スポンサーリンク

車 現金一括/ローン どっちが多いの?割合は?「購入時のお得な支払い方法・比較や決め手」

車購入時にお客様から、

悩む人

車の購入時の支払いは、現金一括払いローンとでは、

「どっちが多いですか?割合は?」

「どっちが得ですか?」

という質問を良く受けます。

本当に迷うわよね。どっちが多いのかしら?

現金一括の方が、金利がなくて絶対得だろ。

営業マン 教える

いえいえ、現金一括の方が良いと一概には言えません。現金一括が不利になる場合もあるんですよ。

今日は、「現金一括」か「ローン」で迷われている方の為に


「現金一括」か「ローン」

◆どっちで買う人が多いの?割合は?
◆どんな人が現金一括で払うの?
◆どっちがお得なの?
◆メリットとデメリット
◆「新車」の場合はどっちが得?
◆「中古車」の場合はどっちがおすすめ?
◆「高級車」を買う場合はどっちがいいの?
◆他にお勧めの支払い方法ってあるの?

など、業者の裏事情も含めて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

車 現金一括/ローン どっちが多いの?割合は?「購入時のお得な支払い方法・比較や決め手」

スポンサーリンク

車のローン「割合」どっちが多いの?

車を購入する際、現金一括で支払われるお客様は全体の2割。ローンを組まれる方は全体の8割と言われています。

当社でも、やはり8割のお客様がローンで車を購入しています。


ローン 全体の8割
現金一括 2割

「現金一括払い」の決め手

「現金一括払い」をされる客様は、預貯金がある方ですが、その中でも年輩の方や若い女性が比較的多いです。

では、そういった方達はどういった決め手で「現金一括払い」を選んだのでしょうか?

価値観で選ぶ

現金一括払いの決め手は何と言っても金利がない事でしょう。借金がないという点でも胸も張れます。

特に、お年を召された年配の方は、「現金一括払い」をする方が多いです。

貯金をして一括で払う事を「正統」と感じている方が多く、現金一括払いをする割合が多いです。

老夫婦

物を大切にし、コツコツと貯金をしてから欲しい物を手に入れる時代に育っているので、少しの利息ももったいないとローンを組みません。

現金一括で支払う事に誇りを持っている素晴らしい世代です。

もちろん、若い方にもそういう精神の方もいらっしゃいます。つまり、お金に対する価値観で「現金一括払い」を選んでいるのです。

ライフプランで選ぶ

結婚前の20代の若い女性はローンを組まず「現金一括払い」をされる方が多いです。

喜ぶ女性

結婚前の若い女性は、結婚や出産を見通してか、大きなローンを組まれるお客様はほとんどいません。

結婚後、仕事を辞めたら安定した収入がなくなりますし、大きな借金を抱えて入籍するのは気が引けますよね。自分の貯金の範囲内で車を購入し一括払いされるか、親からの支援と合わせて一括で購入される割合が多いです。

若い方は「現金一括にしたほうがいいよ」と両親にアドバイスされていたり、祖父母からお金をだしてもらった場合も「現金一括」にするようです。

なかにはローンを組む方もいますが、「頭金」を入れて短期ローンだったり、フルローンでも1年後に一括返済する方が多いです。

やはりお若くても女性は本能的に、しっかり先を見通したライフプランをたてていると言う事ですね。

「ローン払い」の決め手

コストコの食卓

ローンのメリット

ローン払いは金利を支払わなければならないというデメリットがありますが、次のようなメリットもあります。

◆預貯金がなくても、高級車が買える事
◆まとまったお金が必要な時の為に、お金を残しておけること
◆毎月の金額が定額で、計画的にライフプランがたてられる事

などが挙げられます。

貯金がなくてもフルローンで憧れの高級車を購入することも出来ます。万が一の時の為に貯金の一部を残し、頭金を支払う一部ローンでは、安心感を得られることも出来ます。

毎月の定額の出費は、将来のライフプランをたてやすく、気が変わったら一括返済することも出来る便利さがあります。

やはり、そういう便利さがローンを使う決め手になっているようです。

ローンのデメリット

ローンを貸し出しは大きく分けて、銀行系・ディーラー系・信販系の3つで行っています。

金利の安い銀行系ローンは審査が厳しく、頭金がなければ借りられない場合もあります。また、金利が高い信販系のものは10%もあり、大きなデメリットとなっています。

ローン会社 金利
銀行系 2.5%前後
ディーラー系 4.5%前後
信販系 9%前後

買い物

しかし、信販系ローンは審査が甘いので、銀行ローンやディーラーローンの審査が通らない場合でも、スビーディにローンか借りられる利点があります。

銀行系のローンは、現金購入と変わらないような安い金利で購入できると言う理由で、銀行や農協ローンを利用して車を購入されるお客様が多いです。

他にお勧めの支払い方法

ローンには、「残価設定」や「リース」など特殊なローンもあります。


「残価設定ローン」
とは、ローン終了後のお客様の車の価値を決め、その価値を差し引いた分だけローンを組むと言う方法です。毎月の支払いを最小限に抑えたいと言う方にお勧めです。


「リース」
は、名前の通り車を一定期間リース(借りる)ことです。リース代には、車検代や整備代も含まれている場合も多く、月々定額で気楽に車を所有できると人気になっています。

様々な「車の支払い方法」の違いやメリット・デメリットを知りたい方はこちら

◆新車の場合「一括/ローン」どっちがお得?

新車を購入する場合、お得感が味わえる支払い方法は「ローン」です。

なぜなら、一般的にローンの場合の方が「値引き」や「サービスオプション」が多くなるからです。(銀行ローンの場合は除外)

 

ローンの方が値引きが多い?
どういうことなの??

 

ディーラーや中古車販売店は、ローン会社にお客様を紹介してローンを組んでいただくことで紹介料(キックバック)が入ります。

ですからその分、現金一括のお客様より大きな値引きやオプションをサービスすることが出来るのです。

運がいい時は、同じ車を購入したのに「ローン払い」の方が得をしたというケースのお客様もいらっしゃいます。

車値引き

◆結局どっちがお得?


新車を購入する際の支払い方法は、ローンの金利、値引き額、オプション金額、総支払額などを計算し、どちらがお得かよく吟味してから支払い方法を決めましょう。

ちなみに、ローンの年数やが金額が大きくなるほど、キックバックの金額は多くなります。つまり、高額なローンを組む場合は、どんどん値引き交渉をしなければ損という事になります。

とはいっても、値引き交渉が苦手な方は無理をせずに、現金一括払いにしておきましょう。

ドライブする女性

また、銀行ローンの場合は金利が安いため、さらに安いキャンペーンなどを利用すれば現金一括と同じような金額で車を購入できる場合があります。貯金を全部はたいて無理をするよりも、低金利のローンを組んだ方が安心と言う方も多いです。

借金をするのも不安だし、手元にお金がなくなるのも不安・・・と言う方は、万が一の時の為に一部を残し、残りを頭金として払って少額ローンを組みましょう。

スポンサーリンク

◆中古車の場合「一括/ローン」どっちがお得?

中古車の場合も、ローンのキックバックが入りますが、新車のような値引きは期待できません

中古車は、中古車市場で相場が決まっていますから新車ほど利益幅がありません。できるだけ安くプライス表示して、お客様を呼び寄せなければならないのです。

その為の宣伝費・広告費等の経費も掛かっているので、最低限の値引き・サービスのみになります。

その為中古車の場合は、ご自身の経済状況に合わせて「現金一括」「ローン」を選ぶ必要があります。その際の注意点、お得情報を記載しておきます。

中古車の「現金一括払い」の注意点

中古車は、新車と違い部品が消耗しているので、消耗品の交換や故障のリスクを伴います。中古車は購入して3カ月間3000kmまでの補償か一般的ですし補償される範囲は一部のみです。ですから、それ以外の修理は持ち主が負担しなければなりません。

やっと溜まった貯金をはたいて車に一括払いしてしまった場合、突然のリスクに伴う出費に対応ではなくなってしまいます。

突然のリスクに備えるだけの資金が手元に残る場合のみ、一括払いを行いましょう。

中古車掘り出し物はローンでさらにお得

中古車の中には、売れずに長く展示してあり「見切り価格」の中古車もあります。掘り出し物と呼ばれる中古車ですね。

こういう車を見つけたら、ローンを組むとさらに安く買いたたく事が可能です。希少車でない限り、中古車は年数が経つとどんどん価値が落ち、損失も膨れ上がります。

販売店は、なんとか早く売ってしまいたいのでこういう場合は、とことん駆け引きを楽しんでください。

値引きがダメなら、「スタットレスタイヤのサービス」などを提案してみると意外にOKしてくれます。気前のよい販売店主に巡り合えると良いですね。

◆高級車を買う場合 現金一括/ローン どっちがお得?

車の購入 パガーニ

高級車の支払いをする方は、高額になるほど一括払いをされる方が多いという話を聞いたことがあります。高額とは500万円~1000万円くらいの金額の事です。

1000万円ものローンは、やはり利息も大きいですからローンは無駄なのでしょうね。

ところがホリエモンさんは、車はローンで買うべきだと力説しています。投資家は車に一括払いするまとまったお金があるなら、投資してお金を増やしたほうがローンの金利以上に儲かるのでしょうね。

また、会社の税金対策の為にローンを組み、経費で落とされている方も多いです。

高級輸入車を購入する場合は、カードで一括払いされる方もいます。国産車はカード払いが出来るお店はほとんどありません。ディーラーカードでも車両価格の一部のみ、30万円までが限度です。ディーラーカードを使用すると、高ポイント還元が受けられるのでお得です。詳しくはこちら

車 現金一括/ローン どっちが多いの? まとめ

どっちが多いの?
・車購入時の支払い方法は、 現金一括よりローンで支払う人が多い
・車のローンの割合は、全体の8割

現金一括払いのメリット/デメリット
○現金一括払いは金利がない分、安く車が買える
○借金がない
▲新車の値引きが少ない

ローンのメリット/デメリット
○資金ゼロでも、毎月少しずつの支払いで車が買える
○万が一の場合のお金を手元に残せる
○毎月の支払いが一定なのでライフプランがたてやすい
▲車に所有権が付くのでローンが終わるまで自分のものにならない。

その他
・新車購入時、現金一括払いは値引き額が少ない
・中古車は消耗品や故障のリスクあり。現金一括払いはリスクの蓄えがあればOK。
・高級車は高額になるほど現金一括/クレジットカード払が多い

スポンサーリンク
車を初めて買う人に「失敗しない16のポイント」★購入前の基礎知識、車種やオプションの選び方、値引きや契約手続きのノウハウなどを解説
車を初めて買う人に「失敗しない16のポイント」★購入前の基礎知識、車種やオプションの選び方、値引きや契約手続きのノウハウなどを解説
初めての車購入は、これで安心。
車支払い方法の5つを解説★購入時のお勧めは?「 現金一括・ローン・クレジットカード・残価設定・リース」
車支払い方法の5つを解説★購入時のお勧めは?「 現金一括・ローン・クレジットカード・残価設定・リース」
車の支払い方法を、業者の「裏情報」も交えて解説
車 現金一括/ローン どっちが多いの?割合は?「購入時のお得な支払い方法・比較や決め手」
車 現金一括/ローン どっちが多いの?割合は?「購入時のお得な支払い方法・比較や決め手」
「現金一括」か「ローン」で迷っても読めば納得、解決。
車のローンは何年?★年数決定の重要ポイント6つ紹介!!8社の返済回数と金利一覧表
車のローンは何年?★年数決定の重要ポイント6つ紹介!!8社の返済回数と金利一覧表
実際の金利や、支払い額も具体的に公開。
中古車購入の手引き★購入したら事故車??騙された?事故車の見極め方
中古車購入の手引き★購入したら事故車??騙された?事故車の見極め方
自分の乗っている車が「事故車」か調べる方法も解説
新車・中古車購入時の支払いタイミングはいつ? 解り易く図解で解説/現金一括・ローン・頭金・手付金などの時期
新車・中古車購入時の支払いタイミングはいつ? 解り易く図解で解説/現金一括・ローン・頭金・手付金などの時期
現金一括・ローン・頭金・手付金などの支払い時期を解説
車購入★現金一括の振込 「支払い時期、ATM限度額、振込手数料の要否」など詳しく解説
車購入★現金一括の振込 「支払い時期、ATM限度額、振込手数料の要否」など詳しく解説
分割振込の可否・振込の際の領収書の請求なども解説
「納車」とは。あなたは大丈夫?★間違いやすい「納車」の正しい意味と使い方
「納車」とは。あなたは大丈夫?★間違いやすい「納車」の正しい意味と使い方
車屋さんが教える、正しい「納車」の意味と使い方を解説
車の個人売買 トラブル注意点 名義変更後の自動車税金計算の方法も解説
車の個人売買 トラブル注意点 名義変更後の自動車税金計算の方法も解説
愛車を高く売る方法・自動車税の計算請求方法も解説
車のローン 名義変更は「完済前」にできる? 離婚や病気、借り換え、残一括の場合などを解説
車のローン 名義変更は「完済前」にできる? 離婚や病気、借り換え、残一括の場合などを解説
高齢者に「おすすめの軽自動車」購入、買い換えの際に選ぶ必須ポイントを紹介
高齢者に「おすすめの軽自動車」購入、買い換えの際に選ぶ必須ポイントを紹介
タイトルとURLをコピーしました