらう

◆低価格・信頼性を重視する人
◆仕上りまでの時間に余裕がある人
◆忙しく市役所に行けない人
◆車検が近い人
◆その店で購入・車検の付き合いがある人

「名義変更」を急がない人、車検のタイミングで名義変更を依頼する人は、昔から取引がある店舗では、ディーラーより安く依頼ができ、費用を抑える事が出来ます。

仕事で住民票を取りに行けない人や、印鑑を忘れた人にも、融通を効かせて市役所に行ってくれたり、市販の認め印を押してくれるなど、ディーラーにはないサービスが受けらるメリットがあります。

行政書士の名義変更

行政書士に頼む

行政書士に依頼する場合の費用・かかる時間・信頼度です。

◆費用:いちばん安い
◆時間:いろいろ
◆信頼度:中

車屋/修理工場 かかる時間の目安 費用の目安
車庫証明なし 半日~1週間前後 7,000円~15,000円
車庫証明あり 1~2週間前後 17,000円~25,000円

かかる費用

行政書士を利用するのは業者がほとんどで、価格も安いですが一般の人はあまり利用しません

一般の人が利用する場合は、個人間で車を売買した場合や、県外への移転、オークションでの売買などで利用する事が多いです。

陸運局や、軽自動車検査協会が近い行政書士を選ぶと、交通費がかかりませんからリーズナブルな費用で請け負ってくれる場合が多いです。

仕上がりまでの時間

ディーラーや車屋さんに依頼されて、「名義変更」を専門に行う行政書士もいます。行政書士にも寄りますが、半日~2週間とかかる時間は様々です。

県外の行政書士に依頼する場合は書類の郵送時間がかかります。仕上がりまでの時間を確認してから依頼しましょう。

行政書士に依頼したほうが良い人

・とにかく低価格が良い人
・名義変更に慣れている人

「名義変更」を格安で行う行政書士は、インターネットで簡単に検索できます。行政書士連合会などで希望の地域の行政書士を探してみましょう。

県外での名義変更は、県外からの車の取引に慣れているディーラーや、中古車販売店に頼むとスムースに行きます。車検オンリーの整備工場は県外登録の知識をあまり知りません。

ただし、整備工場でもJU加盟店で、新車・中古車を販売している所は大丈夫です。JU(中販連)では県外登録サービスを行っているので、ディーラーや行政書士に頼むより安価に名義変更を行ってくれます。

軽自動車「名義変更」の必要書類

パソコンとコーヒー

軽自動車の名義変更の際の必要書類です。どの業者に依頼しても同じです。

軽自動車の名義変更に必要な書類

1.車検証

2.新たに車の持ち主になる人の「住民票または印鑑証明」
 ・住民票は、1カ月以内に取得したもの
 ・印鑑証明は、3カ月以内に取得したもの
3.ナンバー(ナンバー変更をする場合のみ)

4.認め印(100均のもので良い)

車検証

車検証とは「自動車検査証」の事で、自動車の所有者や使用者、車の取得日や年式、型式、車体番号、車検日等が書かれた車の証明書です。

車検証は、車のコンソールボックスなどに保管されています。

住民票または印鑑証明

「住民票または印鑑証明」は、どちらも市町村役場で1枚200円~300円で取得できます。

「住民票または印鑑証明」は、これは原本でなくコピーしたものでもOKです。業者に届ける時間がない方は、「FAX送信」したものでもOKです。

昼間、市町村役場に行っている時間がない人は、「平日夜間/休日窓口」などを利用しましょう。

「住基カード」や「マイナンバーカード」があるなら、コンビニに設置されているキオスク端末(マルチコピー機)で、住民票/印鑑証明をとる事が出来ます。

どんな住民票をとって良いか解らない方はこちらのページに詳しく記載してあります。

ナンバー

赤い車

前の持ち主が使っていたナンバーではなく、新しいナンバーに変えたい場合には、取外して軽自動車協会へ返却し、新しいナンバープレートを購入する必要があります。

その場合、ナンバープレート代金が加算されます。

種類 ナンバープレート代金
普通ナンバー 1,600円~2,000円
電光ナンバー 3,000円~4,500円
希望ナンバー 上記プラス 3,000円~4,500円

軽自動車は、「封印」作業がないので軽自動車検査協会に車を持ち込まず家でナンバープレートを外すことが出来ます。

「封印」とは・・・普通車は車両盗難などを防ぐため、陸運局職員によって後ろナンバーのネジの上にアルミの銀色キャップを被せ封印します。これによりナンバーを勝手に外せないようになります。

自宅に車を置いたまま名義変更をしたい場合は、ドライバーで前後のナンバーを取り外して、業者に渡しましょう。

車を預ける場合は、業者が取外しや取り付けをしてくれます。名義変更後は、新しいナンバーを自分で取り付けましょう。

印鑑

印鑑は、認め印(三文判)でOKです。

軽自動車の譲渡/名義変更はいそがないとダメ?

車のキーを渡す

名義変更は速やかに行いましょう。それには重大な訳が3つあります。

1.法律と罰則

車の名義変更は道路運送車両法で、車を所有してから15日以内に行うと定められています。

決められた期間以内に車の名義変更を行わないと道路運送車両法第109条2項により、50万円以下の罰則に処すると定められています。

長年車屋をしてきましたが、名義変更を何年も忘れていて処罰された例に合ったことはありません。よほど別件で悪いことをした場合などに適応されるのかもしれませんね。

2.賠償責任義務

名義変更せず、万が一事故をおこし第三者に損害を与えた場合、事故当事者に支払い能力がなかったら、車検証上の所有者(前の持ち主)に賠償義務が発生します。

これはマジやばいです。
車を売った場合は、早めに名義変更してもらいましょう。

https://c-hiho.com/car/kojinbaibai-trouble/

3.自動車税の徴収

軽自動車の自動車税は車検があるナシにかかわらず、その年度の4月1日時点の「車検証の所有者」➡前の持ち主に軽自動車税の徴収票がとどきます。

つまり、3月31日までに名義変更しないと、前の持ち主に迷惑がかかってしまうのです。早めに名義変更を済ませる事が肝心です。

まとめ 軽自動車の名義変更費用はどこが安い?ディーラー・車屋・行政書士料金を比較

軽自動車の名義変更で一番安かったのは、行政書士です。

料金が安い行政書士には条件があって、車の名義変更や登録に専門性があり、陸運局に距離が近い「行政事務所」をインターットで検索しなければなりません。

郵送での手続きが多く、書類に不備があると2度手間になるので一般の人には難しいでしょう。

次に価格が安いのは、個人で経営している小規模な車屋や修理工場です。もともとの価格設定も安価ですが、購入歴、車検での付き合いがあればさらに安くしてくれる可能性がありねらい目です。

1番価格が高いのは、ディーラーで、他の業者より5,000円~8,000円高額です。しかし、専門力とスピーディの仕上がりは信頼度が高いです。

名義変更の代行業者は様々です。

安価な業者を選んでも、仕上がる日にちをきちんと取り決め、前の持ち主に迷惑がかからないよう確実に仕上げる事が大切です。

それでは良いカーライフをお送りください(@^^)/~~~

タイトルとURLをコピーしました