新型ジムニー 実際の「値引き」と納期は? 試乗/実燃費/グレード比較

新型ジムニー黄色

スポンサーリンク

新型ジムニー「リコール」でさらに納期遅れる!! 2020年3月

この記事を書いたのが昨年の3月28日、2020年3月になっても新型ジムニーは未だ納車されていません。(納車予定日は2019年10月)

今乗っている車の車検が切れてしまい、急きょ車検をとりました。ディーラーでは代車を用意できないとの事です。契約時にも、納期が遅れた場合の約束がなかった為、文句を言おうにも言えません。

営業マンによると、2020年3月28日の時点で、新型ジムニーはすべてのシートベルトにリコールが発生し工場出荷がストップされたそうです。シートベルトにゆるみが発生して、たるんでしまい使い物にならないとの事です。

新型ジムニーのシートベルトは、シートと一体型になっている為、シートごと取り外しての交換になるとのこと。これがすべての席のシートベルトのようなので大変な作業になります。

コロナウィルスにより海外からの部品供給もストップ。もしうまくいっても今年の8月納車だと言われましたが、それも信用できません。たぶんもう1年はかかりそうです。とほほ

7月中旬お陰様で無事、納車されましたコロナウィルスで全工場がストップしたと聞いていたので不安でしたが、なんとか納車できました。

あまりにも長い納期で、今乗っている車の車検が切れてしまって大変。でも、スズキディーラーはすべてのお客様に代車を貸せるわけではありませんから絶対に代車を用意してくれません。

通勤の足が必要な方は、自分で代車を用意するか、もう一度車検をとるしかありません。これから購入する方や今、納期を待っている方は前もって準備が必要です。


今日は納期が1年待ちという新型ジムニーの契約をしてきました。実際の試乗感想や納期、値引き等々のレポートをしたいと思います。

・納期は? 1年待ちってホント?
・今乗っている車の車検が切れたら、代車は貸してくれるの?
・実際の値引き金額と手付金
・なんでそんなに人気なの?ジムニーの魅力
・旧型との違い
・人気の色は?
・グレードの違いは?
・実燃費はどのくらい?
・安全装備は何が付いているの?
 
スポンサーリンク

新型ジムニー購入試乗レポ★実際の「値引き」と納期は?

まずは試乗レポートです。

スポンサーリンク

試乗車レポ 新型ジムニー内装/インテリアの画像

新型ジムニー運転席

新型ジムニーの試乗車の内装です。これはウレタンステアリングホイール(ハンドル)です。
シートはこんなかんじ (この試乗車はXLのマニュアル車です。)
汚れにくい素材で嬉しいです。

新型ジムニーリア

リヤゲートを倒せば、大容量の荷室が広がります。後ろの席と助手席を倒すとフラットになるので、脚立などの長いものも積載できます。

後はラゲッジボックスが付いていて、小物や汚れたブーツなどを整理収納できます。ラゲッジボックスの下には、ジャッキやツール類がまとめて収納できます。

新型ジムニーシート

16インチスチールホイールです。

新型ジムニータイヤ

1番人気の「ジャングルグリーン」でした。

新型ジムニーテストドライブ

新型ジムニー納期

1年近くもかかると噂の納期ですが、これは本当の様です。私の住んでいる場所は地方なので、1年待ちとの事でした。しかしキャンセルが出る事があるので、2~3カ月早くなることもあるそうです。

1年待ちの理由は、官公庁から受注があった場合そちらに先に納めるので、どうしても遅くなってしまうとの事でした。

また、正規ディーラーとサブディーラーによって販売割り当て台数が違う事も納期にかかわってきているようです。

東京など都市の正規ディーラーの方が割り当て台数が多く、地方のディーラーには割り当てが少ないそうです。ですから、地方ディーラーでは1カ月に1台しか登録・納車出来ていない事もあるそうです。

都市ディーラー・専門店 8カ月~9か月まち
地方ディーラー 1年前後まち

◆注意点◆オプションに迷っている場合は、オーダー後にも追加や変更が可能ですが、最低3カ月前に言ってほしいとの事でした。

◆「スズキ自動車が、検査員の資格を持っていない人に完成検査をさせていた」事がニュースになりましたが、このリコールによりスズキはさらに追い打ちをかけて忙しくなったそうです。

その為、「ジムニーの納期」がさらに遅れると言う噂もあります。セールスに伺うと、それは十分考えられるとの事。社内でもどうなるか予想は付かないと言う事でした。

今乗っている車の「車検切れ」に合わせて発注した人は困りますよね。早い納車を祈るのみです。

ジムニー値引き 実際の値引きと手付金

◆値引き◆値引きは5万円前後が一般的だそうです。私はマニュアル車だったからか??6.8万円でした。(購入車 XC 5MT/4WD)

◆手付金◆予約注文時に契約しましたが手付金は請求されませんでした。

新型ジムニー 実燃費はどのくらい?

新型ジムニーの実際の燃費はどのくらいですか?

実際に購入するにあたって、一番気になったのが燃費です。
一般的にディーラーカタログに書かれている燃費に比べ、実燃費は落ちると言われています。そこで、新型ジムニーはどのくらいの実燃費かお伺いしました。

新型ジムニーのカタログに記載されているのはWLTCモード。市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードだそうです。

ジムニーカタログ燃費4AT5MT
WLTCモード13.2km/l16.2km/l
市街地モード11.0km/l14.6km/l
郊外モード13.9km/l17.5km/l
高速道路モード14.2km/l16.5km/l

実燃にセールスが新型ジムニーを乗ったり、すでに乗られているお客様からの情報によると、実際の燃費はオートマ/マニュアルとも平均10~12km/lとの事でした。

つまり、ガソリン1リットルにつき、10~12km走るって事ね。

車を購入された方の住んでいる場所、毎日運転する起伏や坂道、信号の多さによって、燃費が左右されるそうです。

信号待ちがなく、平坦な地域にお住まいの方で18km/lというお客様もいらっしゃるそうです。これくらいは知ってくれるとまあまあ良いですね。街中での信号待ち、発進の連続が燃費に悪いという事ですね。

という事で新型ジムニーは、ほぼカタログに近い燃費ということになります。

新型ジムニーの魅力

スズキセールスによると発売されての新型ジムニーの爆発的人気は、スズキ自身も予想していなかったそうです。

従来からの根強いジムニーファンに支えられた事、加えてバリエーションに富むカラーやデザイン、乗り心地、「セイフティーサポート」などの安全性が、若者や女性の人気を取り込んだのだろうという事です。

新型ジムニー紹介 旧型との違い

本格的軽クロスカントリーの代表「新型ジムニー」が華々しく登場したのは2018年7月。新型ジムニーは「XG」「XL」「XC」の3種類のグレードがラインアップされています。

旧型との違いは見た目はもちろん、9色の多彩なボディカラー。2トーンルーフやアクセサリーなども用意されてカスタマイズが楽しめます。

様々な環境に耐えられる新開発された「ラダーフレーム」や、「ブレーキLSDトラクションコントロール」を全車に標準装備しています。

また、高強度のフロントシートフレームを採用し、旧型より幅を拡大し乗り心地が良くなりました。

エクステリアでは、かわいい丸型のヘッドランプ、5スロットグリル、ボンネットの強度を高めるクラムシェルフードなどの、ジムニーらしさを象徴するデザインを随所に取り入れています。

一番の違いは、最上級グレードの「XC」にスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を標準搭載し事故を未然に防ぎ運転をサポートするなど安全装備が充実しました。スズキセーフティサポートについては、下で詳しく説明しています。

新型ジムニー 人気のボディカラー売れている色は?

新型ジムニージャングルグリーン

人気のボディーカラー・売れている色は何ですか?

1位: 新型ジムニーの人気色は「ジャングルグリーン」

なんでも新型ジムニーは、実際にアマゾンの奥地に行って研究して作った色が「ジャングルグリーン」だとか。最近の車に使われているのは、新型ジムニーだけということです。本当に深みのある良いお色ですね。

2位: 定番の「白・黒」

3位: カタログやCMで採用されている「 キネティックイエロー」

3種類のグレード比較一覧 値段・装備

新型ジムニーのグレードの違いを教えてください

新型ジムニーには「XG」「XL」「XC」の3種類のグレードがあります。最上級グレードはスズキセーフティサポート標準装備で様々な装備がばっちりの「XC」になります。

メーカー希望小売価格XCXLXL
4WD 5MT 税込1,744,200円1,582,200円1,458,000円
4WD 4AT 税込1,841,400円1,679,400円1,555,200円

以下に、新型ジムニーの主要装備の違いをまとめました。

 XCXLXL
1. スズキセーフティサポート
2. LEDハロゲンハロゲン
3. オートライト××
4. ヘッドライトウォッシャー××
5. クルーズコントロール××
6. 本革ステアリングウレタンウレタン
7. マルチインフォーメーションディスプレイ
8. LEDサイドターンランプ付きドアミラー××
9. 16インチタイヤホイールアルミスチールスチール

▲・・・スズキセーフティサポート装備車のみ○

スズキのセイフティサポートって何ですか?

事故を未然に防ぐのが、スズキの予防安全装置「セーフティサポート」

・衝突被害軽減ブレーキ
・標識認識機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・ハイビームアシスト
・誤発進抑制機能
・先行車発進お知らせ機能

スズキの「セーフティサポート」は新型ジムニーの「XC」に標準装備されていますが、「XG」「XL」にも装着可能です。

お値段的にも、セーフティーサポート標準装備の「XC」を買うのがお得かもしれませんね。もちろん私も「XC」を購入しました。安全装置についてはこちらをお読みください。

まとめ

・値引きは5万円前後
・今乗っている車の車検が切れても代車は貸さない
・納期は地域により異なり1年待ちもあり→実際は1年半かかりました
・人気色はジャングルグリーン
・旧型との違いは進化したボディとスズキセーフティサポートや多彩な色
・最上級グレードXCがおすすめ
・燃費はカタログに近い燃費を実現

以上、レポートでした。お役に立てれば幸いです。
車体外観写真はスズキHP様よりお借りしています。

タイトルとURLをコピーしました