スポンサーリンク

「納車」の意味、あなたは大丈夫?★間違いやすい「納車」の正しい意味と使い方

納車の意味を説明する男性

間違えやすい「納車」の意味。あなたは大丈夫?

★車屋さんが教える、勘違いされやすい「納車」の正しいの意味と使い方を解説。解り易い「納車」使い方例やパータンも紹介しています。

案内するのは、新車中古車販売・国土交通省/陸運局認証車検工場を営むオートディラーの「長嶋」です。50年の経験をもと実際に起こったトラブルや解決方法を解説しています。

スポンサーリンク

「納車」の意味、あなたは大丈夫?★間違いやすい「納車」の正しい意味と使い方

今日、お客様から面白い話を聞きました。
なんでも「納車」という言葉の意味で、家族で喧嘩になったというんです。

お前、何の車を買うか決めたのか?

トヨタの新型RAV4を納車する予定

納車する?・・・おまえ納車の意味わかって言っているのか?

車を買うって事だろ?

違うよ。おまえは、納車される側なんだよ

え? どういうこ?。

本来の納車の意味

納車の意味とは

車の販売業者が、自動車/バイク/自転車などを購入者に納入すること。
また、修理や車検の終わった車を依頼者に届けることです。

勘違いされている納車の意味

「納車」の意味を勘違いされている方は結構いらっしゃって、私もお客様との会話に違和感を感じる事が多々あります。違和感を感じても、わたくし長嶋は、もちろん黙っていますけどね。

「車の購入予定はいつごろですか?」

12月ごろ、納車する予定です。

?? う~む・・・

12月頃に車が欲しいとなると、この会話の正解は、

「12月ごろに購入予定です」または
「購入したいです」
と、答えなければなりません。

あえて、「納車」を使いたいのなら、

「12月ごろに納車してもらいたい」
「12月ごろの納車を希望します」
「納車は12月ごろにお願いします」

が、正しい言い回しです。
そう、「納車」は、車屋さんがするものなんです。

車購入の流れで「納車」の意味を知る

「納車」の意味は、「車購入の流れ」を理解してくだされば簡単です。

お客様は、販売店に行き車を買います。とはいっても、車をすぐに乗って帰れるわけではありません。私たち販売店は、車が売れると様々な手続きが必要になり大忙しになります。

まずは「車庫証明」。売れた車が、お客様の家の「どの場所」に駐車して管理するのかお聞きして書類を作成。もよりの警察署に届け出て「車庫証明書」を出してもらいます。

次に、新車・中古車等、車検がない車は車検をとり整備をします。

この後、お客様から印鑑証明や委任状などをいただいてお客様の名義に登録するというわけです。

ここまできてやっと、販売店はお客様に「納車」できるのです。

図解 納車意味 車購入の流れ

納車をする側、される側

なんとなくわかってきましたか?
お客様は「納車される側」「納車される立場」なんです。

納車する(車を納める)のは、車屋さんの仕事なんです。

ですから、
「いつ頃、購入予定ですか?」
と聞かれて

お客様が「12月ごろ、納車する予定です」
と、答えてしまうと車屋さんは困惑してしまいます。

「納車」をするのは、車屋さんですからね。

「12月頃に納車してください」
「12月頃の納車を希望します」
「納車は12月頃にお願いします」

と答えるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

大切な「納車」の日

余談ですが・・・「納車」という言葉を使う時、一番気になるのはやっぱり「納車の日にち」でしょう。それは、お客様にとっても待ち遠しいことですが、我々車屋にとっても、納車日はとても重要な日なんです。

車を購入すると、整備や車検、車庫証明や登録手続きで1週間以上かかるのが当たり前です。でも、お客様は契約したらすぐに乗りたい。「納車」の日を1日でも早くしてほしいとおっしゃいます。

私たち車屋は、できるだけお客様の要望に応えたいのですが手を抜くことはいたしません。購入先で「安全」に乗れるように、また「我が家の愛車」と呼ばれるようにしたい。

その為には、きちんと整備し丁寧に磨き上げ、万全な状態で送り出したいのです。ですから、できるだけはやくお客様に納車できるよう整備日程を組み、お客様に確実に納車できる日をお伝えしています。

車は日々お客様に寄り添うライフパートナーです。安全を願って「大安」を希望される方もいらっしゃるくらい、「納車」は大切な日です。私たち車屋は、この「納車日」に向かって日々仕事を頑張り続けているのです。

さて、文頭でお話したお客様の喧嘩ですが、この話には続きがあります。

父親は息子さんに、

「まさか友人にも同じこと言ってないだろうな? 恥ずかしいからやめてくれよな~」
と、さんざん「納車の意味」の間違いを責めたてたそうです。

そこで奥様が

「車の納車の言い間違いくらいで、喧嘩しないでよ」
と言うと

父親:「車の納車??? 納車は車の意味があるのに、なんで車の納車って重ねて言うんだ?」
と、またまたややこしいことになったそうです。

まあ、確かにそうですけどね(笑)

「納車」の使いかた例

納車の使い方を例を挙げていくつかご紹介します。

パターン1

・納車はいつになりますか?
・いつ納車できますか?
・納車の予定はいつですか?
・3月中に納車できますか?

納車は4月の予定です。

パターン2

いつごろ納車になるんだ?

・納車は4月になるんですって。
・納車予定は4月です。
・納車されるのは4月よ。
・4月に納車だって。
・4月に納車してもらう予定。

はい。
「納車する」のは車屋さんの私です。

このように、自分が車を購入した場合、納車作業は車屋さんが行いまのすので
× 車を納車した
× 車を納車する
は、使えません。

お客様は、納車される側なので
○ 車が納車された
○ 車を納車してもらった
となるので注意しましょう。

「納車」の意味と正しい話し方

インターネットを検索すると「ヤフー知恵袋」や「教えてGOO!」にも「納車の意味」の話題がたくさんありました。ちょっと紹介しますね。

なぜ「納車」に意味を勘違いしてる人がこうも増えたんでしょうね?
似た意味合いならともかく、逆の意味ですよ?
「フェアレディZを納車したい」だの「フェラーリとポルシェどっちを納車したいですか?」だの…
なんの疑問も違和感もなく当たり前に言ってるあたり、空恐ろしいものすら感じます。
そんなに納車したかったら車屋さんに就職したまえ。
なぜこんなに納車の意味を間違えてる輩が増えたのですか?
「ポルシェとフェラーリ」どっちを納車したいですか?!」
とか言う連中が多すぎでしょう。・・・・・・

車を納車する
納車が車を意味してるから、アタマの車なんて要らないと主人にバカにされました

「納車」ってどういう風に使うのですか?
自分がバイクを購入した際、バイクを納車したはおかしいですか?
バイクを納車された。ですか?
➡バイクを納車されたが正しいです

かなり皆さん手厳しいですね。ごらんのとおり、わたくしも日本語は得意な方ではありませんが、正しく納車の意味を知って美しい日本語を使うようにしたいですね。それではまた。

まとめ

納車は、車屋さんがするもの
お客さんは、納車される側
タイトルとURLをコピーしました