スポンサーリンク

自動車のローンは何年?★年数決定の重要ポイント6つ紹介!!金融機関6社の利息と返済年数一覧表

車のローンは何年 南国

・自動車のローンは「最長」何年まで組めるの?
・自動車のローン、何年払いがいいの?
・一般的にどうやって何年払いか決めるの?
・車屋さんが勧める支払年数は?
・自動車ローンの金利はどのくらいかかるの?
・「10年長期ローン」を断られたけどどうして?
・みんなは自動車のローンを平均、何年払いを選んでるの?
・収入だけで支払年数を決めていいの?
・自動車にかかる経費は1年にどのくらい?
・自動車の購入金額の目安やローンの借入目安は?

今日は、こういった自動車のローンに対する疑問にに答えます。

 

案内するのは、新車中古車販売・国土交通省/陸運局認証車検工場を営むオートディラーの「長嶋」です。50年の経験をもとに解説します。

スポンサーリンク

自動車のローンは何年?★年数決定の重要ポイント6つ!!金融機関6社の利息と返済年数一覧表

自動車のローンを組むとき、意外に悩むのが「支払年数」です。

 

車のローンは何年がベストだと思いますか?

金利を考えると、1~2年がいいんじゃないかな

10年ローンが楽だワン

自動車のローンの支払い年数は、お客様の「収入」や「価値観」にもよって異なります。

一番良いのはお客様の「ライフプラン」に合わせた無理のない年数で設定されるのがベストだと言えます。

ところが、私ども自動車販売ディーラーはほとんどのお客様に

「5~6年ローンの方が支払いがベストです!!」

と、お勧めしています。

これから解説する「ローンの年数を決定するための重要ポイント6つ」を読むことで、「5~6年」の返済期間がなぜお勧めなのか、理由をお分かりいただけると思います。

では、その前に自動車ローンの基本的なことからお話していきますね。

自動車のローンは最長何年?/銀行別年数と利息

スマホを持つ女性

自動車のローンは最長何年まで組めるの?

「自動車のローン」って、何年まで組むことが出来るかご存知ですか。

銀行によっては10年払いもありますが、ディーラーや信販会社の支払い年数は短いです。

銀行/農協系 ディーラー系や信販会社
最長7~10年
(84回~120回)
最長6年~8年
(72回~96回)
みずほ銀行 7年 
三井住友銀行 10年
三菱東京UFJ銀行 10年
住信SBIネット銀行 10年
JAバンク 10年
トヨタ 8年
ホンダ 7年
労金 10年

(信販系とは、オリエント/アプラス/イオンなどローン専門の信販会社のこと)

自動車ローンの支払年数が多いと支払額が分割されて少なくなりますが、その分金利が多くなってしまいます。

では、自動車ローンはどのくらいの金利を支払らわなければならないのでしょうか?

金融機関別/自動車ローンの金利一覧表

金利は、ローンを借りる金融機関によって大きく異なります。
また、審査のきびしさも違います。

  銀行/農協系 ディーラー系や信販会社
金利 2~5% 4~10%
審査のきびしさ きびしい ゆるい
審査の時間 7~10日前後 即日

パーセントで言われても解らないわ。

では200万借りた時の金利を見てみましょう。

200万借入 5年返済の場合

金利 総返済額 月々返済 金利
2% 2,103,330 35,055 103,330
3% 2,156,240 35,937 156,240
4% 2,209,980 36,833 209,980
5% 2,264,545 37,742 264,545
6% 2,319,935 38,665 38,665
7% 2,376,140円 39,602円 376,140
8% 2,433,165円 40,552円 433,165円
9.9% 2,543,740円 42,395円 543,740円

うわ~すごい違いね。

10年も借りたらどうなるんだ?。

支払い年数別/自動車ローンの金利一覧表

支払い年数べつの、金利一覧表はこちらです。

金利/支払い年数 3年 5年 8年 10年
2% 62,263 103,330 165,920 208,320円
3% 93,847 156,240 252,072 317,450円
4% 125,725 209,980 340,336 429,880円
5% 157,903 264,545 430,704 545,570円
6% 190,378 38,665 523,152 664,490円
7% 223,150 376,140 617,672 786,600円
8% 256,216 433,165円 714,240 911,860円
9.9% 319,858 543,740円 903,288 1,158,340円

金利や年数で、支払額がびっくりするほど違うんです。

車のローンは何年? 年数を決定する際に重要なポイント6つ

スポンサーリンク

ポイント1★自動車ローンを借りる金融機関を決める

と言う事は、まず初めに条件の良い金融機関を決めなきゃね。

自動車ローンは、借りる金融機関によって「借りる条件」「支払い年数」「利息」などで金額が変わってきます。

支払年数を決めるには、どこの金融機関で自動車ローンを組むのか、はっきり決める必要があります

金利の事を考えれば

◆なるべく金利の安い銀行系の自動車ローンを組みたい
◆借りる年数を少なくしたい
と誰もが考えます。

しかし、銀行での審査は厳しく、時間がかかる事で知られています。

ほとんどの銀行での借り入れ条件は次のように決まっています。

銀行の借り入れ条件

・満20歳以上、満65歳以下の方
・完済時に満70歳の誕生日まで
・勤続(営業)年数が1年以上
・安定した収入がある事 前年度税込年収が200万円以上(個人事業主の方は所得金額)
・他にローンがあっても支払える収入があるか
・頭金があること(特にJAバンク)

 銀行 金利 借入可能額
みずほ銀行 5.875% 変動 300万まで
6.5% 固定
三井住友銀行 4.475% 変動 300万まで
三菱東京UFJ銀行 1.7~2.45% 変動 1000万まで
住信SBIネット銀行 1.775~3.725% 変動 1000万まで
JAバンク  1.690% ~ 2.250%固定 1000万まで
一般的な信販会社 8.5~9.9% 固定 申し込み者の収入による

金利の安い銀行で借りたくても、残念ながら審査が通らない場合や、上の条件に当てはまらない場合は借りられません。

その場合、金利が高くなりますが、審査の甘い「ディラー」や「信販会社」で借りることになります。

おもちゃのミニカー

でも、最初からあきらめないでくださいね。

B○Gモ○タ○などで車を購入した場合、言われるまま信販系の自動車ローンを組んだら9.9%もの金利で失敗したというお客様は大勢います。

信販系でも安い金利のものがネットで申し込める場合がありますので、十分吟味してローン会社や支払年数を決めましょう。

また、販売店に金利を下げるよう交渉をしてみるのも良いでしょう。(他の店で車を買うと言えば、案外、あっさり下げてくれる場合が多いです。)

さて、こまでで支払い年数を決めるポイント1をお話してきましたが、借りる金融機関が決まっても、なかなか支払年数が決まらない方もいらっしゃいます。

ここからは、当店のお客様A様の場合を参考にして支払い年数を考えてみましょう。

ポイント2★月収や年収で決める

30代 A様の場合 年収300万 200万の車を購入

月々4万~5万円返せそう

3年払い(36回)がいいわ~♪
参考ローン詳細 3年
借入金額150万円 頭金50万
一般的なオートローン金利3%
ボーナス払いなし
分割/月 43,621 円×35 回
分割/月 43,632 円円×1回
金利 70,367  円
総支払額 1,570,367 円
最初は3年払いを希望

★ここでのポイント

車の購入価格は「年収の半分」がベストだと言われています。

車のローンの支払回数を決める際には自分の収入に合った「予算」を組み、しっかり計画をたてましょう。月々いくらの返済ができるのか逆算して何年払いにするのかを決定することが大切です。

★車の購入価格の目安
「年収の半分」が経済的にバランスの良いカーライフが送れると言われています。
★ローンの審査が通るめやす
借りたい金額が年収の35%以内なら審査に通りやすい
(もっと高額でも、頭金や家族構成で緩和される場合あり)

この「めやす」に満たない場合は、頭金を入れるなどして調整することをお勧めします。

ポイント3★維持費を計算に入れる

えっ!!
維持費を考えてなかったわ。

車のコストは、購入する時だけではなく「維持費もかかる」事を忘れてはいけません。

1年間に車にかかる維持費は、軽自動車は30~40万円、普通自動車では40~50万円かかると言われています。車の維持費の内訳は下記の通りです。

車の維持費

・毎月のガソリン代
・駐車場代
・スタットレスタイヤなどの消耗品
・オイル交換/3カ月ごと
・自動車税/1年に1度
・任意自動車保険料
・2年ごとにかかる車検代(新車乗用の場合は初回だけ3年)

これをうっかりしてローンの返済額を増やし、毎月の出費の多さに苦しんだ方もいらっしゃいます。

「自動車保険料」や「車検」の支払いも忘れずに、払金額に無理があると感じたなら、ローン返済回数を多くして毎月の支払い額を減らしましょう

維持費を考えると4年払い?
車の維持費を考えると3万円/月

やっぱり4年(48回払い)へ払いにするわ~♪
参考ローン詳細4年
借入金額150万円 頭金50万
一般的なオートローン金利3%
ボーナス払いなし
分割/月  33,201 円×47 回
分割/月  33,201 円 ×1回
金利 93,648 円
総支払額 1,593,648  円

ポイント4★中古車/過走行車/輸入車の購入はリスク増

中古車や外車は「修理代」かかりそうだワン

中古車は、消耗部品+工賃などが新車に比べて多く、近い将来に余計な支払いが増える可能性があります。つまり購入した時点でリスクがあるという事になります。

リスクがある車

・中古車
・過走行車(走行距離が多い車)10万キロ以上
・年式が新しくても走行距離が多い車
・事故車
・輸入車

日本車の部品耐用年数は長く「10年間/10万キロ前後」までは心配はないと言われているので神経質になる必要はありませんが、それを超えた車は修繕箇所が多いのは確かです。

輸入車はもっと注意が必要です。
部品の耐用年数は短く、一カ所の部品が10万円を超える高額な修理/工賃が多いので注意が必要です。

中古車/過走行車/輸入車を購入時には、万が一の故障した場合に修理費の支払いが出来る体制を整えておかなければなりません。

ポイント5★車への価値観 あなたはどのタイプ?

私はどのタイプかしら?

「ローンを何年払いにするか」は、「車への価値観」にも左右されます。

次の3つのタイプを見てみましょう。あなたはどのタイプですか?

◆乗り潰すタイプ

車は消耗品だから、ボロボロでも乗れなくなるまで乗るのさっ!!

➡長期ローンがお勧め

◆常に最新型車に乗りたいタイプ

やっぱり、車は常に性能の良い最新型だろ!!
ハイブリットや電気自動車は低燃費だし、税金も安い。
安全装置が付いていて安心だ。

➡買い替え周期が短いので短期ローンがお勧め

◆税金対策/こだわりなし

わしはこだわりがないよ。
車を買うのは、税金対策だしね。
➡長期/短期ローン どちらでもよい

ポイント6★人生設計/ライフプラン

最後のポイントは、あなた自身の人生設計です。ご自身のライフプランがはっきり決まっていないと言う方も、良い機会ですからざっくりと考えてみましょう。

例えば・・・

・ライフプランはないが借金はない方がいい
・結婚前にローンを終わらせたい
・30歳までに子供が欲しいからそれまでにローンを終わらせたい
・子供にお金がかかる進学前にローンは終わらせたい
◆支払年数を少なくしよう
・特に何もライフプランがない
・経費は少なく無理なく、豊かな人生を送りたい
・人生何が起こるか解らない。現金は手元に置いておきたい
・現金は投資に使いたいので、低金利ローンを長く組みたい
・支払回数が多くても、一生に1度は高級車やスーパーカーに乗りたい
◆支払年数を多くしよう

以上が、ローン年数決定の5つのポイントです。さてAさんは、何年ローンを選んだのでしょうか?

子供が生まれたらお金がかかりそう

やっぱり5年(60回払い)にするわ。
参考ローン詳細5年
借入金額150万円 頭金50万
一般的なオートローン金利3%
ボーナス払いなし
分割/月 26,953 円 × 59 回
分割/月  26,919 円×1回
金利 117,146 円
総支払額 1,617,146 円
5年払いに決定!!
当初、A様は3年(36回払い)を選択しましたが最終的には、お勧めした「5年/60回払い」に決定しました。ガソリン代/自動車保険代金/車検代などの車の維持費やご自身のライフプランを考え、無理なくゆとりをもって返済していきたいと考えたのです

自動車のローン、みんなの返済は平均何年?

さて、ここまでで基本的なローンの説明をしてきましたが、自動車のローン、みんなは何年でローンを組んでいるのでしょう。

当店でローンを組んたお客様ですが、

・1年未満(12回)
・2~3年(24回~36回)
・5~6年(60回~72回)

この3つがほとんどです。

その中でも「5~6年」が一番多く選ばれています。

お気づきかと思われますが、7~10年の長期ローンを組んだ人は1人もいないんです。

では、なぜ長期ローンは組まれないのでしょうか?

7~10年ローンが嫌われる理由

車のローン

自動車は高額なお買い物です。

ローンを10年払いにすると月々の返済が少なくてとても楽だと思いますよね。

確かに楽だけど・・・

当店のお客様で「7年から10年」の返済期間を選んだお客様はほとんどいません。

もちろん、借入期間が多いほど金利が高くなるので選ばないという人も多いです。

でも実際には、貸し出すほとんどの金融機関が「長期ローン」を嫌って貸し付けを行わないからなんです。

なぜなら、万が一支払いが滞った場合、回収できなくなるからです。

万が一の場合、ローン会社の回収方法は、自動車を差し押さえでの回収になります。

でも、10年なんて長いローンだったら車はポンコツ、価値がなくなっちゃいます。

つまり、貸した側は大損になるというけです。

ですから自動車にまだ価値がある「5~6年以内」に回収したいので、「7~10年ローンは嫌う」➡断られるという現象がおきちゃうんですよね。

最長10年をうたっていても、一般的に「5~6年のローン」を勧められるようです。

自動車のローンは何年? まとめ

「何年でローンを返済しようか」と悩んでいるお客様にはやはり「5~6年払い(60~72回払い)」をお勧めします。ローン年数決定の5つのポイントを考えると、やはり5~6年払いが一般的に選ばれているようです。

「金利」でみると、最近ではネット銀行系の低金利オートローンも多くみられます。ディーラー等でも常に低金利キャンペーンをしているので、5年ローンでも十分お安い金利で利用する事が出来るでしょう。

また、オートローンは途中で返済プランを変更することも可能です。やっぱりローンを「一括返済」したい、逆に支払いが大変だから、もう少し長期返済にしたいという変更にも対応してくれます。

せっかく憧れのマイカーを購入したのに、「背伸びしすぎて購入したのではないか?」「維持できるのか?」などと不安になる前に、ぜひ「自動車ローンの支払年数」を精査し、素晴らしいカーライフを送りましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました