車購入★現金手渡しでも大丈夫?現金払いのメリット/デメリット

車購入★現金手渡しでも大丈夫?

車を購入し代金を支払う際「振込」を指定されることがほとんどですが、中には「現金手渡しOK」のお店も沢山あります

今日は、現金手渡しがなせ嫌われるのか、支払える店はどこか。現金払いのメリット/デメリット。支払いのタイミング等も合わせて解説していきます。

案内するのは、新車中古車販売・国土交通省/陸運局認証車検工場を営むオートディラーの「長嶋」です。50年の経験をもと実際に起こったトラブルや解決方法を解説します。

スポンサーリンク

車購入★現金手渡しでも大丈夫?現金払いのメリット/デメリット

スポンサーリンク

現金手渡しは断られる?

車の支払いは、現金の「手渡し」をイメージする人が多いですが、現在ディーラーでは「現金」の取り扱いはしていません。

「振込」を指定される場合がほとんどです。現金手渡しは断られます

営業マンバツ

最近では電子化や、社会のキャッシュレス化が進んだせいで、車の支払いは「振込」が一般的となりました。

私たち販売協力店が新車をディーラーから仕入れる場合も、必ず「振込で!!」と念を押され、現金は受け取ってもらえません振込です。

現金手渡しは嫌がられる?

以前は、店頭で現金一括払ができましたし、セールスが自宅を訪問し集金してくれました。

お客様も、多額の現金をポンと手渡しできて爽快、気持ちよかったんですけどね。

でも実をいうと、現金手渡しをするお客様は、我々営業マンには昔から嫌がられたんです

手渡しで支払うと嫌がられる理由はこんな感じ。

・数えるのが大変
・保管・管理が大変

・経理が複雑になる
・遅い時間帯の集金の場合、夜間金庫に預けられない
・従業員・セールスの持ち逃げ、紛失
・「現金客」より「ローン客」のほうが儲かる(ローン会社からのキックバックが入るから)

などの理由です。

え~、びっくり。
現金で払える店はないの?

スポンサーリンク

現金払いがOKの販売店もある

現金払いOKの店

車購入時の支払い方法は「振込」が一般的ですが、中には「現金手渡しでもOK」の店もあります。

現金OK

 現金払いOKの店

・販売協力店
・中古車販売店
・車を販売している「車検修理工場」

全国チェーンのような大型販売店は振込ですが、個人で経営している「販売協力店」・「中古車販売店」・車を販売している「車検修理工場」などでは現金手渡しでの支払いが可能です。

個人経営の店舗では、ディーラーほど経理や管理が複雑ではないので、比較的快く「現金でもいいですよ~」と言ってくれるお店が多いです。

「売上計上を翌月にしたい」など、確定申告対策に「現金の方が歓迎」なんていう店舗もあります。

では、車を購入した時「現金払い」のメリットは何でしょうか。

現金手渡しのメリット

貯金箱

確実に手渡せる

振込となると、なんだか機械的で寂しいものですが、対面で現金を渡し、代わりに車を受け取る。

車の為に必死で貯めたお金を「確実に手渡す」ことで感動が生まれ、あらためて大切に乗ろうと感じる人は少なくないでしょう。

店主と、ひざを突き合わせ、車の話題で盛り上がり、信頼も深まり、次の購入や「車検」もここにお願いしようと言う親近感も沸きます。

面倒がない

タンス預金をしている人は、そのまま現金を持って支払いが出来るので面倒がありません

金融機関のほとんどのATMでは、振り込め詐欺防止の為に100万円までしか振り込めません。

高額な車両の支払いになると、何回も振り込む作業が必要になってしまいます。その点、手渡しですと簡単ですね。

振込手数料がかからない

預金通帳

ATMの支払いは、振込手数料がかかります。

ディーラーは「振込手数料を引いていいですよ」と言ってくれますが、高額の車両の場合、数回に分けて振り込むと、振込手数料が何度もかかってしまいます。

一括で振り込めないのは、こちらの落ち度のような気がして、さすがに何度も差し引けませんよね。

他銀行宛てですと、1回の振込手数料が660円~770円(銀行によって異なる)です。

300万円の車を100万円×3回に分けて払うと、1980円~2310円も振込手数料がかかってしまいます。

これなら手渡しで支払った方が、手数料がかからず良いですよね。

好きな時間に支払える

ベージュの車

現金で手渡しの場合、好きな時間に支払えます

銀行の窓口やATMのように閉店時間を気にせず、自分の都合の良い時間にアポをとって支払いに出向けます。

また、銀行の窓口で多額の現金を振り込んだり、通帳から送金する場合は、本人が行かないと手続きが行えません。

代理で家族に行ってもらっても、必ず確認電話をとれるような状況にしておかないと振り込んでもらえないので、不便です。

値引きをしてもらえる

振込の場合は、派数まできっちり支払わなければなりませんが、「対面で手渡しの支払い」ですと、数千円、数百円を値引きカットしてもらえることが多いです。

ダメもとで、交渉してみるのも良いですね。

現金手渡しのデメリット

身の危険を感じる

物騒

大金を持ち歩くのは、物騒です。支払いが終わるまで、紛失しないか、誰かが後をつけてこないか心配になります。人の目が気になり、他人を疑ってしまいます。

ATMや銀行での引出しがたいへん

ATMは、普通のキャッシュカード50万円 まで、ICチップ付きキャッシュカードでは100万円までしか下せません。

銀行窓口では、振り込め詐欺防止の為銀行員が目を光らせ、本人確認書類・契約書の提出が必要となります。

どうせなら、そのまま振り込んでしまった方が楽ですよね。

車契約の流れと支払いのタイミング

車契約の流れと、支払う項目・タイミングは以下の通りです。

1.車の購入/契約 を結んだ時     
頭金を払う「新車」10~20万円
 頭金は、自動車税・重量税・自賠責保険
 などの諸費用分が最低入金金額
 (頭金は登録日 真近の支払いでもOK)
手付金を払う「中古車」
 ➡振込または、店頭現金手渡し

2.登録日※が近づいたら
頭金を払う「新車」まだの場合
 ➡振込または、店頭現金手渡し
※登録日とは、車検証に新所有者を登録する日

3.納車日の2~3日前
頭金・手付金を引いた残額を支払う
 ➡振込または、納車日に店頭現金手渡し
 振込は納車日前日までに支払う。納車後の支払いはしない。

振込前に知っておきたい予備知識

車の購入代金を、いざ「振り込もう」となった時、多くの人が様々な問題点にぶつかります。

悩む人

・いつ支払えばいいんだろう・・・
ATMの1日に振り込める限度額は?
・振込手数料はいくら?
・ネットバンクングで振り込める?

・仕事を休んで銀行に行けない場合はどうしたらいい?
・本人以外が振り込む場合は?
振込手数料は引いていいの?
・車両代金は数回に分けて振り込んでもいいの?
・振り込んだのにディーラーから電話が来ない。
・振り込んだ場合、車屋さんから領収書もらえるの?

振込前にはこれらの予備知識が必要です。
こちらのページで解り易く解決方法を解説しています。

車購入★現金手渡しでもOK?現金払いのメリットは沢山ある

最近は、車購入代金を「振込」指定の販売店がほとんどですが、現金払いが出来る店や、メリットも沢山あります。

「現金手渡し」での支払いは、確かにキャッシュレス化の今の時代には逆行しています。

しかし現在、車の支払いは「クレジットカード」で支払えない人がほとんどですし「電子マネー」のように簡単に支払えません

現金払いの方が都合が良いお客様も沢山いるはずです。

当店では、これからも現金でのお支払を受け入れていく予定です。お客様のニーズに答えて、振込・現金を選択できるお店と出会えると良いですね。それではまた。

 

お急ぎください!
1月から3月の繁忙期は車の買取相場が高くなります
査定はお早めに!

カーネクスト なら来店不要!電話で無料査定!!
どんな車でも、0円以上の買取保証!!
廃車手続きレッカー無料
自動車税還付あり

カーネクスト無料査定はこちらから

車検証の準備をするとスムースです

 

1月から3月の繁忙期は車の買取金額が高くなります

少しでも車を高く売りたいなら、廃車の車でも0円以上で買取してくれるカーネクスト がおすすめです。

かんたん20秒の入力だけ。あとは電話査定なので、他社査定のように自宅に車を見に来ることはありません。普通自動車は自動車税の還付も受け取れるのでお早めに!!

タイトルとURLをコピーしました